4月22日(水)、NMB48・村瀬紗英の1st写真集『Sがいい』(主婦と生活社)の発売を記念し、記者会見が行なわれました。

今回の会見は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、『ZOOM』上で開催。「(事務所の一室から)私自身も一人っきりで参加しています!」という村瀬から、実際に写真集を画面に映しながら、その魅力やこだわりポイントが語られました。

関連記事:NMBさえぴぃは昴生のかわし方協議中!?『ミキBASE』が早速狙う“アレ“とは

 

世界中から予約が殺到!発売前に重版も

発売にあたり、写真集の先行カットが公開されると、瞬く間に世界中から予約が殺到。発売前の重版という快挙も成し遂げ、大きな話題となりました。

そんな村瀬は、2018年に参加した日韓合同オーディション番組『PRODUCE48』で注目を集めました。今回の写真集は、ブレイクのきっかけとなった韓国を舞台に2泊3日での撮影を行なったとのこと。日程があと数日遅ければ、新型コロナウイルスの影響で撮影自体ができなくなるところだったと、撮影の裏側についても明かされました。

お気に入りの写真は“イチゴと笑顔”

今回、写真集の発売が決まってから、撮影までは3週間しかなかったとのことで、「ジムに2か所通ったり、家で筋トレをしたりして」ボディラインを作り上げたと話します。主食は「トマトとイチゴ」だったとのことで、「(思い入れのある)イチゴを持ったピンク色のビキニの写真」がお気に入りの1枚だそう。

さらにもう1枚のお気に入りについては、笑顔の写真と回答。「実は自分の笑顔が全然好きではなくて、すごく苦手」とのことですが、今回は写真集制作チームの雰囲気がとても良く、自分が気に入る自然な笑顔を写真に収めることができたと、喜びをあらわにしました。

3週間で鍛え上げたボディに自信!

一方で、自身が「攻めたカット」と話すのは、ヒョウ柄の水着姿と、鳥かごの中で背中を見せる写真とのこと。「肩のラインと背中のカーブを綺麗に見せるために、重点的に鍛えました」と話し、自信を覗かせます。

タイトルの『Sがいい』の意味を聞かれると、「Sにはいろいろな意味があります。Sexy、Smile、Sadistic……そして紗英のS。“いろんな側面があるのがさえぴぃの魅力だよ”と言ってもらえたので、気に入っています」と答えました。

最後には、念願の写真集発売への喜びと感謝を述べながら、「おうち時間を『Sがいい』と一緒に楽しんでください!」とファンへメッセージを送りました。

村瀬紗英1st写真集『Sがいい』

発売日:2020年4月22日 (水)
定価:2,000 円+税
撮影:熊木 優
判型:AB 版

<写真集公式 SNS>
Twitter:@saepybook
Instagram:@saepybook

ご購入はこちらから!

【関連記事】