4月16日(木)、宮川大輔がInstagramを更新。手作りの布マスクを披露したものの、まさかの写真にファンからツッコミが寄せられています。はたしてその真相とは……?

関連記事:iPhone芸人かじがやが伝授!「マスクを着けたままFace IDを解除する方法」

 

まさかの“穴空きマスク”!?

出典: @miyagawadai

宮川は「マスク出来たぁー!」とのコメントを添えて、布マスクをつけた自撮り写真2枚を投稿。オレンジを基調としたペイズリー柄のマスクで、立体型になっており、「可愛い!」「オシャレ!」とファンにも好評のようです。

ところが、投稿2枚目の写真では、マスクの真ん中にパックリと隙間が……? これには「いや、あいてますやん」「穴空いてる」「通気口…?笑」とツッコミが多数寄せられました。

今回のファンのツッコミに、宮川はすぐさま反応し、「写真逆でした。1枚目が完成です! すいません」とコメントを追加。2枚目の写真をよく見てみると、マスクにマチ針が付いていることから、縫う前にサイズ合わせをしていたときの写真だったようです。

これに、「びっくりした、すぐに破れたかのかと思いました」「笑わせてくれるじゃなーい!」とファンも一安心した様子でした。

■投稿はコチラ

 

誠子の作ったマスクにもファン爆笑?

“手作りマスク”といえば、先日、尼神インター・誠子が公開したマスクが“あるもの”に見えると話題を呼びました。

誠子が古くなったTシャツを利用してマスクを作ってみたところ、なんと「ブリーフしてるみたいになった」とのことで……その絶妙な仕上がりに、ファンや芸人仲間からツッコミが寄せられていました。

関連記事:尼神・誠子の手作りマスクが“あるもの”に見えると話題に「声あげて笑った」

 

その後、Instagramで後日談として、マスクの作り方も紹介した宮川。ツッコミとともに、予想以上の完成度の高さにもコメントが寄せられた投稿でした。

■マスクの作り方はコチラ

 

【芸人記事まとめ】

【関連記事】