3月18日(月)、東京・銀座のゴールドジムにて、メイドインジャパンのオーダーシューズを展開するキビラが『イタリーレザービーナスハイヒールパンプス』の新商品お披露目会を開催し、尼神インターが出席しました。

誠子は「できる女を意識した」というシックなスーツ、渚は「忙しいフリをするのがうまい上司をイメージした」というパンツ姿で登場。普段から女性らしい格好をすることが多い誠子は「女子力が高いのでパンプスを履くことが多いです」とイイ女風にニッコリ。しかし、パンプス選びは難しく、今日も自分で選んだサイズの合わないものを履いてきたので若干痛いとのこと。

一方の渚は、「パンプスは痛いというイメージがあるのでほとんど履かず、スニーカーばっかり。痛くないパンプスはないと思ってます。“パンプス=痛い”っていうイメージが付いちゃっている」と、パンプスとは縁遠い様子です。

“自分に合うパンプスがなかなか見つからない”、“パンプスは痛そうだから履かない”――。ふたりの意見に代表されるように、世の女性の多くはパンプス選びに悩まされているもの。そんな女性のためにキビラが開発したのが一体成型3Dインソールを使用したオーダーメイドシューズ。足のサイズを3D計測器でミリ単位まで正確に測り、1人1人にぴったりフィットした靴を作り上げます。

大足の誠子、小足の渚

早速、尼神インターのふたりが3D計測器で足のサイズを測ることに。ふたりは「思ってた機械と違う」と、意外とシンプルな計測器に驚きつつ、サイズを計測します。誠子は「24.5ぐらいかな」と予想していたものの、結果はなんと「24.9」と、ほぼ「25」に近い数値。「誠子さん、足大きいですよ!?」とシビアな現実を突きつけるMCに、誠子は「ちょっとー! 言い方、言い方!」と抗議します。

一方渚は、「ちょっと余裕を持ってスニーカーは24を履いています」とのことでしたが、「22.3(左)」「22.4(右)」いう数値が出て、「全然ちゃうかったやん」と自分自身にツッコミを入れていました。

さらに、ふたりの足に合わせて作られたという7.5㎝ヒールのオーダーメイドシューズが登場。「私、痛かったら痛いってちゃんと言いますからね」と、パンプスに慣れない渚はその出来に懐疑的でしたが、実際に履いてみるとピッタリだったようで…….。横に控えていたキビラ社長に「社長、足痛ないわ!」と思わずタメ口で話しかけてしまう渚なのでした。

誠子と一緒に女子力アップ!

また、「すごいフィットしてる、履きやすい!」と喜ぶ誠子は、パンプスを履いたままランニングマシンで実際に走ってみることに。渚のSっ気たっぷりのイタズラによってかなり速い速度で走らされ疲労の色を見せつつも、「走りやすかった。全然脱げる感じがしない」と、足元は安定していたようでした。

渚から、「走ってるのを見たらほんこんさんやなと思った」といじられつつも、まったくめげずイイ女風を貫く誠子。最後には、「自分に合ったパンプスがキビラさんなら見つけられると思います。誠子と一緒にキビラのパンプス履いて女子力あげよっ!」とかわいくガッツポーズして、お披露目会を締めくくりました。