4月6日(月)、ピン芸人である木下弱がTwitterを更新。大道芸を特技とする木下が、一風変わった「正しい冷えピタの貼り方」を披露し、動画は19万回再生を超える反響を呼んでいます。

関連記事:♡さゆりの意外な特技に「ミュージカルもいいかも」の声!ピアノにまさかのオペラも…!?

 

まさかの貼り方に“冷えピタ”もびっくり!?

今回、木下は「正しい冷えピタの貼り方」として動画を投稿しました。

動画では、台に置かれた筒状のものに板を重ね、器用にその上でバランスをとる木下。板に取り付けられた棒の先には『冷えピタ』が設置されており、そちらに向き直って少しずつ板を揺らしていきます。慎重にバランスをとりながら、最後に大きく板を跳ね上げると……?

今回“スゴ技”を披露した木下に、ファンからは称賛の声が殺到。「天才すぎる!笑笑」「予想していたのと違ったラストで、おぉっ!てなりました!」「オデコも心も爽快」といった反応が寄せられています。中には、「体幹がスゴいですね上半身が全くブレない」など、冷静な分析コメントも見られました。

■スゴすぎて爽快!  木下の動画はコチラから!

 

こちらもスゴ技!バレエ芸人の“身体能力”

思いがけない特技でファンを驚かせた木下でしたが、同じく身体能力を活かした“スゴ技”が話題になった芸人も。

バレリーナ芸人として知られる吉本新喜劇・松浦景子は、その柔軟性を活かして「バレリーナ時計」を披露しました。全身黒ずくめの松浦が、時計の文字盤が描かれた上に横たわり、針に見立てた左足を動かして時計を再現。驚異の身体能力に、ファンから「流石!! です!」「すごっ!!」といった称賛コメントが寄せられました。

関連記事:関節どうなってるの…!? 元・バレエ日本一の芸人、“脅威の身体能力”に「すごい」の嵐

 

4月10日(金)、品川庄司・庄司発の“ギャグつなぎ”のバトンが回ってきた際にも、「正しい冷えピタの貼り方」を披露した木下。今回の動画には、まさかのスゴ技に「きっと冷えピタ自身がいちばんびっくりしてますね」といったコメントまで寄せられていました。

関連記事:【独占取材】菅田将暉も参戦した『ギャグつなぎ』発起人・庄司智春インタビュー「指名された芸人の心境も動画に映る」

 

【関連記事】