カナダ・トロント出身の上方落語家・桂三輝。昨年9月より、活動の拠点をアメリカ・ニューヨークに移し、ブロードウェイで落語公演を開催していました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で公演は中止に。帰国を余儀なくされたのが3月30日。まさに、日本にもコロナの影響が出始めた頃でした。

ラフマガでは、彼の著書『桂三輝の英語落語』(アルク)の発売記念インタビューをお願いしたところ、症状はないものの、13日まで自宅待機中(新型コロナ拡散防止のため)であることが発覚。そこで今回は、テーマを変更し、被害の大きいアメリカの現状について語ってもらうことに。コミュニケーションアプリを通じて、リモートインタビューをお願いしました。

ニューヨークから人が消えた!?

ーー2週間前に帰国して自宅待機中。ニューヨークでも大変だったそうですね。

強制的じゃないけど、ウイルスが流行っているから「家から出ない方がいい」って言われていました。(帰国する前の)3週間隔離状態になっていたから、やることがなかった!

ーーニューヨークはどのような状況でしたか?

ほとんど家から出なかったから正直(全体のことは)分からないけど、道に人がいないし、通ったとしても、お互い気をつけて距離をとっていたね……。みんなテレワークしているし、スーパーも人が少ないから、すごく静かだった。ニューヨーカーは、ルールを守らない人種なのに(笑)、ものすごくみんな守っていたね。

スーパーでは、同時に入れる人数を制限していて、外で並ぶ人のために「2mの距離をとって並んでください」って注意書きがされていました。近所のスーパーでは『レジ係がコロナにかかったから、店内を消毒する』ということでクローズしてたからね。スーパーに行くだけでも、コロナになる可能性があるのは“キツいなぁ”って思いましたよ。

ーー生活圏にも影響が出始めたんですね。アメリカの方はマスクをする習慣がないとお聞きしました。

「(一部から)マスクをつけないでください」って言われたのね。「マスクしないでいい」じゃなくて「マスクしないでください」って。理由としては、多く買いすぎたことで、病院で働く人のマスクが足りていないと。

「マスクは一切効果がない」とまで言う人がいたんだけどね、その理屈は“甘いやろ”って(笑)! 効果がないんやったら、なんで病院の人に必要なんやと。その段階で“どないやねん”って思っていました。でも、先日ちゃんと「マスクしようね」ってポリシーを変えたみたい。

あと、ニューヨーク・タイムズで面白い記事があって「文化的に『マスクしている国』と『していない国』を比べたら、ウイルスの流行り方が全然違う」って書いてあって“せやろ!?”って、アメリカ全体にツッコミを入れました。

日本もアメリカも状況は一緒

ーー(笑)。日本もそうですが、アメリカの方も、どこか他人ごとのように思っていたんですかね。だんだん感染者も増えて危機感を持ち始めたと。

そうやなぁ。やっぱり油断してたね。事情とか状況が1日で変わるしね。イタリアでも(感染者が)数十人から一気に何百人、何千人ってペースになったし……。アメリカも広まるのが非常に早かったですからね。

ーー日本に帰ってきてからニューヨークに住む友人の方と連絡はとりましたか?

メッセージや電話でやりとりしています。みんな家から出ないようにしているから、東京と事情は変わらないみたい。結局、みんなネットで情報をもらっているからね。東京にいる私、ニューヨークの友人、トロントにいる親戚……みんな状況は一緒や!

ーーニューヨークにいた三輝さんから見て、日本人とアメリカ人が持つ“危機感”に差を感じますか?

YouTubeで「(ニューヨークは)治安が悪くなった」って言っていた人がいるけど、私の場所は全然大丈夫でしたね。めちゃくちゃ静かだったし、日本人みたいに“しっかりルールを守っているな”って思ったね。いい質問だけど、日本もニューヨークも近所のことしか分からないから、なんとも言えないね~。

「日本人になれ!」その真意は?

ーー帰国して自宅で過ごす時間が多かったと思います。どんなことをされていたんですか?

YouTubeで番組を作ろうと思っているから、朝から晩まで作業をしていたり、生配信をしたりしています。東京のアパートがスタジオ状態になっていますね。

ーー自宅で過ごされている方が待機生活を楽しむために、三輝さんのYouTubeチャンネルをオススメしたいところですか?

ぜひぜひ。劇場に出られないから、芸人として何をするべきか考えないといけないと思っています。ブロードウェイで忙しくて、ネット番組作ることができなかったけど、今だからこそ作れるからね。これが結局舞台に出た時のためになるし、経験にもなる。新しいネタとか、やったことのない古典落語も、ネットで試そうと思っていますよ。

ーー三輝さんから日本の方に向けて、何かお伝えしたいたいことはありますか?

ないです。逆に、日本人から学んでほしいことがいっぱいあります。「手を洗う」、「人と距離をとる」、「マスク」とか、ほとんどのことは日本人が文化的にやってきたことだと思うんですよ。日本人が今やっていることをリストアップして、世界中の皆さんに「日本人になれ!」って言いたいですね(笑)。

 

今回話を聞く予定だった書籍『桂三輝の英語落語』についてのインタビューは、後日実施予定です。そちらもお楽しみに!

取材・文:浜瀬将樹

桂三輝

Instagram:https://www.instagram.com/katsurasunshine/?hl=ja
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/KatsuraSunshine

書籍概要

桂三輝の英語落語

©︎アルク

英語学習誌『ENGLISH JOURNAL』で大きな反響を呼んだ特別連載を元に、汎用性の高い英語表現についての解説がついた、ならではの「落語で英語が学べる本」となっています!世界15カ国で大絶賛の極上エンターテインメントと呼び声高い全5噺をライブ収録!
笑いながら、楽しみながら聴いたり読んだりした英語はしっかり身につくと言われています。笑いながら英語を学んでみては。

価格:1,650円(税込)
サイズ:A5判、152ページ
付属商品:⾳声ダウンロード付

アルク ストアページはこちらから!
Amazon ストアページはこちらから!

【関連記事】