「上方漫才大賞」は、上方演芸界で最も長い歴史を持ち、寄席、放送及びその他の舞台などで年度を通じ最も活躍した者に贈られる伝統ある賞。過去にはいとし・こいし、やすし・きよし、そしてダウンタウンをはじめ数々の実力派漫才師が受賞してきました。

関連記事:第54回上方漫才大賞は「中川家」! 奨励賞、新人賞も決定
『第54回 上方漫才大賞』新人賞7組、奨励賞5組がノミネート!ジャルジャル、ライバルは「アインシュタイン・河合」

©関西テレビ

そんな中今年もカンテレで4月11日(土)15:00から放送予定の『第55回上方漫才大賞』は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点により、恒例となっていたオリックス劇場からの生放送を中止することが発表されましたが、一方で大会史上初のスペシャルな形でお送りするというニュースが届きました!

12組の豪華ネタ放送

©関西テレビ

事前の審査会で奨励賞・新人賞候補に選ばれていた“幻の新人賞・奨励賞ノミネートコンビ”アインシュタイン、アキナ、見取り図、ギャロップ、令和喜多みな実、からし蓮根、さや香、たくろう、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ、風穴あけるズ、エンペラーら総勢12組の珠玉ネタを放送! 番組への熱い想いを語ってくれる一幕も。
さらに特別企画として、半世紀以上にのぼる「上方漫才大賞」の歴史を貴重映像とともにプレイバック!
横山やすし・西川きよしの懐かしの漫才を西川きよしのインタビューとともに振り返ったり、第21回の受賞者である司会の大平サブローが貴重映像を見ながら当時の心境を明かしたりするなど、老若男女問わず楽しむことができる内容となっているようです。

また、由緒ある「上方漫才大賞」の受賞者発表ももちろん実施。
55回目を迎える今年、栄えある大賞に輝くコンビは誰なのでしょうか……!

こんな時だからこそ笑いの力で

©関西テレビ

2002年4月に放送した第37回から毎年司会を務め、番組の顔ともなっている大平サブローは「今年は中止になってもおかしくなかったのに、行われたことがすごいと今、改めて思います。5年先10年先に、『“上方漫才大賞”がそれだけ世間に認知されている賞だった、歴史の分だけ分厚さがあった、腰の強さがあったんだな』ということの証明として歴史に刻まれるのではないかと思います」と力強く語りました。
ともに長年司会を務めてきた関純子カンテレアナウンサーは「漫才を見て笑えるということが、どれだけ幸せで楽しいことなのことなのかをかみしめてもらえる番組になるのでは」と感慨深げにコメント。
さらに初参加となる藤川貴央ラジオ大阪アナウンサーが「僕自身が勉強になりましたし、どんな方が見ても上方漫才の歴史を感じて腹の底から笑って頂けるんじゃないかな」と話すと、サブローも「ある意味、“永久保存版”かも!」とアピールしてくれました。
最後にサブローは「関西の人の漫才を好むエネルギーはそう簡単には凹みません。だからありがたいことに今回この番組が成立しているわけなので、そこに僕らはドッカリと甘えさせて頂いているので、皆さんもドッカリとのっかって番組を見てもらいたい。長嶋茂雄さんやないけど、『上方漫才大賞は永久に不滅です』っていうのを声高らかに言いたいです(笑)!」と視聴者にメッセージを送りました。

上方漫才、そして笑いの力で関西を盛り上げようという想いの詰まった『第55回上方漫才大賞』をぜひお楽しみに。

※オリックス劇場からの生放送中止にともない、奨励賞・新人賞の選考は中止となりました。

番組概要

『第55回上方漫才大賞』

©関西テレビ

放送日時:4月11日(土)15:00~17:30 (※カンテレ/ラジオ大阪2波同時放送)
特番/関西ローカル

司会:大平サブロー、藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)、関純子(カンテレアナウンサー)
出演者:アインシュタイン、アキナ、見取り図、ギャロップ、令和喜多みな実、からし蓮根、さや香、たくろう、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ、風穴あけるズ、エンペラー、大賞受賞者

【関連記事】