吉本興業は4月4日(土)、お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表しました。

黒沢は3月21日(土)昼頃に発熱症状がみられ、その後回復しましたが味覚、嗅覚の異常が残り回復が見られないことから、都内の保健所に連絡し、複数の医療機関を受診。
4月1日(水)に受診した医療機関において、CT検査を行ったところ、肺炎の診断を受け、最終的にPCR検査を受診した黒沢は、4月3日(金)夜、新型コロナウイルスに感染しているとの診断結果を受けました。

黒沢の発熱症状は3月21日(土)夕方には平熱にまで回復したものの、医師の指導により2日間の自宅療養を経て、3月25日(水)に撮影のため稼働。
翌26日(木)に味覚、嗅覚異常が新型コロナウイルス感染の一つの症状であるとの報道もなされていたことから、その後の仕事はすべてキャンセルしていたことを発表しました。

黒沢は、3月21日(土)昼以降は平熱に戻っており、肺炎の症状も治まり、咳などの呼吸器症状もないものの、味覚、嗅覚が感じづらくなっている状況が続いており、早期回復を目指し、自宅にて療養に努めているとのこと。

吉本興業は「医療専門家、行政機関の指導のもと、黒沢かずこの体調管理を徹底してまいるとともに、引き続き、お客様、所属タレント、関係各位の皆様、社員への安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施していく」としています。