品川庄司・庄司智春がTwitter上で始めた『ギャグつなぎ』がネット上で話題となっています!

『ギャグつなぎ』とは、芸人がギャグ動画をアップし、次の人にバタンを渡す数珠繋ぎ企画。3月27日(金)、庄司が「#ギャグつなぎ」「#ふざけんなコロナ」のハッシュタグと共に「ギャグつながれ!」と先輩芸人のペナルティ・ワッキーへ。ワッキーも小島よしおにバトンを渡し……というように、続々と芸人が参戦。4月3日現在で、すでに50人以上がギャグを披露しています。

今回は『ギャグつなぎ』を考案した庄司にインタビューを実施。本企画のことはもちろん、自身が行っているコロナ対策まで、詳しく話を伺いました。

ベテランのギャガー・原西も参戦!

ーー「ギャグつなぎ」をやり始めたきっかけを教えてください。

「不要不急の外出自粛」って言われて、みんな外へ出られないっていうところから“Twitterを使って面白いことできたらなぁ”という感じですかね。最初は思いつきで、細かい計算までしていないですし、“大きな輪になればいいな”というくらいでした。

ーーたった数日で、先輩から後輩の芸人さん、他事務所の方までどんどん広がりました。

嬉しいですよねー。みんな「世の中の暗い空気をギャグで変えよう!」っていう大それた感じでもないとは思うんですけど、芸人が参加してくれたおかげで、徐々に皆さんが注目してくれているのかなぁとは思います。

ーー皆さんのツイートはご覧になっていらっしゃるんですか?

見てます。僕が勝手に始めた責任もあるので、すべてリツイートさせてもらっています。みんなやっぱり面白いですね。ギャグだけではなくて、実際に指名された人の心境も動画に映っているというか……(笑)。

“急遽言われて家の隅っこで撮ったんだろうな”っていう背景も見えるし、芸人の関係性も見てくるし……。始めた当初はそんなこと考えてもみなかったんですけど、面白がるところはたくさんあるなって思いました。これは、皆さんが繋いでくれたからこそ分かったことなんですけどね。

ーーSNSをされていないFUJIWARA・原西孝幸さんからも声をかけられ、動画をアップされていましたね。

現場でお会いした時に「ギャグのヤツ俺もやりたいねんけど。SNSやってないけどどうしたらいい?」って言われて。ルール的には指名されて繋いでいくものなので、とりあえず撮影だけさせてもらいました。

よきタイミングでアップしようと思って、色んなパターンを想定していたんですけど、原西さんの中に、“塞ぎこんでいる皆さんを笑いでなんとかしたい”っていう想いがあったと思うし、「ギャグといえば俺だろ」っていう熱量があったんで、すぐに出したほうがいいなって。

ちょうどアキナの山名(文和)くんとゆりやん(レトリィバァ)の間で少し時間が空いていたので、そのタイミングで(特別バージョンとして)アップしました。ルールから離れるけど、同じ事務所の後輩だし、分かってくれるだろうって解釈してアップしたんですけど、その後、ゆりやんからDMで『ありがとうございます』って連絡も来ました。

ーーそんな裏話があったんですね。

エゴサーチしていると、やっぱり原西さんを待っている方が多かったんですよ。原西さん自身も「もしギャグが足りなかったら、家そんなに遠くないし呼んでほしい。プライベートで俺を撮ってくれ」と(笑)。それだけの熱量あるんだったらSNSやればいいのになって思います(笑)。

あの大リーガーもリツイート!

ーー確かにそうですね(笑)。そのほか、声をかけてくれた芸人さんはいらっしゃいますか?

参加してくれたマテンロウのアントニーとは現場で会って「繋がっていますね」みたいな話をしました。少し懸念していたのは、指名されて自分に回ってきた時に、ギャグが得意じゃない人もいるんで「回ってきちゃったよー!」って(マイナスに)思われたら“心苦しいな”とは思っていました。でも、皆さん前のめりでやってくれているんで、本当に助かっています。

それに、最初に僕が55点くらいのギャグをやったから、みんなやりやすくなっているんだろうなっていう正当化にもなっています(笑)。

ーー大リーガーのダルビッシュ有選手もリツイートしてくださいましたね

僕がワッキーさんに繋いだ時に、たむらけんじさんが引用リツイートしてくださって……。そこからどんどん広まって、ダルビッシュさんが気付いてくれて、そこからまたさらに(広まった)って感じで。僕らのフォロワーの方以外の方が『ギャグつなぎ』を知ってくださるきっかけにもなりましたし、Twitterのホットワードにも載るようになりましたし、ありがたいですね。

ーーそう考えると『ギャグつなぎ』を見る方々が、日々増えている状態になっているんですね。

爆笑してくれれば嬉しいし「なんだこれ?」って思ってくれてもいいし、個人的には『ギャグつなぎ』で「こいつ面白いな」「こいつつまんねーな」って思っている時が、お笑いに携わってくれている時間にもなるので、どう転んでもいいのかなと思います。

ーーエハラマサヒロさんも庄司さんの活動に賛同し「#細かすぎて伝わらないモノマネつなぎ」を始めました。

エハラくんもそうですし、「芸人さんに触発されて」って将棋界の方もやってくださったり、それぞれのやり方で“なんとかしよう”としている気持ちが嬉しいですよね。「みんなで繋いでいこう!」って輪が広がっていくのがすごい!

「ギャグつなぎ」が若手発掘の一端を担う!

ーー庄司さん自身は、どんなコロナ対策をされているんですか?

必ず手洗いはしますし、外出も極力しないですし、アルコールスプレーを持ち歩いたり……ジムにも行っていないですね。奥さんが産休中なので「買い物があったら仕事帰りに買うから言ってね」っていう話はしています。

ーーお子さんにはどんな声かけをされているんですか?

自分たちが知らずにコロナに感染している可能性もあるので「自分が症状出ていなくても、うつしちゃうかもしれないから、気をつけようね」って伝えています。

息子の誕生日は、毎年おじいちゃんおばぁちゃんが来てくれてお祝いをするんですけど、万が一のことがあったらいけないので、先日のお誕生日会はウチの家族だけでお祝いをしました。そういうところは意識していますね。

ーーコロナが影響して始まった『ギャグつなぎ』。今後希望する展開はどんなことでしょうか?

何も考えてはいないですけどね(笑)。「どうにかして繋いでくれよ」って思っているわけでもないんですよ。(コロコロチキチキペッパーズ)ナダルでいったん止まっている時があったんですけど、“ナダルで止まったら面白いだろうな”って思っていたくらいで(笑)。コロナ騒動の中で、“皆さんの息抜きになれればいいな”って感覚です。

ただ、(霜降り明星の)せいやが指名した若手は初めて名前を聞く子(ソイソース・カメオ)でしたし、「ギャグつなぎ」で知ることもあるんだなって。テレビに出ていなくても、おもしろい若手がいっぱいいるし、ギャグだけが得意な子もいるから、そういう芸人を発掘してもらいたいです。

あとは、ベテランのギャガーが参戦してくれたらいいなぁとひっそり思っています。それこそ、さまぁ~ずの三村(マサカズ)さんとかなら、一言で面白いことをやってくださりそうだし、そうすると違う展開にもなるのかなって感じます。芸人だけではなくて、他の業界の方、それこそダルビッシュさんの野球モノマネとか見てみたいですけどね(笑)。

ーー最後に「『ギャグつなぎ』で元気をもらっている」という方に向けて、メッセージをお願いします。

逆に、僕の思いつきでここまで楽しんでくださるのが嬉しいです。ネットに皆さんからの「面白い」「楽しい」「癒された」ってコメントが流れると、芸人さんも喜ぶし、盛り上がったら、ベテラン芸人さんも参加してくれる可能性も出てくるので、いろんなことを面白がって、みなさんの楽しみ方で見ていただきたいなって思います。

インタビューから数日後、令和喜多みな実の野村尚平が「大博打」と題して、俳優・アーティストの菅田将暉にバトンを渡しました。芸人の心意気に賛同してくれた菅田も、Twitterでギャグを披露。庄司が構想していたように、芸人以外の参加者も登場し始めています。まだ『ギャグつなぎ』を見たことがないという方は、ぜひ庄司のTwitterから追いかけてみてくださいね!

取材・文:浜瀬将樹

品川庄司・庄司智春公式Twitterはこちらからチェック!

【関連記事】