4月1日(水)、ミキ(亜生、昴生)、NMB48・村瀬紗英、『美笑女グランプリ』グランプリ・高野渚が出演する新番組『ミキBASE~いいね!で応援~』(MBS)の放送がスタートしました。

“神YouTuber”を目指して奮闘する人々にスポットを当て、ミキをはじめとする芸人たちが動画制作で“バズる”手伝いをするという同番組。

すでに放送された第1回では、約75万人という登録者数を誇る大人気YouTubeチャンネル『ガーリィレコードチャンネル』の動画制作現場に潜入。ガーリィレコード(高井佳佑、フェニックス)とパンプアップ・秋山太郎、雨野宮将明からなるユニットが配信する同チャンネルでは、「藤原竜也のモノマネ」や「米津玄師好きデブ」などさまざまなシリーズをバズらせています。番組ではそんな4人に鋭く切り込み、動画制作の裏側や気になるお金の話など、驚愕の事実が明らかに。さらに実際の動画撮影では、昴生、亜生がそれぞれ体を張ったチャレンジを行ない、爆笑をさらいました。

今回、放送開始と同時に大きな話題を呼んでいる同番組の収録現場でミキを直撃。番組の見どころから上京後のふたりの変化まで、たっぷり聞いてきました。

関連記事:ミキ、“東京進出”による変化に言及「恋つづ」現場での裏話も?

 

「また一緒にやろう」と言ってもらえてうれしい

――上京して1年、地元・大阪で『マンゲキ発信!BUZZってミキ!』(GAORA)以来となる新たな冠番組をスタートさせた気持ちから聞かせてください。

昴生「スタッフさんも知ってる顔の人ばっかりで、その人たちが僕らを呼んでくれて“また一緒に番組をやろう”と言ってくれたのがホンマにうれしいですね。現場もすごく和気あいあいとした雰囲気ですし」

亜生「『BUZZってミキ!』とほぼ同じスタッフさんなんですよ。ただ、現場の雰囲気は変わらないけど、前回とはまた違う面白さの番組になっていると思います」

――初回の『ガーリィレコードチャンネル』の皆さんをはじめ、さまざまなYouTuberさんとの絡みも楽しいですね。

亜生「でも、お兄ちゃんは、YouTuberさんの動画はあまり観たことがなかったんですよ」

昴生「この番組で勉強してます。勉強して、いつかYouTuberデビューするのもいいなって」

亜生「お兄ちゃんね、YouTubeでやりたいことがあるんですよ」

昴生「そうなんです。誰もが観て知っている映画やドラマを、1から10まで説明するっていう(笑)」

亜生「僕らのラジオ番組で、ふとした話の流れから、お兄ちゃんがドラマの解説を20分ぐらいずーっとやることがあるんですけど、リスナーさんから“面白くないのでやめてください”っていうお便りがすごく届くんです(笑)。ただ、それを好きな人もいて、“面白かった”というお便りも2、3通は来るので、それをYouTubeでできたらと。登録者数500人ぐらいで……」

昴生「『北の国から』とか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいな、みんなが観たことあるドラマや映画について、誰も知らん作品かのような熱量でしゃべれるんですよ(笑)」

亜生「それが、僕からしたら面白い。みんなが知ってることを、“実はな……(小声)”って裏話みたいにしゃべってくれるんで(笑)、それをYouTubeでやってほしいなと思ってます」

上京してルックスが変化「サングラスのまま舞台に…」

──東京に行かれてから、お互いの“ココが変わった!”というところはありますか?

亜生「中身はそんなに変わってないと思うんですけど……お兄ちゃんは、私服の丈が変わりました。アウターの丈が長くなってきてて、しかもそれが似合うようになりました」

昴生「オシャレに目覚めましたね」

亜生「プライベートでは、サングラスまでかけてますから」

昴生「営業の舞台で、一度うっかりサングラスをかけたまま出ていって、漫才をしてしまったこともあります(笑)」

亜生「小学校で漫才をやったんですけど、出ていったら子どもたちがめっちゃ変なリアクションで。もっと“ワーッ”となると思ってたのに変な空気になったので、“何やねん!?”と思って隣を見たら、サングラスかけた知らんおっちゃんが……お兄ちゃんでした(笑)」

昴生「亜生はパーマをあて出しましたね。“もうかわいいって思われたくない”とか言いながら、パーマをあててさらにかわいくなって」

亜生「『よしもと男前ブサイクランキング2019』の“男前ランキング”で13位やったんです。もうちょい上かなと思ってたのに……」

昴生「テレビでも“イケメン”とか紹介されてるのに、ふたを開けてみたら13位って、そんな中途半端な」

亜生「ベスト10どころかベスト5に入ってやろうと思ってたのに13位やったので、結果を知った瞬間、パーマをあてに行きました」

昴生「どうにかしようと(笑)」

亜生「でも、パーマにしてから好評やんな?」

昴生「うん。不評なのはうちの嫁にだけです(笑)」

──ということは、おふたりとも見た目がかなり変わったと。

昴生「そうです。だって、大阪にいた時の格好で表参道なんて歩けないですよ」

亜生「え〜っ!?(笑)」

昴生「行けて赤坂までやな」

亜生「確かに赤坂って、案外、何もないもんな(笑)」

亜生が応援したくなるのは「何でもプラスにとれる人」

──番組には“笑顔がステキな女性”を選ぶ『美笑女グランプリ』出身の高野渚さんが出演していますが、おふたりが“ステキだな”、“応援したいな”と思う女性はどんな人ですか?

昴生「僕ね、まつげを指でこうやって上げるというか、気にするしぐさがめっちゃ好きなんです(笑)。コーヒーを飲んだ後とかに、気になってまつげを直してる子、いるじゃないですか。ただ、応援したいかは……うーん、“つけまつげが取れないように頑張って!”とは思うかな(笑)」

亜生「たとえば電車に乗ってる時、鼻血を出したり吐いたりする人がいるとするじゃないですか。そんな時、ためらいなく手を出して受け止めてあげるような……」

昴生「他人のゲロを!? そんなん見たことある!?(笑)」

亜生「そういう人がステキやと思うんですよ。猫がうんちをしても、“うわ、くさっ!”ってイヤな顔するんじゃなくて、“健康! いいうんち!”って言ってくれるような、何でもプラスにとってくれる人。汚いものをイヤがるんじゃなくて、“大丈夫?”って思ってあげられる、ほかの人がイヤがることを率先してやってあげられるような人ってステキですよね」

昴生「あと僕は、ラーメンを食べに行った時、ラーメンだけじゃなくチャーハンも頼む子が好き。いっぱい食べる子っていいですよね」

亜生「あ、僕ももう一つあります。彼女とかにお兄ちゃんの話をよくするんですけど、そんな時、だいたいこういう顔(興味がなさそうな無表情)になるんですよね。それを、こんな感じで(ニコニコと前のめり)聞いてくれる人がステキやな〜って」

昴生「これ、文字にしはるねん。どうすんの、その顔とか。絵文字か?」

亜生「だって、ホンマにそうやねんもん(笑)。僕が興味あることを、100%興味ある感じで聞いてくれる人ってステキですよ」

昴生「言ってることが次男すぎる。末っ子感丸出しやな(笑)」

いつかは昴生×村瀬で買い物ロケを!?

──最後に番組の見どころをお願いします!

昴生「平日でちょっと遅い時間ですけど、毎週楽しみに観ていただけたらいいなと思います。YouTubeを取り上げつつ“テレビも負けてないぞ!”という気持ちでやってますし、“YouTubeをこうやってテレビで見せたら面白いんや”っていうところも見てもらいたいですね」

亜生「収録の合間とか、僕は結構さえぴぃ(村瀬)や渚ちゃんとしゃべるんですけど、お兄ちゃんはあんまりしゃべらないので、やっぱり本番になったら壁があるというか、なんか歯車が合ってない気がするんです。それをもっと合うようにしていって、いつか家族みたいになれたらなと思ってて」

昴生「そのためには、もっと若い子が好きな話題とかを取り入れていかんと(笑)」

亜生「本編は絶対に面白いので、あの2人にお兄ちゃんがどう絡んでいくか、というのもサブストーリー的に注目していただければ。ゆくゆくは、さえぴぃとお兄ちゃんの2人で買い物ロケとかに行ってもらいたいです!」

昴生「それは想像でけへんわ〜(笑)」

 

YouTubeという舞台でブレイクを狙う原石を、ミキが全力でサポートする『ミキBASE~いいね!で応援~』。昴生のYouTuberデビュー(?)や女性出演者との関係性など、見どころ満載の新番組をぜひチェックしてみてください!

 

『ミキBASE~いいね!で応援~』

MBS毎日放送
毎週水曜深夜25:59〜

出演:ミキ、NMB48・村瀬紗英、高野渚
ナレーション:いなかのくるま・ちろる

公式Twitterアカウント:https://twitter.com/miki_base

【関連記事】