永井義文が日本フットサルリーグ (Fリーグ) に参加するプロフットサルチーム、シュライカー大阪のトップチーム監督就任が決定したというニュースが飛び込んできました!

選手として活躍したチームの監督に

20歳の時にシュライカー大阪サテライトのセレクションに合格し、2009年にトップチーム登録された後、2010年と2012年には全日本フットサル選手権で優勝、2013年にはフットサル日本代表に選出され、同年には第4回アジアインドア・マーシャルゲームズに出場して準優勝した永井。

2014年にはイタリアセリエA2のASDフットサル・イソラに加入 し活躍した後、2015年にシュライカー大阪に復帰し、2016-17シーズンに全日本選手権とFリーグの2冠を達成しました。
2017年4月に現役引退を表明した後は2018年にシュライカー大阪サテライトの監督に就任していましたが、この度、2020年にシュライカー大阪監督に就任することになりました。
永井からはコメントが届いています!

永井義文から皆さんへ

シュライカー大阪の監督をすることになりました永井義文です。
よろしくお願いします。選手が熱闘し戦術的に魅力を放つフットサルをし、シュライカー大阪に関わる全ての人と元気・勇気・感動を共有する試合がしたいと思っています。私自身はシュライカー大阪に入団して 12 年が経ちます。今までもこれからもシュライカー大阪を支え、応援してくれる全ての皆様に恩返しができるよう、自分の持てる力全てを尽くします。皆さんと一丸となって戦いたいと思っていますので、ご支援ご声援をよろしくお願いします。

今後の活躍が楽しみですね。
監督、就任おめでとうございます!

永井義文プロフィール

生年月日:1987年12月27日
出身地:兵庫県
経歴:
5歳の時にサッカーを始め、C大阪U-15、U-18に所属。
高校からトップチームへの昇格は叶わず、びわこ成蹊スポーツ大学に進学する。2年時には関西学生サッカー春季リーグで優勝。
この時期にFリーグの試合を初観戦してフットサルへの転向を決意し、20歳の時にシュライカー大阪サテライトのセレクションに合格し、2009年にトップチーム登録される。
2010年と2012年に全日本フットサル選手権で優勝、2013年にはフットサル日本代表に選出され、同年には第4回アジアインドア・マーシャルゲームズに出場して準優勝した。
2014年にイタリアセリエA2のASDフットサル・イソラに加入 (リーグ戦14試合出場10得点、カップ戦2試合出場2得点)2015年にシュライカー大阪に復帰。
2016-17シーズンに全日本選手権とFリーグの2冠を達成。
2017年4月に現役引退を表明した。
2018年にはシュライカー大阪サテライトの監督に就任し、2020年にシュライカー大阪監督に就任。

【関連記事】