新喜劇座員として活躍する未知やすえ(本名:内場泰恵/うちばやすえ 56歳)が「間質性肺炎(かんしつせいはいえん)」治療の為、一時休養することが発表されました。

治療に専念

未知やすえは、数日前より体調不良を訴え、大阪市内の病院で検査を受けたところ、「間質性肺炎」との診断を受けました。担当医師と相談した結果、4月1日(水)より約2カ月間入院し、治療に専念することとなりました。

なお、復帰時期に関しては、治療の経過をみて、医師の判断に従い、関係各位と相談の上で調整するとのこと。

未知からはコメントが届いています。

未知やすえから皆さんへ

関係者の皆様、いつも応援してくださっている皆様、この度はご心配おかけしまして、大変申し訳ございません。
一日でも早く、皆様の前にお会いできるよう治療に専念させて頂きます。
その日まだお待ちいただければ幸いです。
未知やすえ

一日も早い回復をお祈りします。