3月24日(火)に発表された「羽田空港 蔦屋書店」限定発売 となる又吉直樹書下ろしアンソロジー「Perch(パーチ)」。

3月29日(日)を予定していた同書の発売延期が案内されました。

公式サイトから延期発表

「羽田空港 蔦屋書店」は、3月29日(日)に羽田空港第2旅客ターミナル・国際線エリアにてオープン。
公式サイトでは、次のように発表されました。

3月29日(日)に発売を予定しておりました又吉直樹さん書下ろしアンソロジー「Perch」ですが、
3月29日(日)の発売延期が決定いたしました。

発売日や発売方法については決定次第、「羽田空港 蔦屋書店」HP、SNS等でお知らせいたします。

「Perch」の発売を楽しみにされていたお客様には、
大変ご迷惑をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げますとともに、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

企画担当者の木村綾子氏によると、今回の販売延期は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する東京都知事緊急記者会見を受けての決断であるとのこと。
東京都から3月28日(土)、29日(日)は不要不急の外出自粛が要請されているなか、「空港」という場所で「そこでしか出会えない本」を販売することは、お客様や作品、著者、制作陣に対して誠実でないという判断から決められました。

今回、『Perch』の発売延期にともない、本作がどのようなものであるか、その詳細をお伝えできる日も、先送りになったそうです。
改めての発売日や販売方法については、社会情勢を考慮しながら検討のうえ、状況が整い次第「羽田空港 蔦屋書店」公式サイトにて正式に発表されることになりました。

楽しみにしていたファンには特に残念なお知らせではありますが、健康第一に考え、追っての発表を待ちましょう。

【関連記事】