3月26日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送され、『グッズ売れ残り芸人』として中川家(剛、礼二)、NON STYLE・井上裕介、ジャングルポケット(斉藤慎二、おたけ、太田博久)、かまいたち(濱家隆一、山内健司)、コロコロチキチキペッパーズ(西野創人、ナダル)、永野、ナイツ・土屋伸之が登場しました。

今回の放送では、『企画プレゼン大会』にて土屋が提案した企画が実現。イベントや単独ライブで、満を持して制作した自分たちのグッズが“売れ残っている”芸人が登場し、なぜ人気がなかったのかを振り返っていきました。

関連記事:EXIT兼近の“ビビらない芸人”ぶりに称賛の嵐「平気で虫食えるタイプ」

 

Tシャツがまったく売れない!

中川家は、アニメタッチの剛と礼二がプリントされたトートバッグを紹介します。中川家がセンターマイクの前で漫才をしている様子を描いたこちらの絵を手がけたのは、なんとハリウッドザコシショウ。

礼二の方は、自身のモノマネレパートリーのひとつ『グアムの税関』のときのような表情で描かれており、スタジオは爆笑に包まれます。しかし同アイテムはまったく売れなかったそうで、本人からはマネージャーしか使っていないとまさかの事実が明かされました。

亜生がイジるも期待に応えられず…?

他にも、同じイラストがワンポイントで描かれたTシャツも発売したものの、こちらもまったく売れなかったと言います。

そんな中、先日ロケでミキ(亜生、昴生)と一緒だったという礼二。「ロケバスに乗ると、亜生がこのTシャツを着てニヤニヤしているんですよ」と話し、「むこうはイジっているんですけど、(Tシャツが)売れていないのを知っているから、ずっと(自分は)前を向いたままで……」と後輩のボケに恥ずかしくてツッコめなかったことを明かします。剛も「後輩がイジってきているんですよ」と笑顔で嘆いていました。

続けて、剛は亜生から「Tシャツのイラストを大きくするのが良い」とアドバイスを受けたことを明かし、全員にどうするべきかを相談します。おたけが「いっちゃったほうがいいですよ。芸がデカいんで、もっと大きくしたほうがいいですよ!」とアドバイスを送るも、周囲から「お前も(グッズが)売れていない」「なんでデザイナー目線で言えんねん!」とツッコミが入っていました。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

毎週木曜よる11時15分~

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

【関連記事】