昨年火災によりほぼ全焼したことで日本国内のみならず世界中に大きな衝撃を与えた沖縄県那覇市の世界遺産「首里城跡」。

この地をカラテカ・矢部太郎が訪れ、在りし日の姿を辿る番組が3月27日(金)にオンエアされるというニュースが届きました!

沖縄のシンボル

琉球王国の政治、外交、文化の中心地として威容を誇った首里城は、1945年の沖縄戦で焼け落ちた後、沖縄の本土復帰20周年を記念し、1992年に国営公園として蘇ったことで知られています。
2000年12月には、日本で11番目の世界遺産として登録。
沖縄の人たちの心のよりどころでありシンボルと言われてきました。

復興に向けて

失われる度に再建し、歴史を紡いできた首里城ですが、皆さんもご存知の通り、昨年10月末に、突然の火災により、ほぼ全焼となってしまいました。

首里城の在りし日の姿を求めて、カラテカ矢部が首里城にまつわる人たちにそれぞれの想いやエピソードを聞きながらその思い出を辿ります。
復興へ向けての想いや取り組みを聞いた矢部は絵を描いてくれるのですが……!

続きはぜひオンエアでお楽しみください。

番組概要

カラテカ矢部の首里城思い出たどり旅 ~在りし日の姿を探して~
東京:MXテレビ 3/28(土) 25:00~
大阪:テレビ大阪 3/29(日) 26:25~
沖縄:琉球放送 3/29(日) 24:55~
アプリ:大阪チャンネル 3/31(火)〜

出演者:カラテカ矢部

【関連記事】