1月13日(月)に行なわれた『第五回上方漫才協会大賞』で発表された『よしもと漫才劇場オシャレ&ダサい芸人ランキング2019』。

100名を超えるマンゲキ(よしもと漫才劇場)メンバーの私服カタログを見て、劇場に足を運んだ観客が投票し、オシャレ&ダサいランキングが決定しました。ガチで取り組む芸人から笑いに走る芸人まで、それぞれの個性が生きたカタログとなっていましたが、今回はその中から、それぞれ上位にランクインした芸人同士で特別企画を実施! オシャレ芸人がダサい芸人の私服を使ってコーディネートを組み、ファッション対談を行ないました。

今回は、オシャレ芸人3位のラニーノーズ・洲崎と、ダサい芸人2位のてんしとあくま・かんざきの2人。オシャレ芸人に選ばれた洲崎の、ファッションに関する意外な事実も発覚し……?

関連記事:よしもとNo.1オシャレ芸人は、意外なあの人!? 衝撃ファッションにファンから悲鳴も

 

コンセプトは“かんざきの集合体”

――今回、かんざきさんの私服を洲崎さんがコーディネートされましたが、スタイリングのポイントは?

洲崎「かんざきさんの集合体」

かんざき「俺、すべて?」

洲崎「そう」

かんざき「なんかこの斜めにこうなってる(肩にデニムを掛けている)のも、いい気がしてきた。僧侶感もあるし、それがデニムという遊び心に」

洲崎による私服コーディネート
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

洲崎「これがあるのとないのとでは……」

かんざき「全然違う」

洲崎「こいつ、“遊んできてるな”って」

かんざき「遊び心満載やな」

洲崎「そうです。集合体です」

かんざき「お気に入りです。来年(のランキングに)これで臨んだろかな?」

かんざき、ランキングではスカしたはずが…

撮影に私服で臨んだ2人。コーディネート中の様子
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――今年の『よしもと漫才劇場オシャレ&ダサい芸人ランキング2019』での順位についてコメントをお願いします。

洲崎「4年前くらいにオシャレ&ダサいイベントをやったときには最下位やったんです。僕のなかでは特に成長してないんですけど、それが今、なんかオシャレ3位になって。いただきものしか着てないから、お客さんがオシャレになっていってるなって」

かんざき「オマエがコーディネイトされてる」

洲崎「きせかえ人形なんで、僕は。かんざきさんはズルくないですか、あの写真」

かんざき「そう、ちゃんと臨んでないんよ。スカしたんですよ。もうどっちにも入らんくらい、ランク外でいいかなって思ってたんですけど、お客さんが変なノリだったんで」

カタログで披露したファッションは、同じく黒のヒートテックにパンツを合わせたスタイル
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

洲崎「お客さんはちゃんと真っ当です。あがいてくださいよ、オシャレな方で!」

かんざき「俺はオシャレしたらオマエよりは上に行くよ」

洲崎「なんなんすか、そんなことない!」

かんざき「あるよ。俺は自分のセンスで選んで着るから。服って気持ちで着るねんで。オマエが鏡みてコーディネイトしてるのあれ全部ウソやで。心の問題やから。自分だけがするんじゃなくて、街全体、環境全体でするのがオシャレやから」

洲崎「そんな人がヒートテックだけでエントリーの写真を撮るな!」

かんざき「ヒートテックは機能性が抜群や! それにあの写真はブラジャーもしてるんですよ。肩紐を見せてアクセントにしてたんです」

洲崎「むちゃくちゃやな!」

関連記事:よしもとNo.1オシャレ芸人は、意外なあの人!? 衝撃ファッションにファンから悲鳴も

 

洲崎「かんざきさんは人生を損してる」

――普段見ていて、お互いのファッションの印象は?

洲崎「オシャレかダサいかは僕ホンマにわからないんですけど、個性的やとは思いますね。ダボッと着てるイメージがあります。それこそ髪の毛おろしてスーツ着るだけでもだいぶかっこいいと思いますけど。だからもう損してますよね、人生」

かんざき「なんで急に俺をそんなでっかいモンで攻めてきたん? 俺、人生損してんの?」

洲崎「僕はわかんないですけど、やればもっとかっこいいのになって。今もジョニー・デップさながらですよ」

かんざき「人生でジョニー・デップは3票入りましたよ。よくは言われない、たま〜に言われる。洲崎はよく“ダサい”って言われてるけどね」

洲崎「先輩方にもけっこう3位というのがバカにされてるというか」

かんざき「好きなものを好きという気持ちは、オシャレではあると思うんですよ」

――ファッションのこだわりや好みを教えてください。

洲崎「こだわりは正直言って、ないです。ただ『ドラゴンボール』が好きなんで、(『ドラゴンボール』に関するアイテムは)めっちゃ多いです。だからどっかに入れてたりします。靴下も『ドラゴンボール』やったり」

かんざき「じゃあ、すごい勝負事があったときさ、道着を着て来いよ。“亀”って書いたやつ」

洲崎「僕、格闘技やってないし、戦うわけじゃないし」

かんざき「いや、勝負服やん!」

洲崎「悟空みたいに何着も持ってないですよ」

かんざき「何着かは持ってるんか(笑)? てか持っとけよ! 好きなんやろ?」

洲崎「好きですよ。好きですけど」

かんざき「ヒマがあったら“ドラゴンボール”探してるやろ?」

洲崎「何を言うてるの?」

――洲崎さんからかんざきさんへアドバイスは?

洲崎「もっと長髪の人のファッションを勉強して、カチッとしたスーツとか着るだけで、かっこいいと思いますけどね」

かんざき「俺は(ファッションに)向き合ったことがある。オマエ今まで1回もなかったん? B-BOYファッションが流行ったときとか、ダボダボのタンクトップで街歩かなかったん?」

洲崎「中学のとき、『池袋ウエストゲートパーク』の“キング”にあこがれて、ダボッとしたシャツに襟の上からネックレスとかしてた」

かんざき「いいやん、いってるやん! ちょっと痛いやん、それって」

洲崎「痛かった」

かんざき「それで距離がわかっていくやん。“痛い”と“ダサい”の距離が」

洲崎「それはまあ中学生ですから。かんざきさんは中二病なんで」

かんざき「俺は違うから」

洲崎「僕のアドバイス、響きました?」

かんざき「何言うてるかわからんかった(笑)。だってこのランキング、マジでおかしいもん」

――マンゲキメンバーで、この人はオシャレだと思う人は誰ですか?

かんざき「(ツートライブ・)周平魂」

洲崎「どういうところですか?」

かんざき「自分の意見しか取り入れてないところ。わからんけど、こだわりのビジョンがはっきりしてる、あいつの服に。服に出まくってる」

洲崎「どんな服着てたっけ……?」

かんざき「ちょっとレトロで、今の流行りのでかい服も着ない。んで、髪型もずっとかっこええ」

洲崎「似合ってますよね、アフロに近いパーマ。僕はダブルアートの真べぇさんですね」

かんざき「オシャレやな」

洲崎「あと実は……っていうと失礼ですけど、おたまじゃくしのほりおさん」

かんざき「ああ〜、そやな。こだわってるというか、ファッションに注目してるよな」

関連記事:“私服”で舞台に!? 「オシャレすぎる」と話題のよしもと芸人4人

 

エンペラー安井は“ファッション・ブラックホール”

――エンペラー・安井さんがダサい芸人1位になったのはどう思いますか?

かんざき「当然、見たまんま。頓着がないよね」

洲崎「オシャレとかダサいとかも思わさせへんくらい。こっちも興味なくなるくらい」

かんざき「ファッションを無にさせる」

洲崎「着てないみたいな」

かんざき「“ファッション・ブラックホール”やな」

洲崎「だからランキングのあの写真以外、私服の絵が浮かばないですね。写真も絶妙な角度でしたね」

かんざき「場所もすさんでるしな」

――来年もランキングがあればどの位置を目指したいですか?

かんざき「僕、ランキングかっこいい方(オシャレ)にしますわ」

洲崎「おー! じゃあブラやめてくださいよ」

かんざき「ブラをつけてランクインしたるわ」

洲崎「ただの変態やんか」

かんざき「入るなら10位以内じゃないと意味がないでしょ。洲崎より上っすね」

洲崎「いや、まあ本気出してくれさえすればね。でも僕も本気出してないんで」

かんざき「こうでも言うとかんと本気で臨まれへんからな、恥ずかしくて」

洲崎「ちゃんと覚えててくださいよ!」

マンゲキメンバーファッション企画

オシャレ芸人インタビュー
アインシュタイン・河井インタビュー

オシャレ芸人×ダサい芸人ファッション対談
クロスバー直撃・渡邊×エンペラー・安井
コウテイ・九条×さや香・新山
ラニーノーズ・洲崎×てんしとあくま・かんざき

【芸人記事まとめ】

【関連記事】