パンサー・尾形貴弘と2歳の娘であるさくらちゃんが、寝具メーカー『西川』がリリースする人気商品「手作りキッズまくら」製作の動画撮影に参加。親子で協力して、世界にひとつだけの枕を完成させました。

2017年グッドデザイン賞受賞、第11回キッズデザイン賞特別賞を受賞した本商品。こちらは、自分に合ったオリジナルまくらが作れるキットが同封されており、「親子で挑戦できる」と親御さん世代から注目を浴びています。

尾形がさくらちゃんとまくら作りに挑戦!

昨今のコロナウイルスの影響で、今一度注目を浴びているのが睡眠。質の良い睡眠をとることは、正常な生活を送るために大事な活動のひとつです。そして、そのサポートをしてくれるのが「まくら」なのです。そこで今回は、さくらちゃんのために、尾形が一肌脱ぐことに。自宅で「手作りキッズまくら」づくりに挑戦することになりました。

セットには、3色入りのパイプ、側地、道具シート、リーフレット、記入用紙、作り方DVDなどが封入。対象年齢が小学3年生からということもあり、今回は、尾形が作業の舵を切り、さくらちゃんにはサポート役を任せることになりました。

まくら作りに必要な道具も自分で作り、ハサミやテープで道具を組み立てていく同商品。作業中も、さくらちゃんは元気いっぱい。笑顔を見せて尾形を手伝うものの、時には尾形の意図しない方向に……。

フレームから離れ、尾形一人だけがカメラへ映る状況となると「さくちゃん! 俺だけじゃ引きがないから!」とツッコミ。現場を和ませます。それでも尾形は、さくらちゃんとひとつの目標に向かって進む状況に「楽しい!」と大喜びで作業を進めていきました。

紆余曲折ありながらもいよいよ完成! さくらちゃんも新しいまくらにご満悦のようでした。

本編はこちらからご覧ください!

感じたのは“2人で作った”達成感!

動画撮影終了後、尾形に話を聞きました。さくらちゃんと作業をして完成させたまくらは、尾形も相当気に入ったようで……。

ーーさくらちゃんとの撮影を振り返ってみていかがでしたか?

普段から子どもと遊んだりしますけど、ひとつのことを2人で作るってすげーいいなと思いました。さくらも飽きずに色々やりましたんでね(笑)。大変だけど、その分めちゃくちゃ楽しかったですね。

ーー 一緒に作業することで、子どもの成長も感じられるんですかね。

そうそうそう! 嬉しかったですね。寝具ですし、使うものだし、睡眠大事ですからね~。

ーーやはり尾形さん自身も睡眠には重きを置かれているんですね。

睡眠をちゃんととらないと、免疫力が落ちちゃうから、気にして睡眠をとるようにしていますよ。特にまくらは大事!

ーー最後に「手作りキッズまくら」を作ってみて感じた魅力を教えてください。

やっぱり子どもと一緒に作れるし、実際に子どもが使えるし、何よりパパと2人で作った思い出が形に残りますからね。もちろんまくらの寝心地がいいのはポイントですけど、2人で作った達成感がありました。ずっと使っていきます!

作業風景の詳しい模様は、吉本興業のYouTubeチャンネルにアップしています。天真爛漫なさくらちゃんに尾形がドキマギする内容は、とても和む一コマです。ぜひご覧ください!

西川『手作りキッズまくら』

カラー:ピンクパイプ、ブルーパイプ
価格:4,000円+税
対象年齢:小学3年生以上
サイズ:50×32cm
公式サイト:https://www.nishikawa-living.co.jp/products/kidsmakura/
公式オンラインショップ:https://shop.nishikawa1566.com/shop/g/g4549510179876/