3月25日(水)、東京・丸の内ピカデリーにて映画『劇場』完成記念イベントが開催され、ピース・又吉直樹、山﨑賢人、松岡茉優、寛 一 郎、行定勲監督が登場しました。

原作となった又吉による作品『劇場』(新潮社)は、芥川賞受賞作である『火花』(文藝春秋)よりも前に書き始めていたという恋愛小説。演劇の世界を夢見る永田と、永田を信じて支える沙希の生涯忘れられない恋愛を、今回、行定監督が真っ向から描き切りました。

同イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から無観客で行なわれ、本来であれば観客で埋まる予定だった映画館の客席に、5人が着席して開催されました。

関連記事:ピース・又吉、過去に言われて傷ついた一言を明かす「又吉さんの本は置かない」

 

山﨑と松岡の2人乗りのシーンは必見

「(このような無観客の)完成披露の場は初めての経験」と山﨑。作品については、「原作を読んだときから絶対にやりたいと思った」とし、注目してほしい箇所を聞かれると「ラストはもちろんですが、2人乗りのシーンは頑張ったので、すごくいいシーンになっています」と話しました。

これに又吉も「あのシーンは感動しました」と共感。「私を乗せて、4ページくらいの長い台詞を、さらに長回しで1本撮りだったんですよね」と松岡も感心していました。行定監督が「カットは割らないと最初から決めていた」と話すと、又吉も「松岡さんは台詞がないのに、体勢で感情が伝わってくる。ぜひ観ていただきたいです!」と熱く語りました。

一方、松岡が観てほしいというシーンは、「物語の後半、永田くんが沙希ちゃんを迎えに来るシーンです。きっと皆さんも経験したことのある“もう終わりなんだな”という苦しい時間」とのこと。また、行定監督は「山﨑が風呂上がりに梨を食べるところ。僕の想像を超えていい顔をしたシーンです」と語り、それぞれの出演者の心に残った場面が明かされました。

又吉の生涯忘れられないものとは…

映画のテーマである“生涯忘れられない恋愛”にかけて、生涯忘れられないものを聞かれると、山﨑は「家族旅行で行った大島で釣って食べた魚の味」と回答します。

又吉は、『火花』が中国で出版された際の記者会見でのエピソードを披露。会見では本の中身を熱心に質問され、とても嬉しかったそうですが、翌日の新聞に「又吉の髪の毛はラーメンだった」と書かれていたそう。「なんでなんやろう」と、いまだに不思議で忘れられない体験になったと話し、会場の笑いを誘いました。

最後に行定監督が、無人の劇場で思うこととして、「こういう状況の中でも映画を観に来てくれる人が1人でもいるのなら、僕たちはがっかりさせる映画を作ってはいけないんだなという気持ちで、今、公開を待っている状況です」と力強く語りました。

熱い思いが詰まった映画『劇場』は、4月17日(金)より全国の映画館で公開されます。

『劇場』

出演:山﨑賢人、松岡茉優、寛 一 郎、伊藤沙莉、上川周作、大友律、井口理(King Gun)、三浦誠己、浅香航大
原作:『劇場』(新潮文庫) 著・又吉直樹
監督:行定勲
脚本:蓬莱竜太
音楽:曽我部恵一
配給:松竹アニプレックス
4月17日(金) 全国ロードショー

ⓒ2020「劇場」製作委員会

詳しくは『劇場』公式サイトをご確認ください。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】