3月12日(木)、『千鳥のロコスタ』の最新回『#30 徳島のロコスタが絶品お取り寄せグルメでおもてなし!』がGYAO!にて配信を開始しました。同番組は、千鳥(ノブ、大悟)が全国各地で活動するタレント“ローカルスター”、通称“ロコスタ”と一緒に、ご当地のおすすめスポットやグルメスポットを巡るロケバラエティ番組です。

前回の放送では、千鳥の先輩芸人“すばり!タコ介”が登場し、食レポで意外な才能を発揮しました。果たして今回登場するロコスタは……?

関連記事:千鳥が先輩芸人と10年ぶりの再会!まさかの才能に大悟「くすぶってる場合じゃない」

 

千鳥、元芸人ロコスタとの再会を喜ぶも…

今回も、前回に引き続き徳島県・徳島市を訪れた千鳥。今回2人をもてなしてくれるロコスタは、“徳島県住みます芸人”のみっとしーとのこと。

実はみっとしーは、以前大阪で“ビーフケーキ”というコンビ名で活動していた過去があり、千鳥とも面識があるとのことで、3人は久しぶりの再会を喜びます。

みっとしーは「笑いなし、ノーストレスの最高のおもてなしをさせていただきます」と宣言すると、ノブは「いや、あかんやん」ときっぱり。これにみっとしーは「なんで“笑い笑い”言っているんですか? 千鳥さんは笑いで人を殴りすぎ!」とまさかの一言。さらに「笑いとかやったら“住みます芸人”はできないですよ! 元気よく明るく情報を言えばいいんです!」と主張し、2人の笑いを誘います。

大悟の食レポにみっとしー落胆?

そんなみっとしーが提案するのは「家族にも食べさせたいお取り寄せグルメ」とのことで、“あっち向いてホイ”をして勝ったほうが、家族にお土産として持ち帰ることに。

登場したのは徳島の名品でもある鱧しゃぶや鱧鍋。ノブは「贅沢な商品なので家族も喜ぶ」と話し、大悟も「家で鱧鍋なんてやったことがないから盛り上がるんじゃないでしょうか」と期待を募らせます。

試食をした千鳥は美味しい鱧料理に舌鼓。鱧鍋を頬張った大悟は「鱧がプリンプリン! お尻プリンプリン! ブ〜!」とギャグを披露するも、みっとしーは俯いて「全然ダメです」とぽつり。

一方、地元ローカル番組でも活躍するみっとしーは的確な食レポを行なってみせ、ノブは「これか〜!」と絶賛します。

続いて伊勢海老も味わい、ここでも完璧な食レポを披露するみっとしーでしたが、突如「千鳥さん気づきませんか?」と切り出し、「伊勢海老がすごく美味しくて尻尾が生えちゃいました!」と、まさかのボケをかまします。これにノブは「めっちゃお笑いしているやん!」とツッコみ、「ロコスタ史上最低。ご飯は最高に美味しかったけど、何がしたいのかわからない!」との言葉も飛び出しました。

そしていよいよ、家族のためにあっち向いてホイ対決をする千鳥。見事対決を制して家族に絶品料理を持ち帰れたのは……? ぜひ配信でお確かめください。

『千鳥のロコスタ』(GYAO!)

#30 徳島のロコスタが絶品お取り寄せグルメでおもてなし!

ご視聴はコチラ

【参考】『千鳥のロコスタ』―GYAO!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】