3月19日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送され、『NEXTお笑い第七世代』として、そいつどいつ(松本竹馬、市川刺身)、カラタチ(大山和也、前田壮太)、ぼる塾(きりやはるか、あんり、田辺智加)、放課後ハートビート(松下シュート、HIWA)、はなしょー(杵渕はな、山田しょうこ)、ラランド(サーヤ、ニシダ)、ゾフィー(上田航平、サイトウナオキ)が登場しました。

今後、“お笑い第七世代”に入る可能性のある超若手芸人を発掘する本企画では、それぞれが自分たちの魅力をプレゼン。ゲストMCとして、FUJIWARA・藤本敏史とハナコ・岡部大が出演しました。

関連記事:「アメトーーク!」で話題沸騰!「握手会で仕事を断る」オタクコンビ“カラタチ”に迫る

 

そいつどいつ市川、ドラマ撮影での秘話を告白

『キングオブコント』(TBS)準決勝に進出するなど、コント師として知名度を上げているそいつどいつの2人。市川はそのほか、俳優業もやっているとのことで、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)では俳優・中村倫也と共演し、彼の優しさに触れたと言います。

市川出演分の撮影がクランクアップしたある日、監督から「面白いことやって」と無茶ブリをされたという市川。スベることは承知の上でギャグを披露したものの、現場は何とも言えない空気に……。すると、後ろにいた中村が「車来てるぞ。あぶねー!」と市川を突き飛ばし、その際のリアクションで、現場は笑いに包まれたのだとか。

帰り道、フォローしてくれた中村に感謝を述べつつ「なんで僕に、こんなに優しくしてくれるんですか?」と聞くと、中村は「自分、下積みが長いんで」と笑顔で返答。市川は当時を振り返りつつ「もう好きじゃん!」と興奮していました。

関連記事:【芸人解体新書】『おもしろ荘』出演そいつどいつの「すっぴん」に迫る【1問1答】

 

田辺はKAT-TUN亀梨を思い出し…

ぼる塾は育休中の酒寄希望を加えて「本当はカルテット」と自己紹介。あんりに対し、藤本は「お笑い芸人としては最高の顔」と評します。イジってくる藤本に「そういう口を聞けなくなります」と言いつつ、自身の家族はヤンキー一家であり、父が元暴走族、母は元レディース、兄2人も元ヤンキーだと紹介。そのため、学生時代からイジられたことがなかったと明かしました。

一方、田辺は元ギャルだと話します。現在よりも40kg痩せていたことを公表すると、はるかが「今は?」とガヤを入れます。3人だけでゲラゲラ笑うぼる塾に、藤本が「何が面白いねん!」とツッコミを浴びせる一幕もありました。

そんな田辺は、KAT-TUN・亀梨和也の大ファン。20年ほど好きで「“亀梨くんに壁ドンされたらどうしよう”って考えたら眠れなくって……でも、向こうは私が生きていることすら知らない」と大笑い。藤本が「知っているんじゃない?」と言葉をかけると「やだ! 苦しい!」と慌てて、スタジオの笑いを誘っていました。

関連記事:ネイチャーバーガーが、ぼる塾・バニラボックスら神保町マンゲキ生配信の舞台裏を現場レポ! 楽屋を直撃取材

 

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

毎週木曜よる11時15分~

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

【関連記事】