3月12日(木)、霜降り明星(粗品、せいや)の冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系列)にて、『新旧M-1王者が初対談!!』前編が放送されました。

出典: @shimovara

ゲストとして『M-1グランプリ2019(以下、M-1)』王者に輝いたミルクボーイ(‎駒場孝、内海崇)が登場し、新旧『M-1』王者によるぶっちゃけトークが繰り広げられました。気になるその内容とは……?

関連記事:霜降りせいやに“本命女子”発覚!? バレンタインデートのお相手とは?

 

会見での質問にボケてはダメ!?

芸歴7年目の霜降り明星に対し、芸歴13年目のミルクボーイ。今回は『M-1』王者としては先輩である霜降り明星に、ミルクボーイがあらゆる疑問を投げかけていきます。

まず、取材や会見でよく聞かれる「賞金の使い方は?」という質問について、「ウケたためしがない」と『M-1』王者ならではの悩みを内海が打ち明けます。

出典: @shimovara

これにせいやも同意し、粗品も「ボケないほうがいい。ボケても得がない」とこれまでの経験を踏まえて語ります。当時は「(賞金を)グラグラしている椅子の下にかます」とボケをかましても、会見の様子が記事になった時になかなか面白みが伝わらなかったと告白。これには駒場も、会見で「『M-1』の舞台はやりやすかった」と話したところ、「『M-1』のハコはやりやすかった」と意図しない表現で記載されたとのエピソードを明かしました。

続いて賞金の入金時期について話が及び、1月の給与を楽しみに待っていたという内海は、振り込まれていなかったことに唖然としたそう。霜降り明星の2人に「賞金はいつ手に入るの?」「手取りはなんぼ入るの?」という質問をぶつけると、粗品は「入るのは2月か3月くらい。いろいろ引かれて410万」と実情を明かします。それに内海も、「え、そんなにひかれるん!」と驚きを隠せない様子でした。

せいや、内海の第一印象は「けん玉芸人」

出典: @shimovara

続いて互いの第一印象の話題に。ミルクボーイの活躍をテレビなどでも見ていたという粗品は「面白いと思っていた」と好印象だったことを明かします。一方でこれまであまり接点がなかったというせいやは、内海のことを「“けん玉芸人”だと思っていた。漫才のイメージはなかった」と振り返りました。

これに内海は、“けん玉芸人”として活躍していた頃について「お笑いをサボっていた時期」と告白。ミルクボーイは『M-1』までの12年間の中で、5年も新ネタを作らない“休戦期間”があったと明かします。2人はそれぞれ、くすぶった毎日を送っていたそうですが、それを変えたきっかけこそが霜降り明星の存在だったとのこと。“後輩が『M-1』で優勝したことで一念発起した”という熱いエピソードが語られました。

関連記事:ミルクボーイ「あの時が一番ドン底だった」海原やすよともこからは厳しい言葉も

 

粗品が「M-1」前夜に内海を激励!そのワケは…?

出典: @shimovara

さらに内海は、『M-1』前夜に粗品から「明日頑張ってください!」という応援のLINEメッセージが送られてきたことを明かし、なぜ突然送ってきたのか、その理由がずっと気になっていたと話します。

すると、粗品は「ほんまのこと言いますね」と切り出し、なんと「実は『M-1グランプリ2019 三連単予想キャンペーン』に視聴者の1人として参加していた」と暴露。わざわざTwitterで専用アカウントまで開設し、優勝をミルクボーイと予想したとのこと。

これに「競馬の馬に“頑張れよ!”って言うのと一緒?」とヘコむ内海ですが、芸人の間では“ミルクボーイの優勝が堅い”との予想が多かったことをせいやに聞かされると、「嬉しいな〜ほんまに嬉しい。ありがとう」と感謝を述べました。

『M-1』王者同士だからこそのエピソードが飛び出した今回の放送。ほかにもミルクボーイの意外な特技が明かされるなど、見どころ満載の回となりました。

関連記事:ミルクボーイ、「M-1」決勝を共にした衣装をチェンジ!その裏話にファン感動

 

【参考】『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)公式サイト

『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)

毎週木曜 深夜1時56分~放送(一部地域を除く)

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/shimovara/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】