2018年に『あさパラ!』(読売テレビ)のダイエット企画にて、わずか3か月という短期間で体重85kgから-24kgを達成し、その後もダイエットを続けて-33kgの減量に成功した光美(みつみ)。1年以上経った今もリバウンドすることなく、50kg台をキープし続けています。

そんな光美は先日、著書『大丈夫!!!痩せるから!!まじで!!! – ダイエットの勝ち負けはメンタルで決まる – 』(ヨシモトブックス)を発売。“太っている人”の目線で、ダイエット生活に必要な気持ちのあり方や体重を維持する秘訣をリアルに綴っており、ダイエットに悩む人たちから「自分も出来るかも」と共感の声を集めています。

ダイエット前の光美
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ラフマガでは今回、光美にインタビューを実施! 著書の内容を中心に語ってもらったダイエットの極意を、これから全5回にわたりご紹介していきます。

関連記事:-33kgのダイエットに成功!光美が教える“ここだけの”シェイプアップ術とは?

 

ダイエットの一番のカギは…?

やはり一番気になるのは、“どうやったら痩せられるのか?”ということ。著書では、“間食をしない”、“飲み物はカロリーゼロのみにする”など光美が挑戦した本気ダイエットの7項目が紹介されています。

この項目を深堀りして聞くと、具体的な手法より、まずは「気持ちが一番」とキッパリ。

光美いわく、「ダイエットはムリにスイッチを入れても続かないし、三日坊主や、アレコレ理由をつけて挫折するのは、まだ本気で痩せようと思っていない証拠。まずは気持ちから入る! それがダイエットの全て」とのこと。

とは言っても、ダイエットを始めると、いろいろとマイナスに受け止め、ネガティブになったり気持ちが萎えたりするのは日常茶飯事……。

例えば、フラフラになりながら必死で頑張って7kgも痩せたとします。それなのに誰も気付いてくれなかったら、それだけでモチベーションは大きく下がり、挫折し、リバウンドが始まる……これはよくある話の一つです。

このような時こそプラス思考が大事! 「“なんで気付かんの?”、“こんな痩せてるやん”、“分かって”ではなく、“まだ、そこまで痩せてないんや”、“よし、もっとやったろ”に気持ちを切り替えて行くのがポイント」とのこと。「悔しさをバネにして、もう一息頑張れる気持ちを持てたら、次第に誰が見ても明らかなスリムな体に変身できるはず」と光美は言います。

そもそもダイエットは辛いもの。これは誰もが知っていることで、“その辛いものを自分は頑張れてるやん、スゴイいな私”という考えを持つのが大切。この気持ちを持続できれば、目標達成もグッと近づくに違いないとのことです。

ダイエット成功の一番のカギは、運動でも食事でもなく、本人の“気持ち”。まずはそこに向き合ってみることが欠かせないようです。

こうして気持ちを高め、書籍にある光美が実践した7項目を真似すれば、同じように3か月で―24kg達成が叶うはず!……と思いきや、光美いわく「出来るけど、メッチャ大変やで」だそうで……。

ダイエットのコツはまだまだある様子。次回は“ダイエットの始め方”をご紹介します。お見逃しなく!

-33㎏達成!光美が教える“リアル”なダイエット

第2回 ダイエットの始め方
第3回 ダイエットのウソとホント
第4回 光美が教える減量メニュー
第5回 光美流ダイエットレシピ

『大丈夫!!! 痩せるから!! まじで!!! – ダイエットの勝ち負けはメンタルで決まる – 』(ヨシモトブックス)

ご購入はコチラ

【関連記事】