3月5日(木)放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)のテーマは『ドラえもん ひみつ道具ドラフト会議』。雨上がり決死隊・蛍原徹、ケンドーコバヤシほか、サバンナ・高橋茂雄、千原兄弟・千原ジュニア、麒麟・川島明、NON STYLE・井上裕介、バカリズム、ゴールデンボンバー・鬼龍院翔が出演しました。

今回はプロ野球の“ドラフト会議”のごとく、それぞれがアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日)に登場する“ひみつ道具”を指名していきます。

『ドラえもん』好きのメンバーが集結したとあって、鬼龍院が「今日ギャラを貰っていいんですか?」と話せば、バカリズムも「朝までやっていたい」と興奮を隠しきれない様子。川島いわく、“ひみつ道具”は1,600個以上も存在するとのことで、どの道具が選ばれるのかに注目が集まりました。

関連記事:直美がまさかのドラえもん役!? 全身青の“ドラスタイル”で「ナタリーのセクシーボイスもご期待」

 

井上は“もしもボックス”を狙う!

各メンバーは1位の道具から指名していきます。川島が『タイムふろしき』を単独指名して見事ゲットしたものの、高橋、鬼龍院、井上は『もしもボックス』、ジュニア、バカリズムは『どこでもドア』を選び、さっそく混戦状態となりました。

高橋はどんな“もしも”も叶えてくれる『もしもボックス』の効力を説明しつつ「おなかピーピーのヤツがヒーローになったら」と自身になぞらえ、願望を吐露。鬼龍院も、こうした討論をした場合には結局のところ『もしもボックス』が“最強道具”に位置付けられるとし、「欠点としたらかさばるところ」と述べます。

一方、井上は「“世の女性すべてが井上のことを好きな世界になれ”って言うたらそうなる」とコメント。会場にいた女性が「えー!」と声を上げると「これ(悲鳴)もなくなるわけでしょ?」と話し、笑いを誘います。

ケンコバは、井上が渇望する世界になれば「終わりの始まり」とバッサリ! ケンコバの発言を意に介さない井上が「(自宅に、女優の)浜辺美波ちゃんに来てほしい」とこぼすと、高橋は「絶対抽選で勝ちます!」と意気込みを露わにしました。

関連記事:千原ジュニア制作の「ザ・ノンフィクション」衝撃の結末にスタジオ大爆笑

 

浜辺美波が危険にさらされるも…!?

そして行なわれた1位指名の抽選の結果、『どこでもドア』は見事ジュニアが獲得することに!

続いて『もしもボックス』の抽選へと移りますが、なんとゲットしたのは井上。喜びを爆発させ「井上が神になる時代が来たぞ! 浜辺美波はオレのものだ!」と雄たけびをあげます。これにバカリズムは「今まで全然ドラえもん企画に関わっていなかったのに」とつぶやいて爆笑を誘いました。

『もしもボックス』が外れた高橋と鬼龍院は、再び1位指名を行なうものの、両者ともくちばしをつけると話した嘘が現実になる『ソノウソホント』を指名。高橋は「これを手にすれば、とりあえず浜辺美波ちゃんを救える」と気合を入れて抽選に臨みます。

見事『ソノウソホント』をゲットした高橋は、井上を指さし「井上の『もしもボックス』は潰れる!」「国民全員から嫌われる!」と早速道具を駆使し(?)、爆笑をさらいました。

また、様々な言語を扱えるようになる『ほんやくコンニャク』や、荷物を縮小するための『スモールライト』などを指名したジュニアには、ケンコバから「ただ旅行したいだけ!」とのコメントが。時間の流れをコントロールする『タイムふろしき』や病気の診断・治療を行なえる『お医者さんカバン』をゲットした川島に対しては、「体の調子が悪いの?」とツッコミが入るなど、それぞれの性格や趣向が出る道具選びとなりました。

関連記事:濱家率いる“ビミョーな6.5世代芸人”、第7世代の勢いに「失速を待て!」/hidefeed]

 

次回の『アメトーーク!』のテーマは『トリオの2番手3番手芸人』。ロバートの馬場、山本や、ジャングルポケットのおたけ、太田らがメインとなり、トークが展開されます。次週の放送もお楽しみに!

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

次週詳細はコチラ

【芸人記事まとめ】

【関連記事】