2014年、2016年に東京・大阪で日本公演を行い、4万人を動員した大人気の体感型ファンタジーショー「スラバのスノーショー」が、ファンの皆様のご要望にお応えし、この夏、日本に再上陸するとのニュースが飛び込んできました!

7月19日(金)~8月7日(水)の23公演は、先月2月にオープンした大阪の新施設・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで、8月10日(土)~8月25日(日)の20公演は東京・シアター1010にてそれぞれ開催(計43公演)されます。

本公演は、世界的に著名なクラウン(道化師)、スラバ・ポルニンが創作・演出する“体感型ファンタジーショー”。

1993年の初演以降、「ローレンス・オリヴィエ賞」など、世界9カ国で20以上の国際演劇賞を受賞し、世界35カ国以上で700万人以上を動員してきました。

出演するのは、動きと表情だけで喜怒哀楽を表現するクラウン(道化師)のみ。クラウンたちの観客を巻き込んだ掛け合いや、蜘蛛の巣や紙吹雪が客席を覆い尽くす演出は、見る者を圧倒し世界各国で絶賛されています。

「スラバ」ってどんな人?

1950年にロシアのノヴォシリという地方の小さな町で生まれたスラバ・ポルニンは、チャップリンやキートンといったコメディアンに憧れて育ちました。
17歳のときにサンクトペテルブルクに移ってパントマイムの修行を積み、80年代にはストリートを舞台にさまざまな芸術活動を企画・制作。
その後、1993年に「スラバのスノーショー」を企画する。94 ~ 96年には、「シルク・ドゥ・ソレイユ」に参加。「アレグリア」の一場面を演出し、世界的な名声を得ます。
一方、「アカデミー・オブ・フールズ」という芸術活動を主宰し、その拠点としてパリの郊外に「ムーラン・ジョーン」という施設を運営。毎年芸術フェスティバルを開催しています。2013年には、サンクトペテルブルグの国立サーカスの芸術監督にも就任。名実ともに道化師界の巨匠であり、ロシアを代表するトップクリエーターの一人です。

真夏に雪が降るというショッキングなワードからも注目度満点のショー。ぜひ会場で体感してみてください!

公演概要

<大阪公演>
日程:2019年7月19日(金)~8月7日(水)
会場:COOL JAPAN PARK TTホール

【大阪府大阪市中央区大阪城3-6】
料金:SS席(タオル付き)10,000円/S席8,500円 ※税込、全席指定
<東京公演>
日程:2019年8月10日(土)~8月25日(日)
会場:シアター1010(センジュ)

【東京都足立区千住3-92 北千住駅西口マルイ11階】
料金:SS席(タオル付き)10,000円/S席(1階席)8,500円/A席(2階席)6,500円 ※税込、全席指定
■チケット
・先行販売(大阪・東京公演共通)
SS席限定★最速WEB先行受付開始! 
※SS席は10列目以内保証、タオル付き(非売品)チケットとなります。
・受付日程:3月18日(月)11時~3月26日(火)11時 
・結果発表:3月27日(水)
・受付サイト:チケットよしもとhttp://yoshimoto.funity.jp/r/slava19/  / CNプレイガイドhttp://www.cnplayguide.com/slava/
※以降、順次先行販売の受付を致します。
決まり次第本ページにて告知致します。
・一般販売:5月18日(土)10時より(大阪・東京公演共通)
■ホームページ:http://slavasnowshow.jp/
■お問合せ:チケットよしもと予約問合わせダイヤル 
0570-550-100(10時~19時)