3月7日(木)、大阪・枚方市にて『こころとからだ 生き生き教室』が開催され、そのプログラムの一環として、川畑泰史座長ら吉本新喜劇の座員が、大阪精神医療センター監修のもと、記憶力・注意力・連想力などの認知機能を高める様々な要素をふんだんに取り入れた新しい新喜劇を披露しました。

 

認知症予防は「笑い」の組合せると効果的

 

認知症がどんどん増えているいま、2025年には730万人以上の人が認知症と診断されるだろうと言われています。このような話を聞くと怖く感じますが、この数字は予防することで減らすことが出来ると大阪精神医療センターの副院長 岩田先生は言います。

認知症予防には、「運動」「脳のトレーニング」「健康的な食事」「会話」、そして「笑う事」が効果的。大事なポイントはバラバラにやるのではなく組み合わせること。笑って脳を活性化させること。要するに、笑いを取り入れながら運動や脳トレをすることです。

会場には60歳以上の方を対象として、プログラムに参加している30名、応募参加の100名が参加する中で、笑いと脳トレを融合した『笑って認知症予防~脳に効く!吉本新喜劇』の舞台の幕が開きました。

 

「笑って認知症予防~脳に効く!吉本新喜劇」

今回の新喜劇のテーマは、脳トレを含めた笑いです。最初に登場したのは真希ちゃんこと、前田真希。「今日はいい天気だから外でラーメンを食べるのが一番ね」と言うシーンから始まります。

前田が「すみませーん」とお店の大将を呼ぶと、お決まりの登場の曲が会場に響き渡る……が、誰も出てこない。「誰もでて来へんやん!」と叫ぶ前田の姿に会場は大爆笑!

ラーメン屋の大将を演じる座長の川畑泰史が曲に合わせて登場し、お馴染みの効果音と首を振るシーンに、「待ってましたー!」と、会場が笑いと拍手に包まれます。

ただ、今回の新喜劇は、見て笑うだけではありません。認知機能を高める様々な要素を大いに取り入れた観客参加型の新喜劇です。

 

今回の新喜劇は、笑いと脳トレの融合

前田がラーメンを注文すると、川畑が新しく入ったバイトが材料を買いに行ったまま戻らないと言う。しかも新人バイトが書いたメニュー表がクイズ形式になっていると困り顏。

そのメニューと言うのが……「はっ〇〇さい」「て〇し〇はん」「み〇〇ー〇ん」「ち〇ーし〇ー〇ん」「ぎ〇〇ざ」「た〇〇ん〇ん」「〇び〇り」と穴だらけのもの。このようなネタを随所に入れ、お客さんを巻き込み、笑いながら脳トレです。

清水啓之が演じるバイトが戻って来ると、川畑が「今まで何しとったんや、サボっとったんやろ」と叱ると「サボってませんよ」「お茶してました」の答えに会場も爆笑!

実は「喫茶店でお茶を飲んでる時、えらいことが起きたんですよ」と言い出し、それをジェスチャーで伝えたいと言う。これも脳トレ。答えは「コーヒーを飲んでると」「強盗が入って来て」「レジからお金を取って」「逃げて行く」でした。

川畑が「そんな大変な事があったんや」サボってたわけじゃないんやな。と考えを改め直し出したとき、清水が「って夢を見たんです」と言うオチ。会場から再び大爆笑。

そんな新人バイトの清水が、前田に一目惚れし告白するが断られてしまう。

愕然としながら「顏パンパンの大将のもとで働いてるから?」と言いながらも、アタックを続けると「本当に私の事が好きなら、何が変わったか分かりますよね」と、着替える前と後の服装などの違いのクイズを出す。これも脳トレ。

すると、「おじゃまします……か」と言いながら、安尾信乃助が警察官役で、その部下の島田珠代と登場。

島田珠代は出て来るとスグに、川畑に引っ付き、絡みだします。そして股間を「チ〜ン」と指で弾くと、川畑は安尾に「警察でしょ、捕まえてくださいよ」と抗議。すると珠代は「私が何をしたと言うんですか?」と開き直りだす。

ここで珠代のした行為の順番を思い出す脳トレに。

更に、安尾が一度では覚えられないほど、沢山の料理を注文。困った川畑は会場のお客さんに助けを求め、再び脳トレ。

近くで銀行強盗があり、もりすけ、野下敏規が演じる強盗2人組が登場。

ここでは現金の入った黒いカバンが、同じようなカバンと混ざり、どのカバンに現金が入っているか分からない。洞察力で解明して行くという脳トレ。

強盗の人質になった前田を、バイトの清水が助けて強盗は逮捕。ここで恋が実ったかと思ったら、なぜか警官の安尾が「あなたに惚れました」と恋敵に。

そこで前田は知的な人を条件に、世界の国名を多く知っている人と付き合うと、お客さんも参加の脳トレが始まる。

その結果、清水は惨敗、お客さんの勝利となるが、前田ちゃんは強盗から助けてくれた清水を選び、ハッピーエンド。

「この時間なんやってん?」と川畑のツッコミで幕は閉じて新喜劇は終了する。

(出演:川畑泰史、安尾信乃助、清水啓之、もりすけ、野下敏規、前田真希、島田珠代)

 

最後に

笑う事は最良の薬。このように笑いと脳トレ、笑いながら考える、笑いながら話すなど、組み合わせる事は認知症予防に効果的。普段から少し意識してみることが大事です。

良く笑っている人は、認知機能の低下が少ないと言う研究結果も出ています。大いに笑って、脳と心を健康にして行きましょう。