3月3日(火)に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の『M-1終わって3カ月 ファイナリスト中間報告』回に、『M-1グランプリ2019(以下、M-1)』ファイナリストであるミルクボーイ(駒場孝、内海崇)、かまいたち(山内健司、濱家隆一)、すゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)が出演。さらにFUJIWARA・藤本敏史、有吉弘行ほか、アシスタントMCとして元『M-1』チャンピオンのとろサーモン・久保田かずのぶが登場しました。

今回、『M-1』から3か月、ファイナリストになってからの仕事や生活の変化について語りました。

関連記事:過去最高得点も! アツかった今回のM-1グランプリを振り返る! インタビュー総まとめ

 

ミルクボーイの知られざる苦労!? 「そんな番組は…」

『M-1』優勝者であるミルクボーイは、1か月あたり8本だったテレビ・ラジオ出演本数が、なんと69本に急増。自らを“西のEXIT”と称している彼らですが、番組出演する際に「番組タイトルをネタに、“行ったり来たり漫才”を作ってほしい」と要求されることがよくあるとのこと。内海は、誰でも知っている番組ならまだしも「そんな知らん番組は無理よ」と、マイナー番組で漫才を作るのは大変だと、知られざる苦労(?)を明かします。さらにここでも『ロンドンハーツ』を題材にネタを披露し、爆笑をさらいました。

『M-1』決勝前からテレビへの出演も多かったかまいたちは、ファイナリストになったことで仕事の幅が広がったと話します。「アンミカと太極拳」をする仕事や「(お笑いコンビ)ハイヒールの通販番組」への出演など、少し変わった(?)仕事も増えたそうですが、藤本が「イジってるやろ!」とツッコむ一幕も。

また、『M-1』決勝でのネタをたくさんの先輩芸人たちに褒めてもらい、「東京に飲まれてるポンコツキャラを抜け出せそうです」とアンケートで綴っていた濱家。相方の山内に「奥さんに“今年は面白い方で行く!!”と宣言していた」と暴露されるも、有吉に「面白くないほうが好きだった」とツッコまれ、困惑する場面も。また、ぺこぱ・シュウペイは濱家のことが大好きだそうで、「(自分と)めちゃくちゃ似てますよね」との告白に、濱家はタジタジの様子でした。

すゑひろがりず、まさかの失態を告白…!?

伝統芸能風のネタが印象的なすゑひろがりずは、先日営業先にネタで使用する大事な“鼓”を持って行き忘れるという失態を犯したエピソードを披露。困った2人は、なんとごみ箱で代用したものの、ステージでは大スベリしてしまったと明かしました。

そんなすゑひろがりずは、番組出演時に「この言葉を狂言用語に言い換えて」というリクエストをよくもらうそうで、スタジオでもハンバーグを「粗挽き肉饅頭」、オムライスを「赤飯の玉包み」と変換し、おなじみのネタを披露しました。

関連記事:EXITりんたろー。、M-1ファイナリストの“珍事件”を密告!大爆笑の真相とは…?

 

決勝前、久保田にアドバイスをもらっていたというニューヨーク。「優勝者は運で決まるからとにかく徳をつめ」という久保田の助言を実行するべく、様々なことを我慢してきたと話す屋敷ですが、決勝でネタ披露が1番となったときには言いつけを守ったことを後悔したのだそう。そんな屋敷に対して、久保田は「そういうことちゃうねん」と言い、徳をつむ活動の一環として自身が参加した炊き出しでの不思議なエピソードを披露するも……オチが見つからないというまさかの展開に、スタジオは爆笑となりました。

そして次回、『M-1終わって3カ月 ファイナリスト中間報告~後半戦~』では『M-1』ファイナリストの裏側を芸人仲間が暴露! さらにプライベートの流出など、ファイナリストたちのさらなる実態が明かされます……! 放送をお楽しみに!

『ロンドンハーツ』

毎週火曜よる11時15分〜

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】