3月1日(日)、2700・ツネがInstagramを更新。アメリカ・ラスベガスで開催されるコンテストへの挑戦を宣言しました。それに伴い、ファンにもうひとつ大切な報告があるようです……!

ラスベガスを目指すツネが選んだ道は…!?

出典: @2700tsune

ツネは2700としての活動の傍ら、“BADTEN(バッテン)”というパフォーマンスユニットをプロデュースしており、自身もメンバーとして活躍しています。以前には昨年初めて日本で開催された『アポロアマチュアナイトジャパン2019』に出演したことも。

今回投稿された写真には、BADTENのメンバーが勢揃い! 右から3番目のアメコミヒーロー風の人物が、ツネ扮するリーダー“メイジル”です。

「ショーの本場ラスベガスでサーカスのコンテスト『VIVA FEST 2020』に挑戦したい!」とのことで、「僕たちは本気でおバカを広めて、世界を救おうと考えております!!」とその想いを綴っています。

さらに「遂に我々BADTEN、ラスベガスへの挑戦の為に、クラウドファンディングをスタートさせました!」とファンに報告! 「(クラウドファンディングのページを)何卒ご一読頂き、ご支援頂けますと大変嬉しく存じます!! 宜しくお願い致します」と、チャレンジへのサポートを真摯に呼びかけました。

関連記事:2700ツネ「目の前みんなブーイング」も“誇り”感じた?「アポロアマチュアナイトジャパン2019」に参戦

 

ライセンス藤原からも熱いエール!

出典: @fjwrkzhr

ツネの挑戦は、芸人仲間にも大きな衝撃を与えたようです。

ライセンス・藤原は自身のInstagramに、「アホのツネちゃんが、アホなことやるために、アホほど支援を募ってますので、アホほどとはいきませんが私もちょっぴりアホなメンバーに支援しました。成功を祈ります!」と投稿。自身もクラウドファンディングによって絵本を作成した経験のある藤原。今回はサポート側にまわって、投稿を通じツネにエールを送っていました。

関連記事:ライセンス・藤原「逃げられない人のために…」“いじめ”テーマの絵本出版に挑戦

 

ラスベガスのコンテスト出場と、そのためのクラウドファンディングに挑戦するツネ。クラウドファンディングのページでは、「おバカで世界を救う」というツネの夢がより詳細に綴られています。興味を持った方はぜひチェックしてみてくださいね!

ラスベガスでサーカスのコンテスト「VIVA FEST 2020」に挑戦したい!

■クラウドファンディング詳細はコチラ

【関連記事】