ジャングルポケット、山田菜々、品川庄司・品川祐、エド・はるみ、チョコレートプラネット・松尾駿、尼神インター・渚が、3月22日(金)にTOKYO MX2で放送予定の政治バラエティ番組『チョクギキ』に出演します。

同番組は、普段なかなか聞けない選挙にまつわるあらゆる疑問を、お笑い芸人が政治のプロに直接聞く=「チョクギキ」する政治バラエティ。“政治のプロ”陣営には、元参議院議員で文化人・タレントの林久美子氏、ジャーナリストの横田由美子氏、政治心理学者の川上和久氏、前宮崎県知事の東国原英夫氏ら、有力な顔ぶれが揃いました。

数々の「選挙あるある」に芸人一同オドロキ!

収録では、「選挙って面倒くさい?」「楽して選挙に勝つ方法は?」「賄賂ってあるの?」と、少々きわどい質問を投げかけ、出演者たちがツッコんだり、活発に議論を繰り広げるのも見どころのひとつ。

選挙中の敵陣営との駆け引きについてや、選挙プランナーという職業についてなど、選挙にまつわる“あるある話”に、一同は「全然知らないことだらけ!」と感心しきりです。

さらに、専門家らに負けじと、芸人たちも“笑い”で番組を盛り上げます。チョコレートプラネット・松尾が坂上忍のモノマネで某お昼の番組風にコメントしたり、「選挙に出ればいいのに」と共演者陣から言われた品川庄司・品川が「だから人気ないんだって、俺!」と自虐したりと、芸人勢の巧みなトークに政治のプロたちも爆笑の連続でした。

ジャンポケ・太田「政治番組史上、一番ハードルが低い」

収録を終え、林氏は「みなさん本当に話の展開がお上手で」と出演者らを絶賛。「政治家の演説と一緒で、いくらいい話をしても(放送を)観てもらえなかったら伝わらないですから」と言い、様々な角度から話を膨らましていった芸人たちの手腕に感心しきりです。最後には「『政治』というテーマを抜きにしても面白い番組だと思います」と、太鼓判を押しました。

また、MCを務めたジャングルポケット・太田は、「僕らが若い頃にこんな番組があれば、もっと政治に興味を持てたんじゃないかなと。政治の番組史上、一番ハードルが低い番組だと思います」とアピールしました。太田らとMCを務めたタレントの山田菜々も、「政治の世界はカタいイメージでしたけど、結局『“人”対“人”』だと分かって、興味が湧いてきました」とコメントしました。

また、ジャングルポケット・おたけは「特番という形だけじゃなくて、これからレギュラーでやれたら。そうしたら、それこそ品川さんの『政治家への道』みたいなコーナーもやれますよね」とレギュラー化にも意欲をみせます。「今回は暴露が抑え気味だったかも」と振り返る林さんに、「シラフだとつい自主規制してしまうでしょうから、今度はロケでお酒を飲みながら、浮かれた状態でみなさんの話を聞いてみたい」と言い、出演者らを笑わせました。

楽しみながら、選挙の仕組みや裏側を学べる番組『チョクギキ』は、3月22日(金)午後7時からTOKYO MX2にて放送予定(放送終了後に大阪チャンネル・ひかりTVでも配信予定)されます。政治に興味がある人もない人も、ぜひチェックしてみてくださいね!