2月19日(水)、タカタ学園・タカタ先生がTwitterを更新。バラエティ番組『ウチのガヤがすみません!(以下、ウチガヤ)』(日本テレビ)でも話題になった、“指折り九九”の動画を投稿し、注目を集めています。

関連記事:千鳥・大悟、子どものおかげで心がキレイに!? “飲まない”3日間で「浄化された」

 

“現役教師芸人”が教える衝撃の事実とは?

2月18日(火)に放送されたウチガヤでは、ピアニスト・清塚信也が母から受けた独特な教育方針を告白。それは、「九九は雑念!絶対やるな!」と、義務教育を真っ向から否定する破天荒なものだったと明かしました。

しかしここで、清塚の話題をタカタ先生がアシスト。現役数学教師ならではの目線で、「九九の9の段を簡単にマスターする方法」を伝授し、スタジオでは感心の声が上がりました。

その方法を使えば、もう“9×1=9、9×2=18、……”と暗記する必要がないそう。“指を折っていくだけで、九九の9の段をマスターできる”という驚きの方法が紹介されました!

9の段のマスター方法の反響を受けて、放送後、タカタ先生は自身のTwitterを更新。「九の段以外を知りたい方はコチラをどうぞ」と、自身のYouTubeチャンネルにアップした「九九の8の段を簡単にマスターする方法」という動画を投稿しました。

紹介された動画では、9×9のメガネを掛けたタカタ先生が、「カ〜モンベイビ〜九〜九〜」と歌い踊りながらハイテンションで登場。ウチガヤでも披露した、指を折って再現する九九を、8の段で実践しました。先生らしく分かりやすい動画でしたが、表情のインパクトもなかなかのもの……!?

また、動画の説明欄には、「幼少期よりお笑いと数学が好きで、将来はお笑い芸人か数学教師になりたいと思っていたら、両方の夢が叶った」という自己紹介が。

2016年に『日本お笑い数学協会』を設立し、会長に就任。2017年には、日本最大の科学イベント『サイエンスアゴラ』でお笑い数学パフォーマンスを披露し、見事受賞。……と幅広く活躍しているようです。

■もう覚えなくていい!? タカタ先生の“8の段”の動画はコチラ

 

現役数学教師ならではの活躍も

前述の通り、現役数学教師としても活躍中のタカタ先生。2019年4月には、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場にて開催された、よしもと芸人が小学生たちに“勉強の楽しさ”を教えるイベント『芸人寺子屋』で、子どもたちに算数をレクチャーしていました。

子どもたちが発言するとうんと褒めたり、小学生には理解しにくい数字の“成り立ち”や“進化”を、大人気キャラクター・ピカチュウがライチュウに“進化”する様子に例えたりと、算数を好きになってもらえるような細かな工夫は、さすが現役の先生といったところ。

参加児童も大いに楽しめたようで、大好評のイベントとなりました。

関連記事:芸人が真面目に教師役!?「芸人寺子屋」が大宮よしもとで開催

 

芸人と先生の二刀流として、お笑いにとどまらない活躍をしているタカタ先生。数学が苦手でも、こんな面白い先生の授業なら受けてみたいですよね!

タカタ先生のYouTubeでは、数学にまつわる小ネタを配信中! これを観れば、楽しく数学をマスターできるかもしれません。ぜひ覗いてみてくださいね!

YouTube公式チャンネル『お笑い数学教師♪タカタ先生』

詳しくはYouTube公式チャンネルでご確認ください。

 

【関連記事】