芸人たちが「即興」をテーマに、自分たちの実力だけでステージをつくり上げるエンターテインメント・ショー『THE EMPTY STAGE』。2月9日(土)から17日(日)まで行われた東京公演も大盛況のうちに終了し、いよいよ3月11日(月)から大阪公演がスタートします。初日の囲み取材では、MCのどりあんず・平井、バッファロー吾郎・竹若、ギンナナ・金城、ギンナナ・菊池、高野祐衣、小寺真理(吉本新喜劇)、ミキ・昴生が登壇し、その魅力を熱く語りました。

2014年にスタートしたこのイベントは、「ONE-MAN TALKSHOW(1人喋りのショー)」と、アメリカ最大級のコメディ集団『The Second City(セカンドシティ)』の即興コントメソッドを持ち込んだ「新ジャンルの即興コントショー」の2部構成。実力派芸人たちのパフォーマンスをたっぷりと楽しむことができます。

ミキ・昴生「亜生ネタ禁止」を宣言?

大阪公演スタートに先駆けた囲み取材では、MC・平井から改めて『THE EMPTY STAGE』の趣旨が説明されました。「打ち合わせなし、台本なし、道具なしの即興コントショーを楽しむステージ」と強調し、「どうなるのかは出演者にもわからない。舞台をつくるのはお客様の言葉です」と、観客の期待を煽ります。

続いて、出演者が順にこの日の意気込みをコメント。『THE EMPTY STAGE』の魅力について竹若は、「お客様のお題出しでスタートするので、『自分のお題がこんな形になる』という予測不能なところが楽しい」と力説。そして「今回は大阪なので、クセのあるお題が出ると思う。より楽しんで、より素晴らしいショーにしていきたい」と自信を見せました。

記念すべき大阪公演初日にトップバッターとして、特にプレッシャーの大きい『ONE-MAN TALKSHOW』を担当することになった昴生。過去に一度『THE EMPTY STAGE』に出ていることを明かしますが、前回は亜生についてのお題ばかり話していたことを反省し、「今日は亜生NG!」と力強く宣言します。

「亜生以外のネタもちゃんと持っている」と強がりますが、周りからツッコまれると「そのネタが面白いかどうかはわからない……」と弱気に。大阪公演の『ONE-MAN TALKSHOW』のトップバッターであることを改めて強調されると「俺をトップバッターにしたり、(スーパーマラドーナの)武智さんを呼んだり、何してんねん!」と、よしもとにクレームを入れ、出演者らを笑わせました。

菊池は「1週間連続でやるのは初めての経験。前半いい感じなのに、後半はあんまり……ってならないように、公演期間全体を通してレベルを上げていきたい」と語り、「1週間の最初(の公演)と、最後を観て比べるのも楽しみのひとつでは?」と提案していました。金成は「その日、その回でしか見られない即興劇が繰り広げられるので、僕らもどうなるかわからない」と、期待と不安が入り交じった顔でコメントしました。

「アイドル業よりも…」高野結衣からまさかの発言!

高野はアイドル業と『THE EMPTY STAGE』を比べると、「こっちが100倍楽しいです!」と発言。周りから「語弊があるぞ!」「1.2倍くらいにしてたほうがいい」とツッコミが入りますが、「本当に大好きなんです」とにっこり。「2年くらいやらせていただいていて、1回も断ってない。今日は吉本坂を1,000%忘れてこっちに集中したい!」と『THE EMPTY STAGE』愛を熱弁しました。

吉本新喜劇の小寺は、新喜劇では時々アドリブを入れることもあるが、基本的に台本通りに進行することを話し、一方この『THE EMPTY STAGE』には台本が全くないので「(即興で)急に入っていくのが難しい」とコメント。

「新喜劇とどっちが楽しい?」という質問には、「新喜劇。こっちは怖すぎて……」と正直な気持ちを明かし、観客を笑わせました。

昴生、R-1&M-1の出場可能性を聞かれ…

この日の前日に行なわれた『R-1ぐらんぷり2019』で、霜降り明星・粗品が優勝したことについて昴生に質問が飛ぶと「すごいですね! 前から天才と思ってたけど」と脱帽。自身は過去に一度チャレンジしたことがあるそうで、コンビのネタを1人でやって亜生に思いっきり怒られたため、二度と出ないと宣言。「M-1の出場は?」という質問には「出ますけど、地道にやりたいんで期待しないでください」と控えめに答えました。

さらに今日は、他の出演者と違って一人楽屋であることも明かし、「みんなと和気あいあいと過ごしたいのに、スタッフさんがこちらの緊張を高めてくる」と不満顔。今日のONE-MAN TALKSHOWについては、「前回はネタを準備していたが喋りきれなかったので」と、何も用意していないと話しました。また、前回の東京公演は緊張と恐怖感があったそうで、今回の大阪公演については「言わばホームなので嬉しい」とご機嫌の様子。

一方、東京よしもとのギンナナ・金城は以前一回『THE EMPTY STAGE』で大阪に来たことがあり、「そのときの東京メンバーは、本当に緊張していた」と振り返りました。しかし「面白いとこではちゃんと笑ってくれたので、そんなに緊張しなくていいのかな」と言いつつ、「でも今日のお客さんはわからないので、やっぱり緊張してます」と告白。

竹若は「出演者だけでなく、スタッフも全員がチームの一員です。そしてお題をくださるお客様もチームの一員。会場全体でつくり上げるショーとなっていますので、ぜひ会場にお越しいただいて、お題を言って一緒に楽しんでいただければ」と、観客に呼びかけました。

『THE EMPTY STAGE 2019 WINTER』大阪公演は3月17日(日)まで開催され、様々な出演者たちが毎日ショーに登場し、その瞬発力とパフォーマンスをあますことなく披露します。出演者たちの、普段とは違う一面が見られる即興エンターテインメント・ショー。ぜひ足をお運びください!

『THE EMPTY STAGE 2019 WINTER』

開催日時:2019年3月11日(月)〜17日(日)
平日:19:00 開演
土・日・祝:13:00 開演/17:00 開演

場所:COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(大阪府大阪市中央区大阪城3番6号)

チケット料金:前売3,900円/当日4,300円 ※整理番号付自由席

【出演者】※出演日順

■ONE-MAN TALKSHOW
ミキ・昴生、ロザン・菅、笑い飯・哲夫、スーパーマラドーナ・武智、テンダラー・浜本、千原兄弟・千原せいじ、銀シャリ・橋本、濱田祐太郎、月亭方正

■ロング即興ショー
《チームA》
バッファロー吾郎・竹若、ギンナナ・金成、ギンナナ・菊池、セブンbyセブン・宮平、セブンbyセブン・玉城、かたつむり・林

■ショート即興ショー
《チームB》
セブンbyセブン・宮平、さや香・新山、さや香・石井、エルフ・はる、エルフ・荒川、ハイエナじろう、タレンチ・コバタ 小寺真理

《チームC》
かたつむり・林、フースーヤ・谷口、フースーヤ・田中、ロングコートダディ・堂前、ロングコートダディ・兎、守谷日和、 キングブルブリン・田中、高野結衣

【公演スケジュール】

3月11日(月)19:00 昴生(ミキ) チームA+チームC
3月12日(火)19:00 菅(ロザン) チームA+チームC
3月13日(水)19:00 哲夫(笑い飯) チームA+チームB
3月14日(木)19:00 武智(スーパーマラドーナ) チームA+チームC
3月15日(金)19:00 浜本(テンダラー) チームA+チームB
3月16日(土)13:00 千原せいじ チームA+チームB
3月16日(土)17:00 橋本(銀シャリ) チームA+チームB
3月17日(日)13:00 濱田祐太郎 チームA+チームC
3月17日(日)17:00 月亭方正 チームA+チームC