2月13日(木)より、大阪・LAUGH & PEACE ART GALLERYにて、『南ダンボール製作所展』が開催中です。

『南ダンボール製作所』とは、ネット番組『新YNN NMB48 CHANNEL』(ニコニコチャンネル)のNMB48・南羽諒(みなみはあさ)による大人気コーナー。南がダンボールで作る“珍作品”がファンの間でも話題になっており、自身初となる今回の個展では、番組内で披露した作品に加え新作も展示されています。

個展初日に開催されたレセプションパーティーには南本人も出席し、作品説明などを行ないました。

関連記事:NMB48卒業の太田夢莉、活動休止や卒業について赤裸々告白 フォトエッセイ『青』発売

 

“面倒くさい”が作品誕生のきっかけに!?

番組で話題を呼んだ作品や新作が並ぶ中、レセプションパーティーには多くの参加者の姿が。会場の一角ではマグネットクリップやバインダーなどオリジナルグッズも販売されています。

そこに笑顔で登場した南は、「この個展のために新作も作ったので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」と挨拶し、オレンジジュースを手に「乾杯!」と声をあげました。

続いて南が今回の展示作品を説明します。

まずはひときわ目立っている大作『ただのブランコ』。実際に乗ることができるそうで、「(作るのに)すごく力が必要で、手がカサカサになるまでがんばった作品です!」と胸を張りました。

また、作品の多くは“日常の面倒くさいと思うこと”がきっかけとなって生まれたと明かす場面も。『手が疲れないスマホ置き』については、「ベッドで寝ているときに手が疲れるのが嫌だな〜と思ったのがきっかけ」なのだそう。

さらに、「これは本当に自信作!」 と力を込めたのが『便利なゴミ捨て機』。「ゴミを捨てるとき、できるだけ動かなくていいようにという思いで作りました」と話します。

『ずぼらハンガー』についても、「これも本当にがんばった!」と感慨深い様子。

ほかにも、『先がわかるよ!ガオガオトイレットペーパー置き』と『ダン・ハニー』といった二つの新作をはじめ、各作品について愛情たっぷりに説明を行ないました。

ダンボール作品の原点は中学1年生にまで遡る!?

その後実施された囲み取材では、南は、個展の開催を聞いたときには本当に驚いたと振り返り、「こんな風に個展を開けるなんて夢のようで、今でも実感が湧いてなくて」と話します。続けて「こうしてファンの皆さんに見ていただいたり、体験していただける機会をもらえたのは、うれしくて光栄なこと」と改めて感謝を伝えました。

また、自分の趣味が仕事につながることがすごく嬉しいと話し、「これからもっともっと趣味(の側面)を出していって、いろんな方にNMB48にこういう人がいるんだと知ってほしい」と意気込みを明かしました。

実はダンボールでの作品作りは中学1年生のころに始めたとのことで、長年ダンボールを扱ってきた南の一番の自信作は、「やっぱり乗ることができるのがポイント」の『ただのブランコ』だそう。作品説明でも明かしていた通り、作成時は非常に苦労したようで、「“もうやめたろか!”と思ったこともあった」と振り返りました。

続いてNMB48のメンバーからの反応を尋ねられると、「すごいね!」という言葉と、もう一つのリアクションとして「すごい笑ってもらえた」と2パターンがあったと吐露。「自分が作ったものを見て笑ってもらえるのがすごくうれしい」と笑顔を見せます。

さらに、今後作ってみたいものにまで質問が及ぶと、「いつか船を作ってみたい」とのことで、自作の船に乗って川下りをしてみたいとイメージを膨らませていました。

関連記事:NMB48白間美瑠、渋谷凪咲、山本彩加がジョーシンCMキャラクターに

 

ユニークなダンボール作品が展示された『南ダンボール製作所展』は3月2日(月)までの開催です。ぜひ会場に足を運んでみてください!

南ダンボール製作所展 artist by 南羽諒

場所:LAUGH & PEACE ART GALLERY
期間:2月13日(木)〜3月2日(月)
料金:入場無料
休廊日:火曜・水曜

■詳細はLAUGH & PEACE ART GALLERYのHPからご確認ください

 

『新YNN NMB48 CHANNEL』(ニコニコチャンネル)

チャンネルURL:https://ch.nicovideo.jp/ynn

【関連記事】