2025年の大阪・関西万博開催決定を記念して、万博記念公園のEXPO’70 パビリオンでは、3月9日(土)から『私の大阪万博 思い出の品展』が開催されています。

開催前日の3月8日(金)には同展覧会の記念イベントが行なわれ、MCのミサイルマン・西代洋と、1970年の大阪万博にゆかりのある著名人らが登壇し、当時を知る人ならではの懐かしいトークを展開しました。

イベントには、伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸、元・ミノルタ迷い子センターの飼原和子氏、株式会社KADOKAWA 2021年室担当部長 エグゼクティブプロデューサーの玉置泰紀氏の3人が集結。1970年当時の大阪万博の思い出や2025年の万博への期待を明かし、報道陣を笑わせる一幕もありました。今回はその模様をレポートします。

「迷子センターは楽園」大阪万博の思い出トークに花を咲かせる3人

元ミノルタ迷い子センター勤務の飼原氏に、菊水丸が「迷子センターの方にお会い出来るなんて思ってもみませんでした。憧れの人でした!」と興奮気味に伝えます。西代が「僕が長澤まさみさんに会えたような感覚……?」と聞くと「そんな感じです」と照れ顔で答え、70年の大阪万博での“懐かしい思い出”を振り返ります。

当時の小学生にとっても大阪万博はビッグイベントだったらしく、万博に行った子どもはクラスメイトからもてはやされたそう。そんななか、先に万博を訪れた同級生が会場で迷子になったらしく、きくすが「お前どんくさいなぁ~」と茶化したものの、同級生はなぜかご機嫌。なんでも、「迷子センター」に連れていかれ、最初は泣いていたが、「キレイなお姉さんがずっと頭を撫でてくれた」からだとか。

その同級生は5人兄弟の末っ子で、家族で出掛けた際はうろちょろしてしまい、いつも母親に「あんたなにしてんの、ボケカス! ちゃんとついて来んかい!」と叱られるようなわんぱく坊主。

しかし迷子センターでは、キレイなお姉さんにずっと頭を撫でてもらい、お菓子とジュースは食べ飲み放題、マンガも読み放題の好待遇。「そいつ(同級生)が『こんな最高な場所はない。迷子センターは楽園だ!』と言うんです。だから僕も迷子になりたくて……」と明かし、笑いを誘いました。

そこで当時の菊水丸は、万博会場で迷子になろうと試みたものの、「(迷子になろうと)オカンの手を離すと、オカンがグッと握りかえす。離す、掴むの繰り返し」と母親との攻防を繰り広げ、結局迷子にはなれなかったそう。「アメリカ館で4時間並んで月の石を見たけど、頭の中はずっと『迷子センターに行きたい!』という気持ちでいっぱいだった」と明かし、報道陣を笑わせました。

49年ぶりに実現!菊水丸が大阪万博の迷子登録者に!?

ここでMCの西代が「なんと! この当時の万博の迷子の総数が出ております。実に48,139人!」と発表すると、菊水丸が「あのときオカンが手を放してくれたら、切りよく48,140人になっていたのに!」と、悔やしさを滲ませます。「同じように悔しがる人が、何万人もおるかも」という西代の同調に、笑いがこぼれました。

それを受けて今回、菊水丸が子どもに戻り、迷子になった設定で登録用紙に記入することに。飼原氏が当時と同じように名前、年齢、服装などを聞き出し、当時使用していた登録用紙に記入し、めでたく49年ぶりの大阪万博迷子登録者になりました。

晴れて“迷子”になった菊水丸は「感動です」と大喜び。ちゃっかり頭も撫でられて、嬉しそうな表情をみせました。

西代は「博前生まれ」?万博あるあるトーク炸裂!

ここで菊水丸が、ほぼ同世代である玉置氏に「当時、迷子になりたいって気持ちはなかったんですか?」と話を振ると、玉置氏は「ありませんよ!」と即答。

「じゃあ、迷子センターが楽園だったことを知らなかったんですね」と返すと、「もし知ってたら、私も行きたかったです」と笑い、盛り上がりました。

西代が「当時を知る人同士では、話が尽きませんね」としみじみつぶやくと、菊水丸が「(大阪万博のこと)全然知らないの? 何年生まれ?」と尋ねます。西代が「僕は1980年生まれですから」と答えると、「じゃあ博後(はくご)ですね」と納得の表情。

西代が「はくご?って言うんですか?」と聞き返すと、河内家が「私たち万博マニアの間では、生まれた時期で大阪万博を基準に、博前・博後と分けてるんですよ」と教え、飼原氏や玉置氏も笑いながら頷きました。

ここからも大阪万博の思い出トークに花が咲き、イベントは盛況のうちに終了しました。

70年の大阪万博にまつわる吉本新喜劇グッズも

『私の大阪万博 思い出の品展』では、1970年の大阪万博ゆかりの方々から協力を得て、約半世紀も秘蔵の品や思い出の品が展示されます。菊水丸の私物もたくさん展示され、思い出話のなかに登場した「迷子バッジ」もお披露目される予定です。

他にも、飼原氏が当時着用していた迷子センターのユニフォームや、70年の大阪万博を舞台にした吉本新喜劇の小道具、“大阪在住の万博グッズコレクター”として有名な白井達郎氏がが、1万以上の万博グッズのなかから厳選した秘蔵アイテムなど、貴重な品々が目白押し。

展覧会第1部『永遠の万博っ子たちの、記憶の数々』は、3月9日(土)~4月23日(火)に、第2部『大人になった万博っ子から次の万博っ子へ』は、5月3日(金)~6月10日(月)に開催されます。当時を振り返りたい“博前”の方はもちろん、“博後”生まれの方もぜひ、足をお運びください!

『私の大阪万博思い出の品展』

■第1部『永遠の万博っ子たちの、記憶の数々』
期間:2019年3月9日(土)~4月23日(火)45日間

第2部『大人になった万博っ子から次の万博っ子へ』
期間:2019年5月3日(金)~6月10日(月)38日間

開館時間:10:00~17:00(入館は16:30 まで)
会場:EXPO‘70 パビリオン・ホワイエ(万博記念公園内)
観覧料:一般400円、中学生以下無料(別途公園入場料必要)
※ただし、常設展入場料200円を同時にお買い求めいただいた方は100円引き