2月5日(木)、はんにゃ・川島章良がYouTubeチャンネル『元はんにゃ川島のeスポーツ芸人生活』を開設。同日に行なわれた初回生放送では、川島がeスポーツプレイヤーを目指すことが明かされ、なんと芸名変更も発表されました。

関連記事:はんにゃ川島が新たにYouTubeチャンネル開設! 本日18時の「重大発表」とは…

 

「はんにゃ・川島」改め「川島ofレジェンド」に!

出汁を使った料理を紹介するYouTubeチャンネル『かわだしクッキング』が好評の川島。今回、その川島が、新たにゲームチャンネルを開設することに。

本チャンネルで、川島は、大人気オンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』に挑戦! 9か月間毎日猛特訓し、11月までに晴れて上位ランクである“ゴールド”プレイヤーになった暁には、賞金100万円が贈呈されることが明かされます。

そんな川島にスタッフから突如「川島さん、名前どうします?」との声が。川島は「ゲーム名ってことですか?」と返すも、「いや、芸名です。やっている間、はんにゃ川島は名乗れないです」とのことで……。

複数の候補が挙げられる中、新しい芸名は“川島ofレジェンド”に決定! 川島は「このゲームの名前をもらうということはだいぶプレッシャーになってくる。普段の仕事でも川島ofレジェンドと言わなきゃいけないのが……」と複雑な胸中を吐露します。

金田もサプライズ登場!企画失敗したら自腹で…

芸名が変わるということで、「相方に確認は必要ですね」と、ここで相方であるはんにゃ・金田哲に電話を。これまでの経緯と芸名が変わったことを告げると、金田は「ちょっとパニックだわ」と驚きを隠せません。

「何勝手に契約書にサインしてるの? 普通は契約書にサインする前にまず電話だよね?」と声を荒らげる金田。怒りをあらわに「完全に目先のお金に釣られている感が否めない」と指摘し、「“ゴールド”プレイヤーになれなくて失敗したら、チャンネルを見てくれているeスポーツプレイヤーに失礼。もし失敗したらeスポーツ界に貢献できる何かをしなきゃダメ」と言い放ちます。

続けて金田が電話口から「スタッフの皆さん、あれを用意してもらっていいですか?」と伝えると、出てきたのは大きなサイコロ。

ここで、実は金田がこの計画を知っていたことが発覚! 川島は「お前ら繋がってるのか!」と動揺している様子です。

そして、サイコロについて金田から説明が。「川島くんが本気でこの企画に挑戦することを、チャンネルを見てもらっているeスポーツファンおよびユーザーの皆さんに示すために、今からサイコロを振ってもらいます!」とのことで、もしも企画に失敗した場合には、サイコロが出た数字×100万円をeスポーツの発展のため、還元資金として自腹で支払うことに。

「こわっ! お前もグルだったんだな? 台本もらっているな!?」と狼狽える中、自分の意志として挑戦するか否かを迫られます。そして、最終的には「やりましょう」と力強く宣言し、勢いよくサイコロを振りますが……。

まさかの事態に川島は「恐ろしすぎて何も言えない。リアクションも取れない」と愕然。最大で600万円の自腹となる可能性がある中、果たしてその金額はいくらに……!?

最後には踏ん切りがついたのか、「『リーグ・オブ・レジェンド』を皆さんと楽しく広めていけたらと思いますので、僕も広げるために頑張っていきたいと思います。お願いします!」と高らかに宣言し、企画への挑戦がスタート。

この配信に、「頑張ってください!!大会に出るのを楽しみにしています!」「ネットニュースで知りました、応援してます!」などのコメントが寄せられ、川島の挑戦を支持するファンの姿も。

一方、川島の妻・菜月さんは、自身のブログで今回の発表に言及。未達成の場合に決行される“自腹”に触れ、お金の管理を担当している夫に「そんなお金あるの?」と尋ねたところ、「あるわけないでしょ!」との答えが返ってきたそうで……。「でも俺、ゲーム好きだよ?」との謎の根拠を示されながらも、「死ぬ気で頑張れ!」とエールを送っていました。

今後、挑戦の過程はYouTubeチャンネルにて随時配信予定とのこと。今回、公開された動画はすでに1万回再生を突破し(2月10日(月)時点)、生配信も行なわれています。

すでに、公式プロフィールの名前も変更された、川島章良改め“川島ofレジェンド”。彼の新たな挑戦の行く末をあたたかく見守りましょう!

チャンネル概要

チャンネル名:『元はんにゃ川島のeスポーツ芸人生活』

URL:https://youtu.be/ozuNZHKVZwo

【芸人記事まとめ】

【関連記事】