鬼は〜外。福は〜内。2月3日は節分でした。皆さん豆まきはしましたか?僕はというと、保育園の頃からこの豆まきのイベントが大好きで、毎年楽しみにしていました。しかしこの昨今、ある重大なことがわかりました。2つの名字の方は、ご先祖が鬼にとっての強敵ということで豆まきしなくてもいいらしいのです。衝撃の事実。その名字は渡辺と、坂田。

今回で12回目。無限大番記者、サンシャイン坂田です。

今回はやってきました。大名物テーマ。
「抜き打ち!冬の無限大ファッションチェック」です!!

秋のチェック以来の、今回も様々な若手の皆さんのファッションを勝手にチェックさせていただきました。前回の優勝はバビロンおーちゃん。さあ、今回は誰になるでしょう。

エントリーNo.1 ダンビラムーチョ・大原

てててTVでの活躍で、今や山梨のスターとなり、漫才モノマネ歌、全てをこなす小さな大巨人。そんな大原も今までは絶望的なダサさだったんですが、見てください。
「いや俺全身8eeだから」
これは東京グラマーASHiNAのブランド8ee。身長180センチ以上の人のためのブランドなんですが、それを148センチの大原が着こなしています。強い意志も合わさり、昔の大原に比べて見違えるほどオシャレです。

エントリーNo.2 入間国際宣言・千葉ゴウ

シック&クール。全身黒に、タートルネックにジャケットを合わすなんて、上級者じゃないと出来ません。タートルネック着こなす人は全員オシャレです。まるで英国紳士。しかし内から身じみ出る狂気。英国変態紳士です。

エントリーNo.3 サンジェルマン・あとむ

期待の若手コント師。ネタ同様柔らかい優しい好印象です。スタイルの良さをあえてビックシルエットで隠しているのは、チェリー芸人ならではの奥ゆかしさでしょうか。スタイル抜群なので、もっと攻めていっても大丈夫と思います。

エントリーNo.4 サンジェルマン・えいなが

さあ相方のあとむと同様、柔らかい優しいイメージですが、少しだけ地味かなという印象です。

しかし、近づいてみるとこのドヤ顔。とてつもない自信で満ち溢れています。この地味ファッション史上、1番のドヤ顔だと思います。これからが楽しみな逸材です。

エントリーNo.5 マチルダ・広永

すいません、まだまだいました。地味ファッションの怪物が。元ゲオルギー、現マチルダの広永です。広永は全くファッションに無頓着なので、僕が服をあげる数少ない後輩なんですが、いつの間にか。見てくださいこの表情。このポケットに突っ込む両手。自信が1番のお洒落。そう言わんばかりです。

エントリーNo.6 マチルダ・グチヤマ

ムービースター発見。まるでジャン・レノです。相方の広永とうってかわっての、グチヤマさんのハイレベルファッション。いつもお洒落ですがこの日は特に決まってます。


前からも横からも、

後ろからも決まってます。

エントリーNo.7 やさしいズ・タイ

本当のファッションはこれでした。こんな上物の派手柄のセーター着こなせますか?しかも茶坊主。隣にはマルボロ。ソファーに座るオリジナリティ溢れる重心。ジョジョです。漫画の世界です。

さあ、ということで人数が多くなってしまっので、前半戦は以上!
後半も怒涛のファッショニスタが登場。
ご期待ください!!!!

【記事まとめ】