2月3日(月)、映画『酔うと化け物になる父がつらい』完成披露試写イベントが開催され、松本穂香、渋川清彦、今泉佑唯、ともさかりえ、片桐健滋監督が出席しました。

漫画家・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイを実写化した本作。渋川演じるアルコールに溺れる父と、ともさか演じる新興宗教信者の母のもとに生まれた主人公・サキを、松本が演じます。酔うと“化け物”になる父の奇行や母の孤独に触れながら、がむしゃらに家族の未来を見つけていく物語です。

脚本にはザ・プラン9のお~い!久馬(久馬歩)、さらに出演者には星田英利も名を連ねています。

関連記事:アルコールに溺れる父とその家族を描いた話題騒然のコミックエッセイ 「酔うと化け物になる父がつらい」 待望の実写映画化決定!

 

お酒を飲んで演技に挑戦!?

撮影中、役柄もあって、あまり話すことはなかったという松本と渋川。松本の印象について、渋川は「現場での佇まいが美しかったですよ。それって意外と大事なことなんで」と太鼓判を押します。一方、松本は「(渋川が)現場でも実際にお酒を飲んで、リアルにボーッとしていらっしゃったので、私もサキでいることができました」と告白。

渋川は、酒を飲んで演技することを「試したかったから」と言いつつも、いざ実演してみると「緊張するし、セリフも言わなきゃいけないという意識も働くんで酔えないですよ」と実情を吐露。会場を笑いに包みました。

また、今作のともさかのキャスティングについて、監督の熱烈ラブコールだったことが紹介される場面も。ともさかは「打ち上げの席で初めて伺ったんですけど、もうちょっと早く知っていたほうがモチベーション的にも……」と苦笑いしました。

松本、今泉に欅坂46時代の思い出を問う?

今回、映画初出演で主人公・サキの妹という大役を演じた今泉。撮影場所の一軒家にキャスト、スタッフが密集していたこともあり「皆さんのオーラに圧倒されすぎちゃって、撮影を乗り切れるか不安でした」と述べます。

松本は、撮影の合間に今泉と積極的にコミュニケーションを取ったことを明かし「アイドル時代の話とか聞いて……“握手会ってどんな感じなの?”とか」とやりとりを回想しました。

当日は節分ということで、タイトルになぞらえて「化け物は外! 福は内!」という掛け声と共に、登壇者全員で豆まきをしたり、2月5日(水)が誕生日の松本をお祝いする“恵方巻ケーキ”が登場したりするなど、最後まで大盛り上がりとなりました。

映画『酔うと化け物になる父がつらい』は、3月6日(金)より、全国の劇場で上映開始予定です。公開をお楽しみに!

映画『酔うと化け物になる父がつらい』

出演:松本穂香、渋川清彦、今泉佑唯、ともさかりえ、星田英利ほか
監督:片桐健滋
脚本:久馬歩(お~い!久馬)
公式サイト:https://youbake.official-movie.com/

3月6日(金)全国の劇場で上映開始予定!

【関連記事】