元吉本新喜劇座員で喜劇俳優の高石太(たかいしふとし 本名:鈴木雄偉/すずきゆうい)さんが、1月31日(金)未明、虚血性心疾患のため、札幌市内の療養施設で逝去されました。
満71歳でした。

高石太さんは、1948年10月4日生まれ。愛媛県出身。新劇青猫座、劇団喜劇などを経て、1975年に吉本新喜劇入団。投げられた勢いで腹で滑り、服をめくって太鼓腹をさすりながら「熱う~!熱う~!」と叫ぶギャグで一世を風靡、吉本新喜劇副座長も務めました。2008年、北海道札幌市へ移住。市民劇団「教文13丁目一座」に所属し、喜劇ワークショップやボランティア公演を通じて、地域活性の為の活動を行っていました。今年1月18日(土)、引退公演「高石太物語」を終えたばかりでした。

お通夜、葬儀・告別式は、ご家族、近親者のみで執り行われました。

みなさまには生前のご厚誼を深く感謝するとともに、ここに謹んでお報せいたします。