吉本興業株式会社が、吉本興業株式会社は、関西学院大学 アメリカンフットボール部 前監督 鳥内秀晃氏とマネジメント契約を締結したという驚きのニュースが飛び込んできました!

人を育てる名監督

鳥内氏は指導者として甲子園ボウル優勝12回、ライスボウル優勝1回などの輝かしい成績を収める一方、 アメリカンフットボールを通じた「人間形成」という教育理念のもと、日本のスポーツ界を牽引してきました。
そんな中、今後、スポーツ界、教育界の更なる発展と、自らの活動の幅を広げたい、との意向を受け、これまでの鳥内氏の活躍を活かした講演やメディア出演などの文化人としての活動、スポーツ界、教育界に貢献される活動をサポートしていくことになったのだとか!

甲子園ボウル優勝はなんと12回!

元々はサッカー選手で、大阪府立摂津高校在学時に全国高校選手権の大舞台を経験している鳥谷氏。
1978年に関西学院大学文学部に入学し、アメリカンフットボール部に入部し、1年時の秋からディフェンスバック、キッカーとして試合に出場し、副将を務めた4年時は守備のリーダーとして活躍。
大学卒業と同時にアメリカにコーチ留学し、南オレゴン州立大学(1982~1984年)とUCLA(1985年)で学んだ後、帰国。
帰国後、1986年からアシスタントヘッドコーチ兼守備コーディネーターとしてファイターズを指導し、1992年に監督就任。
以降、甲子園ボウルの優勝は12回を数え、2002年にはライスボウルも制覇し、大きな話題を呼びました。
その後、2016年には世界大学選手権日本代表チームも指揮。
熱い人材育成術に定評がある鳥内氏は、一見こわもてに見えますが、たくさんの名言を生み出していることでも知られています。
2019〜2020年のシーズンを最後にファイターズ監督の座から退いた際にはたくさんのファン、OBや選手たちから惜しみない声援が送られていました。

鳥内氏からはコメントが届いています!

鳥内秀晃氏氏より皆さんへ

この度、ご縁があり、吉本興業にマネジメント業務をお願いする運びとなりました。
心強い援軍を得て、今後さらに活動の幅を広げさせて頂き、スポーツ界、教育界全体に良い影響を与え、
これまでの指導方法を啓発できればと思っておりますので、皆様方のお力添えを頂ければ幸いでございます。

今後の鳥内氏の新たな活躍が楽しみですね!

【関連記事】