先日発売が発表された、東野幸治の最新書籍『この素晴らしき世界』。
東野幸治の最新エッセイ集である本書は2月27日(月)、新潮社より刊行されることになりました!

「週刊新潮」連載時から話題の、いくら毒舌を吐き続けても絶対に嫌われない男だから書くことの出来た「吉本バイブル」、ここに誕生!
極楽とんぼ・加藤による単行本化記念の描き下ろしと、キングコング・西野による“東野幸治論”も特別掲載されているとあり、注目を集めています。

関連記事:ゴシップ通・東野が容赦なくイジり倒す「吉本バイブル」発刊、芸人達の隠れた伝説に迫る
【限定公開!】東野幸治が贈る吉本バイブル本『この素晴らしき世界』より「どこかふざけてる女、ガンバレルーヤよしこ」

ラフマガでは、本書の発売を記念して、収録された一節を大公開!
いずれも公開期間は下記の期間のみ。

1/23(木)~2/24(月) ガンバレルーヤ・よしこ
1/30(木)~2/28(金) キングコング・西野亮廣
2/6(木)~3/6(金)  品川庄司・品川祐
2/13(木)~3/13(金) メッセンジャー・黒田有
2/20(木)~3/20(金) 坂田利夫

第二弾のキングコング・西野亮廣の節が本日から限定公開スタート!
ぜひ、東野ワールドをご堪能下さい。

宣言しまくる男、キングコング西野

憎たらしいけど気になる。面倒くさいけど喋りたい。時に変な帽子をかぶり、時に綺麗な無精髭をはやし、時に髪の毛を几帳面にクシャクシャにする。キングコング西野亮廣君ってどんな人? 中島みゆきの有名な曲「糸」の歌詞になぞらえるなら、「縦の糸は仕事。横の糸は失言。織りなす布は……」といったところでしょうか。
西野君は南海キャンディーズ山里君、NON STYLE、とろサーモンの久保田かずのぶ君、ウーマンラッシュアワー村本大輔君、なかやまきんに君、ネゴシックス君など錚々たるメンバーが同期、大阪NSCの22期生で相方は梶原雄太君。シュッとしたイケメンの西野君と小柄でサル顔の梶原君。二人はまるでナインティナインの再来かのようでした。
キングコングは出世が早く、芸歴2年でフジテレビ「はねるのトびら」のメンバーに選ばれます。たった数年で深夜番組から枠移動してゴールデンに昇格。11年も続く超人気番組になったものの、演者・スタッフが共に目指していた「めちゃイケ」のような国民的人気番組にまではなれず、2012年に番組は終了。結果、西野君はナイナイのようなお笑いスターにはなれませんでした。
ここから西野君は良い意味でも悪い意味でも目立ち始めます。とにかく動き回る。片っ端から手を出す。とりあえずやってみる! 今から西野君の足跡を羅列していきます。時系列が前後しているかもしれませんが許して下さい。なにせ、やったことが多過ぎるので。
まずは、テレビの仕事を辞めると宣言します。改めて、「キングコングは漫才師だ!」と宣言したのです。グルメ番組やクイズ番組に出るために芸人になったんじゃない、と。更には、ひな壇でのトークができてこそテレビで活躍できる時代に、「ひな壇に座らない宣言」まで飛び出します。宣言が好きなんですねぇ。
自身のブログを敢えて炎上させた翌日に、イベントや大事なお知らせをする(本人に聞いたらかなりの宣伝効果があるようです)。
タレントや女優さんや歌手と交際する(それが報道される度に芸人みんなが悔しがりました)。
「アメトーーク!」で「好感度低い芸人」の回に出演。案の定トホホな感じになり、企画を逆手にとって好感度を上げることに失敗する(これには芸人みんなが喜びました)。
タモリさんの勧めで絵本を何年もかけて2冊執筆する(細い黒ペンだけで線を重ねて描くので、1枚描くのに1カ月は必要らしいですが、私はこれをあまり信用していません。噂ですが「毎日描いたら2週間ぐらいで描ける。毎日描かないだけだ」とノンスタの石田明君が言っていました)。
「ガリゲル」という関西の深夜番組のレギュラーになると、番組中は終始、嬉しそうにしている(関西では嫌われていないと思っているのかな?)。
ツイッターで、ある作家さんの作品を「面白くない」とつぶやく(その時、同期の南キャン・山里君が横にいたといいます。怪しいですねぇ)。作家の嫁である先輩芸人が激怒し、後に本人に直接謝罪することになるが、周りが許さず遺恨が残る(私は笑いました)。
今度はタモリさん原案で5年の歳月を費やし絵本を1冊描き、貧しい国の人達に無料で配る(これは作品自体を読んで欲しいのと、話題になれば世界的ヒットに繋がるという一石二鳥作戦でしたが、残念ながら世界的ヒットには繋がりませんでした)。
絵本に続き、ビジネス書も出版。そこには西野君による名言・迷言が書かれていて、例えば「ウォルト・ディズニーを倒す」。ここでも大好きな「宣言」ですねぇ。こうなってくると、周りから心配され始めます。そんな心配をよそに、今度は「ディズニーの倒し方がわかった」とも言い出しました。もちろん誰も信じず、いかれた人扱いされ始め……。
またまた「アメトーーク!」では私が持ち込んだ「スゴイんだぞ!  西野さん」という企画もありました。そのビジネス書をイジり倒し、西野君が編み出した「ドキドキしてる?」というポジティブワードで、私は強引に皆を笑わせました。が、放送後、本は全く売れず、私は「申し訳ないことをした」と反省しました。
そんな西野君、ここへきて、芸人とは「職業名」ではなく、「生き様」だと宣言。意味わかる方います?
西野君の快進撃は止まりません。深夜番組「ゴッドタン」では、劇団ひとり君に服をビリビリにされ、イジり倒されます。あのシュッとした西野君が、です。もちろん、思い切り「ゲロすべり」(西野君の言葉ママ)しました。
ハロウィンの翌日に渋谷で「娯楽としてのゴミ拾い」を計画。西野君アンチのネット民が大挙して渋谷に押し寄せ、先にゴミを拾ってしまうという珍事が起こり、遅れてやって来た西野君達はやることがなくなる。西野君の宣言の影響力は絶大ですねぇ。
5冊目の絵本『えんとつ町のプペル』は、複数のクリエイターが関わる分業制で4年以上かけて完成。その資金はクラウドファンディングを利用して、3000人から1000万円以上を調達したといいます(この当時お笑い芸人でクラウドファンディングを使い成功した最初の人だと思います)。
さらに発売直前には、『プペル』の個展を入場無料で開催するためのクラウドファンディングも実施し、6000人以上が参加。4600万円を超える資金が集まりこれも大成功。
驚くなかれ、まだまだあります。発売されると、西野君はいきなり、『プペル』をネットで無料公開すると言い出します。作家自身が自分の作品を無料で公開する是非が議論され、ネットは大炎上。結果、(西野君の想定通りか)本は40万部を超える大ヒット、映画化も決定します。
2次元の世界だけにとどまらない西野君の創作意欲が次に向かったのは、「おとぎ町」という町づくり。この辺りから僕もだんだん、彼が何をしたいのかわからなくなっていきます。
アイリッシュ音楽が好きになった途端、仲間と音楽とお酒がお気に入りになったかと思えば、「ゴッドタン」で劇団ひとり君に、もっと服をビリビリにされ、肛門に指を入れられ……前回以上に思い切りのいい「ゲロすべり」。
「芸人が絵本なんて描くな」と方々から言われると、「芸人引退宣言」と同時に「絵本作家宣言」を……って何回めの宣言だよ!
ナインティナインの岡村隆史君から「芸人として、かくあるべき」と言われると、「岡村さんが嫌い」と先輩芸人に向かって宣言したかと思えば、「めちゃイケ」内ですぐに仲直り。
この辺りから西野君もちょっと迷走気味になっていくのか、「座らない」と宣言したのに、バラエティー番組のひな壇に座ってみたり、「大人のための学校『サーカス!』」というイベント(内容は私に聞かないで下さい)を立ち上げたりします。

「お笑いとはドキドキさせること」と発言し突如、ニューヨークで絵本の個展を開いた西野君ですが(資金はもちろんクラウドファンディングで。585人から約530万円を集める)、「それでは(NYに)行ってきます。ちょっくら奇跡に用があるのです」と発言して失笑され……。
その後もパインアメ特命配布主任に就任したり、絵本作家を引退したり……ついには「ミュージシャン宣言」まで飛び出す始末。
カッコよくなるために無精髭を生やし始め、またまたビジネス書を出版。前作以上に名言・迷言、はたまた狂言まで収録されていましたが、ホリエモンや見城徹さんなど多数の著名人が興味を持ったせいか、1週間で10万部の大ヒットに。
このヒットの影響か、続いての興味は「飲み屋としてのスナック」に。人間に残された才能は「完璧さ」ではなくて「愛される欠陥」だから、人はコミュニケーションを求めている。それが残っているのがスナックだそうです。
「ビジネスマンとして、もっと成長したい」と宣言後、レターポットなるものを編み出します。どうやらネットの中で文字をお金に変えるシステムらしいです(私の拙い説明ですみません)。またもやクラウドファンディングで、簡単に開発費用の1000万円を集めてしまうんだから、完全に西野君に風が吹いています。
そして最近では「西野亮廣エンタメ研究所」なる胡散臭いオンラインサロンを立ち上げました。オンラインサロン? 調べてみると、ネット上に作った非公開グループ内で西野君が色々な企画のアイデアを出すと、そのサロンの会員の人は、それにのっかるもよし、さらにアイデアを出すもよし、その様子を眺めるだけでもよし……会員には起業家やクリエイターが大勢いて、すでに1万人を突破。1万人ですよ! 国内最大級のサロンだそうです。

ちなみに月会費は一人1000円だから、1カ月で1000万円、1年で1億2000万円以上! そのお金でまた新しい「遊び」が開発され、そしてそれがまたお金を生みどんどん彼と彼の考えたアイデアが世の中を面白く変えていくのでしょう。

アッ! いつのまにか私は西野君のことをベタ褒めしていました。賢明な読者の方ならもうおわかりでしょう。私は……ただの西野信者です! 西野君のことが気になって気になってしょうがないのです。日々こっそり、西野君の動向をチェックしているのです。
断言します。西野様はエンタメ界、ネット界の神です! 古きメディアを破壊し、新しいネットの世界を創る、創造主です!
ちなみに私の目標はといえば「全国ネットでレギュラー番組持ちたい!」「たくさん稼ぎたい!」です。
「ニシノ様! 教えて下さい! ニシノ様の目には私、東野幸治はどのように映っているのですか?」
「東野さん? そうだなぁ。旧態依然としたお笑いタレントで、ガラガラ声を張り上げて自分はまだまだイケてると思っている滑稽なおじさんタレントかなぁ」
「ニシノ様! お言葉ありがとうございます! ニシノ様そんな私にヒントを! 芸能界であと少し稼ぐヒントを下さい!」
「そうだなぁ。俺の最新刊『新世界』を読めば、そこに答えが書いてあるよ。ヒガシノ心配するな、大丈夫、いけるよ」
「ニシノ様……ありがとうございます!」

【関連記事】