1月30日(木)放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)に『今年が大事芸人2020』として、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、霜降り明星(せいや、粗品)、ダイアン(ユースケ、津田篤宏)、宮下草薙(草薙航基、宮下兼史鷹)、三四郎(小宮浩信、相田周二)が登場しました。

いわゆる“お笑い第七世代”であるEXITや霜降り明星ほか、昨年大活躍を見せたコンビ5組が集合。最近の悩みから相方への不満(!?)まで、知られざるエピソードを明かしました。

関連記事:麒麟・川島、競馬大好き芸人で雨上がり・蛍原の“奇行”暴露「ほんまもんのアホやと…」

 

兼近「YouTubeが一番楽しい」リアルな悩みをぶっちゃけ

冒頭で「我々は去年消えていなきゃいけない見た目。皆さんのおかげで残れたので、今年1年ぶち上げで!」と語った兼近。

今のリアルな悩み&不安については「正直YouTubeが一番楽しい。テレビに出ていると信じられないくらい座らされて、一瞬だけ使われる。ありがたいことだけど、どんだけやらされるんだって……」と話します。

一方、りんたろー。は「僕らはやっとTVに出られるようになったので嬉しい。このままだと兼近がYouTubeにいっちゃうんじゃないかと思って、いい企画を出してきてもあんまりだねと言っている。(TVもYouTubeも)両方頑張りたい」と主張し、兼近もこれには納得の表情を浮かべていました。

関連記事:駆け抜けた2019年をEXITが語る「心残りはM-1」

 

番組中盤では小宮と宮下の“ツッコミの仕方”を巡って、喧嘩が勃発。その様子を見るに見かねた草薙が宮下にガチボディーをかまし、大盛り上がりを見せます。

そんな若手芸人たちに続き、ダイアンが触れられるも、勢いに圧倒されてかキレの悪いトークになってしまい……ゲストMCの千鳥・大悟が「何年入り方下手やねん!」とツッコむと、津田は「こんな後の入りどうしたらいいんじゃい!」と声を荒らげ、笑いをかっさらいました。

そんな津田の悩みは「コメントを最後の方に求められるけど、コメントがない」とのこと。ユースケは「考えてないからめちゃくちゃスベる。入って助けようと思うけど、足がすくんで動けない。2人ともスベるなら相方だけスベっている方が……」と続けます。

千鳥・ノブが「それはもう引退しかないね。コメントが浮かばないはもうダメよ」と真面目なトーンで諭すも、その後津田が思考を巡らせて絞り出したのは「……出んのよ〜」の一言。ダイアンの引退危機(?)にスタジオは爆笑の渦に包まれました。

関連記事:さんまとも共演!“63時間空き”の役者・岸大介、新番組オファーに「断れなくて…」

 

りんたろー。に捏造疑惑!? 「本当のことを話しても…」

続いて、相方への不満を語るコーナーでは、せいやが「粗品は褒められることが多い。最近はピアノの番組とかに一人で出ている。芸人の顔で出て欲しいけど、真からピアニストの顔をしてやっている。もう芸人ではない……」とし、「もっとお笑いをして欲しい」と本音をこぼします。

一方で、粗品曰くせいやは「忙しすぎておかしくなっている」とのことで、「車内で弁当を食べるときに、箸が入っていなかったので(せいやは)手で食べ始めた。麺類を食べるときに二本指を箸みたいにして食べていた」とせいやの珍エピソードを披露し、スタジオを驚かせました。

関連記事:霜降り粗品、せいやの「ブラホック外し」のスピードにドン引き!? 8つのミッションに挑戦

 

りんたろー。は、”兼近の記憶がすぐ飛ぶ”ことが不満なのだとか。「打ち合わせをしても、話すことをすぐ忘れてしまう。コンビ愛をテーマに語ると言うコーナーで、日本ラグビーの熱い話をしてしまった」と兼近の失態を明かします。

すると兼近も負けじと「りんたろー。さんは俺の天然エピソードを話すけど、ほとんどが捏造!」と暴露! その後りんたろー。が何かを話そうとするも、兼近は「今から話すことは全部嘘です!」と主張します。りんたろー。は「これを言われると本当の話をしても、もうウケなくなる……」と悲痛な表情を浮かべていました。

 

2019年に大活躍を見せた芸人たちが集結した今回の『アメトーーク!』。今の人気を不動のものにできるか、今後の彼らの快進撃に注目です!

【関連記事】