1月26日(日)、大阪・フェニーチェ堺にて、『堺少女歌劇団』の第6回本公演が開催されました。

『挑戦を応援するまち・育みのまち・もののはじまり何でも堺』のプロジェクトとして誕生した『堺少女歌劇団』。年に1度行なわれる本公演は、宝塚歌劇団の第一線で活躍する谷正純が脚本・演出を担当するほか、堺少女歌劇団テーマソング『Singing for you』などを手がけた中島岳が作曲・音楽監督を務める本格的な舞台となっており、毎回好評を博しています。

6回目となる今年は、ミュージカル『School Camp』とメモリアルショー『Our dream restart』からなる2部構成で、劇団員たちのフレッシュな魅力が全開に! 天才ピアニスト(竹内・ますみ)も特別ゲストとして参加し、公演を盛り上げました。

関連記事:「堺少女歌劇団」第5回公演に浅越ゴエ、前田真希が出演!「我々の方が刺激をもらった」

 

天才ピアニスト、笑いで華を添える!

ミュージカル『School Camp』の舞台となるのは、人里離れた山奥にたたずむ廃校。少女歌劇団のメンバー演じるチアダンス部のメンバーが、そこで1週間の合宿を行なう様子を描いています。大荷物を背負って山道を歩き、ようやく廃校にたどり着いた少女たちは、すでにヘトヘト。しっかり者のキャプテン・心に思わず不満をぶつけてしまう場面も……。

絶対的エースでプライドの高い薫香、いつも明るくやさしい花音、引っ込み思案な佳美、何にでも興味津々なシンシンなど、冒頭のわずかな歌と会話で、それぞれのキャラクターがしっかりと印象づけられます。

天才ピアニスト・竹内は、顧問の先生役で登場。元気いっぱいの部員たちにタジタジになりつつも、何度も町と廃校の間を往復させられ悲鳴を上げるなど、ストーリーにコミカルな味わいを加えていきます。一方、相方のますみは、廃校に暮らす元・ミュージカル女優という設定で、おなじみの上沼恵美子のなりきりモノマネもしっかり披露し、爆笑をさらっていました。

とびきりの笑顔とパフォーマンスに拍手!

ようやく練習を始められる……と思いきや、携帯電話がつながらなかったり、突然の停電に見舞われたりと、普段の生活では考えられない“苦難”に遭遇する部員たち。それでも力を合わせ、楽しみながら懸命に苦難を乗り越えていきます。

衣装をまとって“大人への憧れ”を垣間見せる華やかなダンスシーンや、メンバーたちの想いを乗せた楽曲の数々はもちろん、なんとますみが賛美歌『Amazing Grace(アメイジング・グレイス)』をソロで熱唱する場面も! しばし笑いを封印し、殻に閉じこもっている薫香を歌で諭すという本格演技で観客を驚かせました。

やがて、薫香が悩みを打ち明けたことから、部員たちが再び団結! ゴスペルの曲に乗せて互いへの想いを歌い、絆とチームワークを確認することに……。フィナーレを飾るのは、メンバー一丸となってのエネルギッシュなチアダンス。部員たちのとびきりの笑顔と全力のパフォーマンスに、客席からは惜しみない拍手が送られました。

ますみ「大ファンになりました!」と絶賛

第2部は、年少メンバーたちが“希望”や“勇気”、“笑顔”などの妖精に扮して客席に紛れ込むという、かわいらしい演出でスタート。

ショーのタイトルにもなっている『Our dream restart』で息の合った歌とダンスを見せたほか、童話『青い鳥』をモチーフにしたロマンチックなダンスが見どころの『ブルーバード』や、“希望の精”が中心となって元気いっぱいに踊る『ブルーローズ』など、見ごたえのあるステージが続きます。

その他にも劇団員たちによる、セクシーでアグレッシブなダンスや、エキゾチックで妖しい魅力をふりまくダンスなど、変幻自在なパフォーマンスが披露されていました。

最後は『堺少女達の歩みメドレー』と題し、これまでの公演で歌われた曲や、歌劇団テーマソング『Singing for you』、堺市のテーマソング『堺の街で…』といったおなじみの曲が次々と飛び出すスペシャルなパフォーマンスで、大きな感動を届けました。

今回の公演をもって、堺東商店街・堺市・吉本興業による実行委員会のもとから巣立ち、今後は堺少女歌劇団クリエイティブプロデュサー・仙堂花歩のもとでレッスンを続けていくことが決定している『堺少女歌劇団』。

部員たちは、カーテンコールで「ショーのタイトル通り来月から体制を変えてリスタートします。」と宣言し、続けて「高校3年生の卒団まで、一人ひとりが夢に向かってがんばっていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします!」と力強く挨拶しました。

改めて呼び込まれた天才ピアニストも大いに刺激を受けたようで、「みんなのエネルギーがすごい。(公演)1回目、2回目と、どんどんよくなっていって、最高のステージだった」と竹内。ますみも「歌も演技もダンスも、みんな100点! もうね、今日でみんなの大ファンになりました!」と、おなじみの“上沼節”で賞賛し、「またぜひ一緒に舞台に出たいですし、いちファンとして応援し続けたい」と口を揃える2人でした。

 

誕生から約5年を経て、また新たな一歩を踏み出した堺少女歌劇団。4月5日(日)には、7期生募集オーディションを開催するそう。次はどんなステージを見せてくれるのか、どうぞご期待ください!

『堺少女歌劇団』

公式ホームページ:http://www.sakai-shoujokagekidan.com

【関連記事】