1月14日(月・祝)、よしもと漫才劇場にて、「ゲキ校の41子たち~90分の特別授業!! マンゲキ移動教室~」が開催されました。このイベントは、NSC大阪校41期現役生がタイトルから内容まで自分たちで考えたイベントです。

 

まずは、学校をテーマにした6組のチームがそれぞれ登場。

校長先生の地元で採れた「幻の食材”ヤマアオイ”を使ったスイーツ」が数量限定で学食に並ぶということで、どのチームがスイーツを食べれるかをゲームバトルで決めることに。
揉めているメンバーの元に、校長先生に扮した学天即四条と教頭先生に扮した学天即奥田が登場。
学天即の登場に会場は大盛り上がり。そして、早速各チームのバトルが行われます。

まずは、チームヤンキーVSチーム先生「目隠し大縄跳び」。
チームヤンキーに属す71歳の山岸晃が縄跳びを飛ぶ様子に笑いが止まらない学天即の二人。
結果は、チーム先生の勝利。

続いて、チームエリートVSチームオタク「フーフーティッシュバレー」。
「チームオタクの長尾の息が臭い」とチームエリートから苦情が。四条が実際に確かめ、思わず表情が曇ります。
結果は、チームエリートの勝利。

続いて、チームパリピVSチーム普通「ポーズを揃えましょう」。
チームパリピが引いたお題は”女子高生”。せーので揃えたポーズを奥田が1人ずつ確認していきます。一番最後のカイちゃんが「女子高生のKです!」と言うと「そういうことちゃうねん! しかも普通Jやろ!」と奥田から鋭いツッコミが。
結果は、チーム普通の勝利。

全ての対戦が終了し、「サバイバルぐるぐる風船チャンバラ」で敗者復活戦が行われることに。
もう1度戦うチャンスを手に入れたのは、チームヤンキー。

最終決戦は、「客席借りモノボケ競争」。
どのチームも客席から借りてきた道具を使って学天即と客席を笑わせます。

最終結果は、チームヤンキーの勝利! 早速、「幻の食材”ヤマアオイ”を使ったスイーツ」を全員で食べることに。

みるみるうちに、チームヤンキーの顔色が変わります。
なんと、幻の食材”ヤマアオイ”とは、山葵(わさび)のことでした。

ここで一度幕を閉じ、改めてエンディングへ。学天即の力も借りながら、個性溢れる楽しいイベントとなりました。

NSCでは、2019年度入学生を募集中です!
詳しくはHPやSNSをご覧ください。
http://www.yoshimoto.co.jp/nsc/