昨年開催された『キングオブコント2019』(TBS系)で、準優勝に輝き、注目を集めたうるとらブギーズ(佐々木崇博、八木崇)。

この度芸歴15年にして初の単独ライブDVD『ultra very special boogie』をリリースすることが決定! 3月18日(水)の発売を前にして、今回はDVDの見どころを本人たちに直撃してきました!

関連記事:うるとらブギーズ、単独ライブが大盛況!KOC準優勝後の変化は「恵比寿のマダムに…」

 

今回のDVDは、昨年12月2日(月)にルミネtheよしもとにて開催された、初めての単独ライブの模様をパッケージ化。

『キングオブコント2019』で披露した“催眠術” 、“サッカー実況解説”はもちろん、かなり昔のネタまで収録され、これまでの10年間を凝縮したかのような充実した内容となっています。

さらに、特典映像として、日本一のバンジージャンプに挑戦する企画や、同期芸人であるGAGとのコラボ企画も……!

今回、初めてのDVD発売に興奮を隠せないうるとらブギーズにインタビューを行ない、その見どころをたっぷり語ってもらいました!

芸人を始めて15年越し…ついに叶った夢!

――DVD発売おめでとうございます! 初めてDVDを出す今の心境はいかがですか?

佐々木「お笑いを見ていた学生時代、芸人さんのDVDを買ったり借りたりしてたくさん見ていまして。自分が芸人始めたときも“いつか出せたらいいなぁ”と思っていたんですけど、その夢が15年越しに叶った感じですね」

八木「DVDが出たってことで、地元(熊本)の人たちにも結構、威張れると思うんです」

佐々木「威張る必要はないと思うけどね(笑)。まぁ自慢はできるよね」

八木「やっぱり形に残るものだし、そして店頭とかに並ぶって想像するとうれしいです」

――おふたりは芸人になって15年、コンビ結成10年ということで……このDVDにはその10年が詰まっているような形ですか?

佐々木「まさにその通りです。キングオブコントでやったネタも入ってますし、結構前にやったネタとか、ライブでもそんなにやっていないネタとか、そういうのまで入ってます」

八木「昔のネタも何本かあって。それは台本を書き直して、改めて練習もし直しました。

今回、ルミネで初めてやらせてもらったんですけど、僕らこれまでは小道具は机と椅子しか使えないみたいな劇場でやってたんです。今回、ルミネは“なんでも(準備するから)言って”とスタッフさんも言ってくれたので、無駄に観葉植物とかも置いたり。でも、それによって僕たちもだいぶ演技に入りこめた気がします」

佐々木「そうそう! カツラを使うネタがあって。普段、ほかの劇場で使ってたハゲヅラがあって、僕らはそれを普通に使ってやろうとしてたら、ルミネの人に“いや、さすがにそれはダメでしょ”とダメ出しされて(笑)」

八木「もう汚すぎるからと。確かに100均で買ったようなボロいやつだったので」

佐々木「ほかのセットをちゃんとしてもらったら、逆にそのいつも使ってたカツラが浮いちゃう感じだったので、ちゃんとしたのを用意してもらいました」

八木「そういう意味で、昔のネタだったとしても、台本もセットも小道具も違うので(前に見たことのあるネタだとしても)また新鮮な感じで見てもらえたんじゃないかなと思います」

――DVDならではの特典映像も入るんですよね。

佐々木「そうなんです。2019年のキングオブコントは準優勝だったので“次は優勝だ!”という思いを込めつつ優勝祈願ということで、日本一のバンジージャンプに挑戦しに行くという内容です」

八木「僕が言い出した企画で、佐々木を無理やり連れていくという流れで嫌がる佐々木をバスに乗せて行ったんですけど、途中で“なんでこんなことを言い出してしまったんだろう”って、自分で自分がイヤになりました。日本一になるには日本一を経験しなければと思ってやったんですけど、あまりの怖さにマジで後悔しました」

佐々木「本当にすごかったので、“これじゃなくてもよかったんじゃ……”とは思います。そんなつもりはなかったものの体張ってます」

――優勝祈願ということは、“準優勝では終われない”という気持ちが強いということですね。

八木「はい! 優勝したい、それだけですね。優勝したらブルーレイが出せると思うので」

佐々木「そこの違いはないでしょ!」

八木「今も一応、新ネタ作ってライブもやっているので。来年、勝てればいいんですけどね。なかなか難しい気もしていて……。2019年のイメージがあるので見ている方のハードルが少し上がる。そこは優しい感じで見てくれたらいいなと思うんですけど」

八木の野望「刑事もののドラマに出てみたい!」

――2019年はキングオブコントの準優勝となり、コンビにとって大きな節目の年になったかと。

佐々木「本当にそうです。今までなかったような営業の仕事とかもたくさんさせてもらって。2020年もうまいこと揉まれながらステップアップしていけたら……!」

八木「初体験の仕事がいっぱいありました。ラジオとかもそうですね。『キングオブコント』の後からずっとまだ夢の中のような気分で。よく芸人さんが“この間営業でさ……”とか“この間ラジオでさ……”っていうのを僕らが体験できているのがなんか不思議なんです」

佐々木「今までがなさすぎたので」

八木「本当に僕ら、コントしかやってなかったので。だから、いろんなことが新鮮で。楽屋に“うるとらブギーズ様”って書かれてたら写真撮りますし。それが当たり前になるように慣れていきたいですけどね」

佐々木「でもまだ喜んじゃいますね」

関連記事:KOC準優勝・うるとらブギーズ、苦い下積み時代振り返る 同期のオリラジは「僕らのことを知らないんじゃ…」

 

――コントでみせる演技力がすごく高いので、役者の仕事もアリな気がします。

八木「ですよね(笑)? 僕、ドラマに出てみたいんですよね。主人公の邪魔しない人、ぐらいの役で出たいんですけど……空気階段(鈴木、水川)とかドラマに出てるじゃないですか(コンビで『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)にゲスト出演)。僕も刑事もののドラマとか出てみたい。『SPEC』(TBS系)の加瀬亮さんの役が好きで、真似してたぐらいなので。堤幸彦さんのドラマの世界が好きなので出てみたいです」

佐々木「それを言うなら僕は最近、歌をやってまして。そっちのほうも頑張りたいと思っています。最終的には音楽番組も出たいし、ライブDVDを出したいなと! 今回発売されるDVDの中でも、コントのネタの中で歌っているところがあるので、まずはそれを見てもらいたいです」

八木「とはいえ、とにもかくにも今年は『キングオブコント』で優勝したいです。決勝に行けないとどうにもならない。とにかくまずはそこですね」

佐々木「そこは本当にそう思います。なんとか優勝したいです!」

――今回のDVDの「こんなところに注目してほしい」という見どころは?

佐々木「ネタでの僕たちもそうですけど、特典映像での“素”の僕らもお見せできると思うので、どんな顔でしゃべっているか見てほしいです」

八木「コントをやっているとなかなか素の僕らが出せないんですけど、今回はGAG(坂本、福井、宮戸)に引き出してもらった感じで。単独ライブで使用するVTRを、僕らをよく知る同期芸人であり、『キングオブコント』の決勝にも一緒に行ったGAGに添削してもらった映像も入っているんですけど、それが僕らが予想もしなかったところにツッコミが入ったりしてて(笑)。それを見てもらえたらと思います!」

――このDVDを誰に届けたいですか? 

佐々木「うわーー。難しい。でも、僕、10年付き合ってた元カノがいて、もう2年ぐらい前に自然消滅したんですけど。今、連絡は取ってないので“こんだけ頑張ってこうなれたよ”という意味も込めて観てくれたらいいなと。ただこれ観て連絡来ちゃったら困るんですけどね。また好きになっちゃったら大変なので」

八木「僕は地元(熊本)の友達がやんちゃな人が多かったので。東京に出てくるときも、車とかバイク20~30台ぐらいで空港に送りに来てくれたり……そんな地元のやんちゃな友達に売りつけたいです。仲間意識がすごくあるので、きっと1人につき10枚ぐらいは買ってくれるはずです!」

――では、最後にラフマガ読者にメッセージをお願いします!

佐々木「一生懸命やってきた僕らの10年のコントの集大成なので、絶対みなさん満足できると思います!」

八木「視聴率が取れると世の中で言われている“犬、グルメ、ベッドシーン”があるので……」

佐々木「え!ありましたっけ?」

八木「……すいません。嘘つきました(笑)」

佐々木「何の嘘だよ! ただ、かすっているのはある。ベッドはちょっと出てきます」

八木「食べ物もでてきます。エロもありますし」

佐々木「あとは生き物も出てきます!」

コントにすべてをかけてきたうるとらブギーズの10年間がぎゅっと詰まったDVD。ここでしか観られない特典映像も含めて必見です!

 

うるとらブギーズ単独ライブ ultra very special boogie

【発売日】3 月 18 日(水)
【価格】 3,000 円(税別)
【内容】2019年12月2日に行われた、初のルミネtheよしもと単独ライブを収録。特典映像には、日本一のバンジージャンプに挑戦した撮り下ろし企画と、同期芸人GAGとコラボレーションしたVTRを追加。
【出演】うるとらブギーズ(八木崇・佐々木崇博)
【発売元】よしもとミュージック

詳細はコチラから

【関連記事】