芸歴1年という超若手ながら、昨年12月に行なわれた『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』(日本テレビ系)では決勝に進出したそのこ。そんな彼女のネタについて、巷で“あるウワサ”が流れています。

そのウワサというのが、号泣中の赤ちゃんが、テレビでそのこの“電車ネタ”を観た瞬間、泣き止んだというもの。同番組放送翌日には、彼女のTwitterアカウントに報告ツイートも寄せられていました。

そこで今回は、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場に設置された託児所で、ウワサの真偽を確かめるべく、検証を行なうことに。一体、赤ちゃんはどんな反応をしたのでしょうか?

関連記事:『THE W 2019』注目芸人! 3時のヒロイン・そのこインタビュー…優勝したら二重に整形!?【ラフマガ独占】

 

いよいよ子どもを前にそのこがネタ披露!

検証前、そのこは今回の現象について、Twitterアカウントのリプライに「3歳の息子が体調悪くて泣き止まなかったんですけど、(ネタを見て)泣き止みました」との声があり、そのこの劇場出演時には、実際に子どもを連れて足を運ぶ親子もいたと話します。そのこ自身は、ネタで電車のプラモデルを使うため、それに反応したのではないか……と分析していましたが、果たして結果はいかに?

大宮ラクーンよしもと劇場の託児所に到着したそのこ。いよいよネタを披露することに! 託児所には、2歳のふうかちゃん、10か月のはるきくんを含む3人の子どもがおり、中には泣いている姿も。早速、キーボードを使用しながら番組で披露した電車ネタを熱演していきます。

すると、不思議そうにして彼女を見たり、そのこが言うように電車のプラモデルに興味を示したりと様々な反応が見受けられました。そんな中、泣いていた赤ちゃんが、ピアノの音や彼女が発する「プシューッ」という電車を閉めるモノマネで、一瞬泣き止む場面も! 中でもはるきくんは、笑顔を見せていました。

今回、託児所のため音響設備が整わず、ネタが聞き取りにくい部分もあったものの、それでも巷に流れるウワサは事実だったことが一部実証されました。

検証後の感想と中川家の共演について

本番前、「甥っ子を寝かしつけることが得意でした」と話したそのこ。子どもたちの前で実際にネタを披露した感想や、憧れの存在だったという中川家(剛、礼二)との共演について話を聞きました。

――お疲れさまでした! 笑ってくれる子もいましたが、ネタをやってみていかがでしたか?

発車音メロディーをピアノで弾くと、リズムに乗ってくれていましたし、めちゃくちゃ嬉しかったです!

――もともとお子さんは好きなんですか?

大好きなんです。生まれて間もない甥っ子を昼寝させていましたし、自衛隊時代(そのこは元陸上自衛隊員)は、同期のお子さんたちを何人も寝かしつけていました。ネタを考える時も、子どもに笑ってもらうためには、どうしたら良いのかいつも悩んでいます。

――今回『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』の反響もあり、憧れだったという中川家さんのラジオへの出演が決定されたそうですね。

そうなんです。私は女性なので電車ネタの中でも男性の声が苦手なんですけど、そのあたりを中川家さんにやっていただいて、私がピアノで発車メロディーを再現すると、聴いている人も「あるある!」ってなるかなって思います。

――どんな話をしたいと思っていますか?

実は、首が座っていない時から、甥っ子に中川家さんの漫才を聞かせ続けていたんですよ。2歳くらいになってようやく話せるようになった時に、甥っ子たちが「もしもし、ワシや」って中川家さんのネタを言うようになりまして……それが嬉しかったので、ぜひその話をお伝えしたいです。

――先日には『第五回上方漫才協会大賞』新人賞にノミネートされましたよね。普段活動されている東京ではなく、今回大阪でネタをされましたが、いかがでしたか?

めちゃくちゃウケてホッとしました。会場の2階席に芸人さんがたくさんいらっしゃいましたし、大阪の人は東京の笑いに厳しいって聞いていたんですけど、相席スタートの山﨑ケイさんが「2階席めちゃくちゃウケてたよ」って教えてくれて、良かったなぁ~と。

――2月には初単独ライブも予定されています。ゲストには東海道新幹線のアナウンスで知られるドナ・バークさんや、英語の社内アナウンスでおなじみのクリステル・チアリさんも。どんなことをされるんですか?

まだ考え中なのですが、コラボして車内アナウンスできたらなと考えています。

――今後はどんな芸人さんになりたいと思っていますか?

NSCに入学した時の1つ目の目標が中川家さんとの共演なんですけど、2つ目は、今日みたいに、子どもたちに囲まれてネタが出来たらなって思っていたので、今後ますますそうなれるように頑張りたいです。

――最後にライブにくる方へメッセージを!

ドナ・バークさんとクリステル・チアリさんは初対面だそうで、この単独ライブがなければ、お二人がお会いすることはなかったと思います。特に“音鉄”の方はビックリされると思いますので、来ていただきたいです。

 

今回の検証は、子ども好きのそのこにとっても貴重な機会になったよう。家族に小さなお子さんがいるという方は、ぜひそのこのネタを聞かせてみてくださいね。

そのこ初単独ライブ『そのこの車窓から』

日程:2月8日(土)14:45開場 15:00開演
場所:ヨシモト∞ドーム ステージⅠ

チケットはコチラ

・そのこTwitterアカウント:https://twitter.com/sonocotetuota

 

『大宮ラクーンよしもと劇場』簡易託児所

申し込みページ:https://www.yoshimoto.co.jp/omiya/campaign/nursery.html

【関連記事】