1月26日(日)、東京・小学館にて絵本『光ママ! 光ママ!! 光ママ!!!』刊行記念イベントが行なわれ、ゲストとして光ママ(しゃかりき・光)と息子のヒロちゃん(しゃかりき・おっくん)が登場しました。

Instagramを中心に“光ママとヒロちゃんの日常”の動画をアップしているしゃかりき。“お母さんあるある”がママ世代から共感を得て人気を博し、Instagramのフォロワー数は69万人以上にのぼっています。

『光ママ! 光ママ!! 光ママ!!!』は、光ママが考えたストーリーに、イラストレーター・友澤里子氏がリアルな描写で絵を施した1冊です。愛情あふれる光ママの名言の数々が掲載され、大人から子どもまで楽しめる内容となっています。

関連記事:2019年は「旦那の稼ぎを超えた」?光ママ、子どもに“読ませたくなる”絵本を発売!

 

光ママ、未公開の“あるある”を披露!

トークイベントに登場した光ママとヒロちゃん。駆けつけたファンの前に現れると「親子のSNSネタを毎日投稿しているけど、あと1週間で1年を迎えます。投稿を始めた時は1年目で1万人を目標にしていたけど、みんなのおかげで(約)70万人になりました。“感謝、感激、光ママ”!」と挨拶します。

続いてまだSNSにアップされていない新ネタを特別に披露。

“切りそうで切らないお母さん”というテーマのネタでは、ついつい長電話になってしまうママの様子を完璧なまでに再現。

また“本音が漏れちゃうお母さん”というテーマでは、ヒロちゃんに「昨日家に遊びに来たのは彼女?」と問いかけます。ヒロちゃんが「彼女」と答えると、「へ〜! ブスやね」とバッサリ! 誰もが一度は見たことがあるような光景を笑いに変え、会場を盛り上げました。

ファンからの子育て相談に熱弁

質疑応答では、光ママのトレードマークでもあるママさんバレーのユニフォームについて、「何着持っていますか?」という質問が。これに光ママは「来週の動画でわかります」と言いつつ、「ちなみに3着とも……」と口を滑らせてしまう一幕も。光ママの痛恨のミスに会場からは「可愛い〜!」との声が沸き起こっていました。

さらに「片付けが面倒でなかなかとりかかれない」という質問には「“明日やろうは馬鹿野郎”。一気に全部しようと思うから取りかかれない。今日はここ、今日はこことちょっとずつやっていったら綺麗になります。朝起きて、できるところだけちょろちょろやるとか。私は家族に分配させています」と的確なアドバイスを送ります。

また「光ママのママはどういう人でしたか?」という質問に対して、「喜怒哀楽が激しい人。怒る時と楽しむ時、悔しがる時、全部100パーセントでやる」と明かした光ママ。

実は光ママが着ているユニフォームは母親のものとのことで、「私と同じものが着れるということは、それだけお母さんの体が大きいということ。私が小さい時は周りから『ドラえもん』と言われていて、友達に“今日『ドラえもん』来る?”とイジられていた」と話し、笑いをかっさらいました。

そして「(子どもが)反抗期真っ最中で、褒めて育てる気持ちもありますが、冷静になれないくらい怒っちゃって反省しています」というお悩みには「いいとよ、怒っても。ヒロちゃんにもこれから反抗期が絶対くる! でもそれでいいとよ、光ママは言うときは言う。人それぞれ性格が違うんだから、子育てに正解はないと! 最後に大人になった時に親子の関係がちゃんとしていればそれでいいと思う」と熱く持論を繰り広げました。

最後のサイン会では、記念撮影なども行ないつつ、光ママとヒロちゃんはファンとの束の間の交流を楽しみました。

『光ママ! 光ママ!! 光ママ!!!』は現在発売中です。笑いと共感にあふれた1冊を、ぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか?

『光ママ! 光ママ!! 光ママ!!!』

価格:1,400円(税抜)
判型:B5判/32ページ
出版社:小学館

ご購入はコチラ

【関連記事】