1月22日(水)、東京・マイナビBLITZ赤坂にて、「EDISON PRESENTS エグスプロージョン×ひとりでできるもん LIVE TOUR『UNO the FINAL』」が開催されました。

2012年より毎年、ストリートダンサーとしては異例の全国ツアーを行なっている、エグスプロージョン(おばらよしお、まちゃあき)とダンサー・ひとりでできるもんから成るライブダンスユニット。

今回は、2019年8月の大阪公演を皮切りに始まった同ツアーの最終公演の模様をお届けします!

関連記事:セリフ一切ナシ!エグスプロージョン・まちゃあきが演出を手掛ける舞台「KAKERU」大阪公演レポート

 

ダンスにお笑い…パフォーマンスで観客を圧倒!

ハイレベルなダンスで序盤から観客を魅了したあとは、お馴染みの“踊る授業シリーズ”からオリジナル曲『UNO』『裁判』『島原の乱』を立て続けに披露し、会場をあたためていきます。曲間ではまちゃあきが「お前ら声出せるか? 騒げ!」と会場を煽ると、観客もハイテンションに!

冒頭の挨拶で、まちゃあきは「『UNO the FINAL』へようこそ! 盛り上がっていますか? なんて言ったってファイナルだからね」と意気込み、おばらも「ありがとうございます!」と駆けつけたファンに感謝を述べます。そしてまちゃあきが「2020年はワイルドにいきたい。今日は新しいことを始めるのに1年で一番いい日なので、新しいエグスプロージョンを始める日にしよう! ロケットスタートを切りましょう!」と高らかに宣言します。

続いてのコントコーナーでは、誰でも親しみのある国民的アニメのパロディネタで笑いをかっさらっていきます。

『アンパンマン』の人気キャラクター“どんぶりまんトリオ”が『M-1グランプリ』に出場するという設定の“丼まんトリオネタ”では、それぞれの特徴を捉えたキャラクター設定と、エグスプロージョンならではのダンスパフォーマンスを織り交ぜたコントで、会場を爆笑の渦に包み込んでいました。

続いてコント“大人のサザエさん”では、スナックのママになったワカメ(ひとりでできるもん)、夢に敗れてやさぐれてしまった中島(おばら)、プロ野球選手になるという夢は叶えるものの過去に大きな後悔があるカツオ(まちゃあき)がスナックで偶然の再会を果たし、中島とカツオの間に起きた過去の事件の真相が明らかになっていくというストーリー。本家では絶対にあり得ない”まさかの展開”が飛び出すと、会場には笑いがどっと巻き起こりました。

アンコールではサプライズゲストも登場!

それぞれのソロコーナー&コントコーナーでファンを楽しませたあとは後半のライブパートへ。まちゃあきの「暴れたいだろ!」の掛け声でまずはダンスパートが見どころの『NOVEL』、大人の色気漂う『Flash Back』、クールなダンスナンバー『Volt』でオーディエンスを圧倒します。そしてユーモア溢れるリリックがクセになる『ガリガリボーン』、ポップで爽やかな曲調が特徴の『ペンギン』で会場全体をひとつに。

大盛り上がりを見せた本編パートが終了すると、会場からは鳴り止まないアンコールの声が! その歓声を受けてメンバーがステージに再登場し、『CHAMELEON』で会場のボルテージは最高潮に!

まちゃあきは「まだまだ行くだろ! まだまだ祭りは終わらない!」と声を張り上げ、「ライブって最高に楽しいですね。僕らはYouTuberと思われているけど、ライブが大好き。ライブを始めた時はお客さんが20人くらいだった。そんな中、目標にしていたのがマイナビBLITZ赤坂。こうしてここに来られたのはめちゃくちゃ嬉しい」と感慨深そうに語ります。

■エグスプロージョン公式YouTubeチャンネル:エグスプロージョン チャンネル

 

そして「今までの『UNO』とは違うところを見せたい。最高の仲間がやってきます!」との掛け声で始まったのが『陰陽師』。するとサプライズゲストとして『陰陽師』のMVにも登場しているTRIQSTAR・だーよしが登場し、客席から大歓声が沸き起こります。

続いての『ペロリスト』ではエグスプロージョンの2人も所属する吉本坂46のメンバー・藤井菜央がステージに現れ、まさかの登場に会場からはどよめきが……! だーよし、藤井という力強い助っ人を迎え、いつにも増したスペシャルなパフォーマンスで会場を沸かせました。

関連記事:野爆・ロッシー、エグス・おばらら吉本坂46 2期生合格! 「まちゃあきは吉本坂に入ったらライバル」

 

その後のMCでは、まちゃあきがだーよしに出演をオファーした飲み会がなぜかだーよしの奢りだったことが判明し、どっと笑いが起こります。一方、藤井が「今まではお客さん側だったので、ステージに立つとは思わなかった……!」と目を輝かせる場面も。

最後はまちゃあきが「2019年のツアーはファンへの感謝のツアー。ゆったりとノりながら、楽しく終わらせたい」と話し、この日のトリを飾ったのはバラードソング『八月の風』。これまでのアップテンポの楽曲とは正反対の、メンバーの歌唱力が光る1曲をしっとりと歌い上げます。

そして「皆さん本当にありがとうございました!」とステージの隅から隅まで手を振って周り、会場の後方にいるファンまでに感謝の気持ちを届け、今回のライブツアーの集大成となる『UNO the FINAL』を無事に終えました。

2019年は大阪、名古屋、東京の3都市を巡るライブツアーを全速力で駆け抜けたエグスプロージョンとひとりでできるもん。吉本坂46のメンバーとしても活躍するエグスプロージョンの、2020年の活躍にも期待です!

吉本坂46 3rdシングル『不能ではいられない』

<発売>
2019年12月25日(水)

<3形態リリース>
・映像盤【CD+DVD】《初回仕様限定盤》/1,900円(税込)
・通常盤A【CD】《初回仕様限定盤》/1,300円(税込)
・通常盤B(RED1位記念)【CD】《期間限定盤 3月末まで》/600円(税込)

Music Video
吉本坂46 Official YouTube Music Channelにて配信中!

■RED『不能ではいられない』のMVはコチラ
■CIRCUS『STRAY SHEEP』のMVはコチラ

 

3rdシングル発売記念スペシャルイベント

<開催/場所>
2020年2月15日(土)/パシフィコ横浜
2020年2月22日(土)/京都パルスプラザ

<スケジュール(両会場共通、予定)>
10時~個別握手会
16時00分~ミニライブ
17時30分~全体握手会

詳細はコチラ

【関連記事】