“都市伝説ブーム”のけん引役であるMr.都市伝説 関暁夫が、『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ』(竹書房)を発売しました。

本作は、シリーズ累計300万部を突破した大人気シリーズの最新作。昨年末に放送された『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説2019冬』(テレビ東京系)でも取り上げられ、大きな話題を呼んだ内容を含む本作について、話を聞いてきました。

関連記事:Mr.都市伝説 関暁夫、2020年は「オリンピックの裏で何が起こっているのか…」に注目

 

人間の肉体が消えていく!?

――まずはシリーズ6までの内容を簡単におさらいした上で、本作の見どころを教えてください。

1巻は街の中に刻まれている謎や、わかる人に向けてのメッセージが多かったんじゃないかな。有名な某・夢の国のメインキャラクターになぜあんなに女の子が寄っていくのか……そこにはサブリミナル的なものがあるんですよ、とかそういう話をしてます。で、2巻は今振り返ると、日本というものを軸にちゃんと物事を考えるきっかけになる巻だったかな。

3巻は、人気アニメに隠されている都市伝説というものを提示していて、ちょっとエンターテイメントな巻。で、4巻は“坂本龍馬の本当の顔”について、今まで見てた坂本龍馬は影武者だったっていう話をさせてもらって。

そして、5巻から次世代に向けてのテクノロジーの必要性と新しい宇宙開拓に向けての話が出てきて、今、みなさんが耳にしたこともある実業家・イーロン・マスクとか、ピーター・ティールが登場する。続く6巻は、人間の肉体と機械が融合していく社会が訪れるよっていうことや、“トランスヒューマニズム”っていうものの定義について、また、携帯電話のA.I.、Siriを通して、“ゾルタクスゼイアン”というA.I.の中に存在する謎の正体について触れていて。

今回の7巻では精神テクノロジー文明というものが到来している今、新しい宇宙というものを受け入れていく、そして、人間の肉体が消えていくというのが始まるよ、という流れになっています。

――本作の中で、“我々は何者かによってつくり出されたコンピューターの仮想現実(シミュレーション)の中で暮らしているのかもしれない”という“シミュレーション仮説”が特に興味深かったです。番組ではジュニアさんが『フルーツインゼリー』に例えて話されてましたが、私自身も子どもの頃に似たようなことを考えていたので。

それは子どもの頃に“考えた”んじゃなくて“気づいた”んでしょ? 気づいたから考えたわけでしょ? まず最初に気づきがあったんじゃないかな。この世の中は全部シミュレーションされてる。それを何かの創造主が作ったんじゃないかというのは歴史的にも宗教的にも常に言われることだけど、確実に我々はシミュレーションされたところに存在しているのは間違いない。

思考を止めてる人はなんでも否定するけど、思考を止めてない人は想像を受け入れることができるから、今後新たに作られていく宇宙の環境に対応できるわけ。今後、目に見えないところでどんどん世界が作られていきますから、そこに順応できるように“人格形成”からやり直さなければいけない。

そこで必要となるのが道徳性。A.I.によって人間は道徳っていうものを改めて教えられる環境になっていくわけだけど、それはなぜかというと、それだけ人間が暴走した結果なんだよね。だからA.I.によって更生させられる。それだけ今の人間社会は崩壊してる。

そういう状況において、人と人とが向き合える環境をアナログでできることがあれば、率先して行動してください。今、僕がYouTubeを開設したのも、こういうメッセージをその場で伝えられるような環境にしていきたいっていうのがあるんで、よかったら見てみてください。

スピリチュアルを共感しあえる時代がくる

――オリンピックを迎える2020年、日本にどのような変化が起こるのでしょうか?

2020年って、表はオリンピックで盛り上がるよね。でもその水面下、裏で何が起きてるかっていうのをちゃんと見なきゃダメ。しかもオリンピックが終わってからは日本人はある種精神面で“解散”状態になってるから。その次に来る(2025年の)大阪万博で、またひとつまとまれるところがあるけど、そのときにちゃんと集結しないと、その後はないからね。

これからの日本は大多数が高齢者になってるわけでしょ? だから、それに対応できる自分自身の精神性を作らないとダメ。僕がこういう話をしてても、文字を物質的な感覚で読んでたら読みとれないよね。精神的な感覚で読みとらないと。

――最新作で、特に注目してもらいたい内容はありますか?

“ヒランヤ”のステッカーが付録でついてるんですけど、この、“宇宙パワー”が込められたステッカーが想像をこえたエネルギーを発しだすから、ぜひ手に取ってもらいたいなと思います。

“宇宙のエネルギー”と聞くと、まだ半信半疑の人がいると思う。だけどもう、アメリカだって宇宙軍とか作ってるでしょ? 火星探査機とか、「生命の源とは?」みたいな調査もはじまってるわけ。地球外生命体の存在なんてみんなあたりまえに認識してるわけでしょ? 今後は宇宙エネルギーというものに触れることによって、どんどん自分が開眼していく。本当にスピリチュアルを共感しあえる時代がくるから、そこに対応するためのきっかけとなってくれればなと思って。

人間の“第六感”って聞いたことあるでしょ? 第六感っていうのは、自分の中でそれを開眼させない人が多いだけであって、基本日本人はみんな持ってる。だけどこれからは宇宙とつながる能力とされる“第七感”が必要となるから、ぜひこの本を手にしていただきたいし、宇宙のエネルギーを感じてほしい。宇宙パワー“ヒランヤ”のステッカーをぜひパソコンに貼ってみてください。そうするとあなたに宇宙からのメッセージが届き始めます。信じるか信じないかはあなた次第です!

『Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ 』

著者:Mr.都市伝説 関暁夫
定価:本体1,600円+税
ISBNコード:9784801917002

ご購入はコチラ

YouTube公式チャンネル

Mr.都市伝説 関暁夫の情熱が止まらない

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCo7QD2F0sVgkHSDV1TfAV7A

【関連記事】