KEN TAKANOが、世界最大のEDMレーベル“Spinnin’ Records”が昨年末に設立した新レーベル“Spinnin’ Records Asia”の日本人アーティスト第一号に抜擢され、1月17日シングル曲「Antidote (Feat. Nico M)」で世界デビューを果たしたというニュースが飛び込んできました!

Spinnin’ Recordsとは

“Spinnin’ Records” は、YouTubeサブスクライバー数2640万人を誇るダンスミュージックレーベルで、マーティン・ギャリックスやオリヴァー・ヘルデンスなど数多くのトップDJを輩出してきました。
近年の「アジア進出ムーブメント」にともない、ワーナーミュージックと新しいアジアの才能を発掘するべく、新レーベルを設立。膨大なデモ選考を経て、KEN TAKANOの曲を見出したのが今回の流れ。
Spinnin’ Recordsからリリースした日本人は過去に、レアンドロ・ダ・シルバとのコラボをリリースしたJAG、新人開発レーベル “Spinnin’ Next”からリリースしたPharienらがいますが、設立されたばかりの「Asia」の冠をつけた新レーベル“Spinnin’ Records Asia”からの日本人リリースは初となり、アジア代表アーティストの日本人トップバッターに選ばれたということになるのだとか!

ヒットメーカーKEN TAKANO

1998年から高野健一やpal@pop(パル・アット・ポップ)名義で活動し、2007年「さくら」のヒットで『日本有線大賞・有線音楽優秀賞』を受賞したほか、数多くの楽曲をオリコン・チャートにランクインさせてきたKEN TAKANO。
2012年よりダンスミュージックに本格的に取り組み、世界を目指し始め、それが今回の大抜擢につながった。

「Antidote」のミュージック・ビデオでは、「本能寺の変」で YouTube6300万再生を記録した大人気ダンス・ユニット “エグスプロージョン”がコラボ出演。東京の街や寺社を背景に繰り広げられるユニークなダンスも必見です!
2020年代、アジアのダンスミュージック・シーンは世界的に注目を集め、真にグローバルなステージへと成長していきますが、その中心的役割を担うであろうKEN TAKANOの活動から目が離せません。

KEN TAKANOから皆さんへ

ダンスミュージックが大好きで、世界で一番のSpinnin’ Recodsからリリースすることは大きな目標でした。今回のリリースがゴールではなくスタートなのだと心に強く受け止め、アジアを代表するアーティストになれるよう頑張りたいと思います。サポートしてくれた家族やSpinnin’ Recodsのスタッフ、よしもとのスタッフ、関わってくださった全ての皆さんに感謝します。

ミュージックビデオに出演したエグスプロージョンからもコメントが届いています!

まちゃあきから皆さんへ

日本らしさを出していけばKEN TAKANOというアーティストがスピニングレコードとゆう大きなレーベルの中でもビジュアルとともに印象付くと思い、解毒剤というタイトルから陰陽師の除霊的なイメージに着地し広がっていったアイデアでした。
なんかわからないけど見てしまう、そんなMVになると思います。

おばらよしおから皆さんへ

「EDMという世界的な音楽ジャンルの中で、「日本」における現代のPOPさ、古来からの厳かさを併せて、様々な角度から描いた作品となっていると思います。きっと海外の皆さんが日本を、そしてKEN TAKANOをハッキリと記憶してくださる作品です。」

作品情報

アーティスト:Ken Takano & Patrick Moreno
タイトル:Antidote (Feat. Nico M)
レーベル:Spinnin’ Records Asia
フォーマット:デジタル配信
発売日:2020年1月17日
販売サイト
ミュージックビデオはこちらから
Official HP

Official SNS
facebook
YouTube
Twitter
Instagram

【KEN TAKANO プロフィール】
東京都出身のダンスミュージック・プロデューサー。
Spotifyで100万再生を記録した「Departure」によって
Don Diabloに見い出され、YouTubeサブスクライバー数で
はフューチャーハウス系世界最大レーベルの“Future House Music”と2017年リリース契約、DJセットリスト・データ集計サイト“1001tracklists”のニューカマーチャートで第1位を獲得するなど、日本人初となる偉業を次々と達成。その後Found Frequencies、2Dutchなどヨーロッパの名門レーベルからコンスタントにリリースを重ね、ハードウェル、ティエスト、オリヴァー・ヘルデンス、サム・フェルト、ロスト・フリクエンシーズ、ニッキー・ロメロ、マイク・ウィリアムズ、ルーカス&スティーヴ、ブルックスなどのトップDJ達からも続々とサポートされる。
2020年にはEDM世界最大レーベルである“Spinnin’ Records”とリリース契約を結び、同レーベルが新しく発足させた“Spinnin’ Records Asia”初の日本人アーティストに抜擢される。

今、世界が最も注目する日本人ダンスミュージック・アーティストの一人。高野健一名義ではJ-POPの制作も手がけ、2007年には同名義での「さくら」が50万ダウンロードを記録、有線音楽優秀賞を受賞している。

【関連記事】