1月17日(金)、NSC東京校にて、ミルクボーイ(内海、駒場)が特別授業を行ないました。

『M-1グランプリ2019』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)にて優勝し、第15代王者となったミルクボーイ。そんな2人が、ダウンタウン、ナインティナインなど、数々のスターを育てた吉本興業の養成所・NSC(吉本総合芸能学院)にて、大会優勝後の変化やネタ作りについて語りました。

関連記事:ミルクボーイ「あの時が一番ドン底だった」海原やすよともこからは厳しい言葉も

 

辛酸をなめた下積み時代

授業では、昨年、NSC東京校24期生出演の『NSC大ライブTOKYO 2019』で優勝した金魚番長(箕輪、古市)進行のもと、質問タイムが設けられます。ミルクボーイが「何でも聞いて!」と優しく声をかけると、受講生は様々な質問を彼らにぶつけていきました。

『M-1グランプリ2019』で優勝してからの変化について尋ねられると、今まで人気がなかったものの、劇場で漫才を披露する前に“ミルクボーイ”と名前が出るだけで歓声があがるため、「“何やねんコレ!”って言いながら出てます」と内海。駒場も「タクシーに乗っても、70歳くらいの運転手のおっちゃんが“ファンです”って言うてくれて……おっちゃんにその感覚あるんや!」と言い、生徒たちを笑わせました。

「これまで落ち込んだことはありましたか?」という問いには、昨年11月までなんばグランド花月の前説を担当していたと回顧。女性アイドルのようなスカートを履いて長縄跳びをする“花月爆笑族”として活動する中、トップ出番の後輩芸人とすれ違うこともあったそう。内海は当時を振り返りつつ、スタッフから「辞めてもいい」と言われたものの「みじめやったけど、辞めなかった」と話します。

その理由として、以前は“花月爆笑族”を共に担当していたものの、『キングオブコント』で活躍し、忙しくなったことで卒業したアキナ(山名、秋山)の存在を挙げました。彼らにならい「嫌で辞めるんじゃなくて、売れて辞めたいって思っていたのよ。自分がアカンから恥をかいているだけだったのに」と話しました。

コーンフレークをテーマにした理由とは?

「『M-1』のネタはどれくらい改良を重ねたのか?」という質問を投げかけられた際には、常に漫才のことを考えていたため、最初とはまったく違うネタになったと告白。“コーンフレーク”ネタは2019年5月に完成したと言い、そのテーマにたどり着いたきっかけは、ある後輩の一言だったと言います。

後輩との雑談中、「コーンフレークダイエットをしている」と明かされたそうで、内海は「“なんやねんそれ”って言いながらも無視した」と言い、駒場も「(コーンフレークダイエットが)いつ流行ってん?」と違和感を持ったと話します。その場では何も起こらなかったものの、後に行なわれたネタ合わせ中にそのフレーズがひっかかり、テーマになったことを明かしました。

そんな彼らの漫才は、“毒がない笑い”とネットで話題に。生徒から「人を傷つけない笑いを意識したのか?」と問われるも、2人は「めちゃめちゃ毒あると思うけどねぇ」と首をかしげます。内海は「(コーンフレークが)朝寝ぼけてるから食べられるって……猛毒よ!?」とツッコミ。駒場も「(内海の)この角刈りでオブラートに包まれているだけ」と否定しました。

また、漫才を作るうえで「最近は特定の人を傷つけないようにしています」とコメント。駒場が「傷つけてることをバレないように傷つけるというか……だから僕らはめちゃくちゃイヤらしい」と言うと、内海も、漫才に笑いがなければ怒られていたと述べました。

こうして1時間の講義はあっという間に終了。ミルクボーイの真摯な態度に受講生も感動していたようでした。

夢は長渕剛とトレーニング!?

イベント終了後の囲み取材では、『M-1グランプリ2019』優勝後の生活に変化があり、刺激的な毎日を送っていると話します。休みなく東京や大阪を往復する毎日で、内海は「KAT-TUNさんとロケしたり、昨日は、朝に関根(勤)さんに会って、夜に小堺(一機)さんと会いましたから。そんなことなかった」と感慨深げ。

会いたい芸能人について尋ねられると、内海は「橋本環奈さんに会ってみたいです……会ったとしても、角刈りのおっさんがデレデレするだけですけど」とコメント。一方、駒場は「長渕剛さんに会いたいです」と胸中を吐露します。長渕の髪型をマネするほど崇拝していると言い「一緒にトレーニングをさせてもらえたら……」と夢を語っていました。

一昨年王者のとろサーモン、昨年王者の霜降り明星なども開講した特別授業。『M-1グランプリ』チャンピオンの生の声が聞けるのはNSCだけ。同校は様々なカリキュラムのもと、生徒を募集中です。エンターテインメントに興味があるなら、NSCの門を叩いてみてはいかがでしょうか。

関連記事:霜降り明星、NSC東京24期生へコンビとしての在り方について熱く語る!

 

NSC

【受付期間】
第2次募集締切:2019年12月末日必着
第3次募集締切:2020年 2月末日必着
第4次募集締切:2020年 3月末日必着

公式サイト:https://www.yoshimoto.co.jp/nsc/
【関連記事】