1月10日(金)、吉本興業本社にて『関西演劇祭 presents コケコッコー「ほなさいなら」×オパンポン創造社「最後の晩餐」公演~東京で芝居たろか!~』開催発表記者会見が開催され、関西演劇祭実行委員長のキムラ緑子、関西演劇祭フェスティバル・ディレクターの板尾創路、関西演劇祭SPサポーターの西田シャトナー、行定勲、劇団コケコッコー主宰の令和喜多みな実・野村尚平、オパンポン創造社主宰の野村有志が登壇しました。

関西演劇界の活性化を図るべく創設された『関西演劇祭』は、演劇に携わる“才能”を発見し、クリエイター、劇団、観客の出会いの場を提供する祭典のこと。昨年9月に開催された同祭で賞を総なめにした劇団コケコッコーとオパンポン創造社は、3月に東京公演を予定しています。

関連記事:令和喜多みな実・野村、脚本家として賞を総舐め!「関西演劇祭」が大盛況のうちに閉幕

 

公演後にティーチインに参加できる斬新さ!

昨年、大阪で開催された『関西演劇祭』。同祭の特徴は、45分の作品を上演後に、演者、審査員、観客と共にティーチイン(討論会)が行なわれた点です。東京公演でも、同じ形態で実施される予定となっています。

板尾は実際に参加したティーチインを振り返り「普通のお芝居を観に行く感覚ではなくて、贅沢やし、楽しいし、不思議で体感したことのない空間でした」と回顧。

また、西田が「運営も含めて、街に劇団を広めていきたいっていう熱風を感じました」と語った際には、行定が「本腰入れてたのはシャトナーさん」と笑わせます。続けて「映画のティーチインはあるけど、舞台はなかなかない。すごく新しいし、(観客)理解を深めることになる」と絶賛しました。

実際に観客や審査員の反応を聞いた野村有志は「(観客の中には)普段接しない方々もいるだけに、観ている角度が違うので、ティーチインをしながらも発見がありました」とコメント。

一方、稽古中に演出をつけるものの、実際に舞台の幕が開けるまで、客に伝わるかどうかを演者に理解してもらえないこともあったと語った野村尚平。しかし、ティーチインを通して、審査員が彼の演出を言語化することで「僕が感覚的にやっていた演出に“名前がついていたんだ”と。そこから演出に説得力が増しました。すごくいい機会でした」と振り返りました。

東京公演が決定した2作品の魅力とは?

今回、オパンポン創造社が公演する『最後の晩餐』は、同祭で脚本賞、演出賞などを受賞。実際に劇場で作品を観た板尾は、本作について「深いテーマがあって、小説、アニメ、映画でもどんな作品にもなりうるようなテーマ性」と語ります。主人公が全裸で出演することから下品に思われがちとしながらも「最後は切なくなるいいお話。ついつい、いっぱい賞をあげてしまった」と笑わせつつ、構成力や演者の演技力を称賛しました。

野村有志は「地下で日の目を見ていなかった中で、こういう場所に来られたのは大きい」と胸をなでおろします。東京公演については、無名でハードルの低さが利点だとし「できるだけ高く飛べるように準備していきたいと思います」と決意を語りました。

一方、劇団コケコッコーの作品『ほなさいなら』は、ベスト脚本賞、ベスト演出賞などを受賞。キムラは「感動しました。どんどん謎が解けていく感じにスリルがありましたし、細かい演出もカッコいい。劇団力を感じました」と感想を述べます。

野村尚平は「ありがたい賞をいただきました」と振り返りつつ、東京公演では「大阪にも、面白い劇団、吉本の面白い劇場がたくさんありますので、今回をきっかけに、足を運ぶ機会が増えればいいなと思います」と話しました。

チケットは1月11日(土)より発売予定。関西出身の劇団のパワーを、ぜひ体感してみてください!

『関西演劇祭 presents コケコッコー「ほなさいなら」×オパンポン創造社「最後の晩餐」公演~東京で芝居たろか!~』

【開催日】
3月13日(金)19:00~
3月14日(土)13:00~/17:00~
3月15日(日)13:00~/17:00~
【料金】
前売り4,000円、当日4,500円
【会場】
新宿シアターモリエール

一般発売:1/11(土)10:00~

チケットはコチラ
【関連記事】