1月7日(火)、「TVアニメ『まえせつ!』新春作品発表会!」が行なわれ、キャスト、スタッフ陣が勢ぞろいしました。

TVアニメ『まえせつ!』はお笑い芸人を目指す4人の若き乙女たちが、“お笑い界の武道館”なんばグランド花月の舞台に立つことを最終目標に、日夜バイトに明け暮れながらも一生懸命ネタの練習に励んでいくというストーリー。まずは無限大ホールのファームクラスの舞台に立つことを目指して、お互い切磋琢磨し芸を磨いていく様が描かれています。

関連記事:空気階段・鈴木もぐらは「よしもとでいちばん汚い」!? 渋谷∞ホール新ライブが開幕

 

この日は信田ユウ監督をはじめ、シリーズ構成・待田堂子、脚本・梧桐翔大、企画プロデューサー・伊藤敦と、とこなつ・北風ふぶき役の大西亜玖璃、凩まふゆ役の大空直美、R凸・新谷りん役の五十嵐裕美、朝生祇なゆた役の中村桜、つんどら・凩まなつ役の高田憂希、金成かなえ役の古木のぞみ、JKクール・草葉える役の相田あすか、藁猪野あらし役の清水彩香が登壇。さらに本人として出演する吉本興業所属の“アニオタコンビ”であるふりいくっ!(富田純基、うぶのハツナ)、そして島田パークレーンが登場しました。

信田監督「頑張っている姿を見てほしい」

3部構成で行なわれたこの日のイベントで、まずは“まえせつ”として島田、ふりいくっ!がネタを披露。島田はボウリングをテーマにしたコントを、ふりいくっ!はアニオタなら誰もが共感してしまうような漫才で場をあたためます。

続いて、キャストとスタッフによる作品紹介が行なわれ、本作のPVが初お披露目されました。

本作は漫画『らき☆すた』などで知られる漫画家・美水かがみがキャラクター原案を務めたとのことで、信田監督は「キャラクターが可愛い。『らき☆すた』っぽさがあるので少し頭身を上げてもらった」とこだわりを披露。

続いて「ぶっちゃけ話すとこの子たち(登場人物)は面白くないんですよ! 若手芸人ってものすごく玉石混交(ぎょくせきこんこう)なんです。面白い人もいれば、素人ばりな人もいる。キャラクターたちもお笑い芸人を目指しているというところからスタートなのでやるネタが決して面白いわけではない。この子たちの一番いいところは頑張っている姿。やっていることに対してひたむきに頑張る姿はすごく心を打つので、そういう風な視点で彼女たちを見ていってもらえたら」とコメント。

また、「面白いパートはネタパートではなく日常パート。ネタパートはスベらせているので(笑)。でもネタパートが面白かったらもうプロになっちゃっているじゃんとなる。プロになれない子たちがなんとか頑張ってお客さんを笑わせようとしている姿を応援してもらいたいな」と胸中を明かしました。

さらにシリーズ構成を担当した待田は「キャスト陣は芸人じゃないので試行錯誤しながらやっている。深夜アニメで疲れて帰って来た方が8人のキャラクターが頑張っている姿を見て、自分たちも頑張ろうと思ってくれるのが一番。そこを中心に見てほしい」と見どころを語ります。

天然型のコンビという“とこなつ”でツッコミ担当の凩まふゆ役を演じた大空は「イノシシみたいな子で思い立ったらまっすぐに向かっていくけど、失敗したらヘコんでしまう。私の気持ちと一緒に動いていると感じる。私の分身みたいな子だと思っています」と分析。

それを受けて信田監督は「思いつくことはできるけどそれを具現化するのに勢いがないとできない。弱点は、マイナスの印象のものがあったらそこにハマりこんでしまうこと。それが(相方である)ふぶきとのやりとりでちょっとずつ引き上がっていくのが本編で見られるのではないかなと思う」とのこと。

さらに大空は「アフレコが始まる前にミーティングをした。そこで監督から“大空さんはこういうタイプでしょ?”と言われたので、すごく当たる占い師から言われているみたいな感覚になりました」と裏話も明かします。

そしてこの作品の主人公となる“とこなつ”のボケ担当・北風ふぶきを演じた大西は「ふぶきちゃんはすごく自分に近いなと思うことがたくさんある。いっぱい考えるけど間違ったことをしちゃう……天然なので……。悩んだりもするけど、舞台に出たときに物怖じしない。ふぶきちゃんだからこそやりやすいなと思うことがたくさんあります。私もいつも舞台袖では“ガクブル”しているけど、舞台では堂々とすることを意識しているので、そういうところは似ているなと思う」と手応えを感じている様子。

信田監督は「礼儀正しくてクソ真面目。まふゆのブレーキ役であったりとか、感情の整理をしてあげる役回りがすごく大きい。舞台に出たときの引っ込み思案な部分があったりすると、まふゆをうまくコントロールできなかったりするので、逆に自分が弾けてあげなきゃとかそういう部分ですごく気遣いができる子。大西さんは現場でもそういう部分を感じるので、すごく本人っぽい」と評していました。

キャスト陣が大喜利&モノボケに挑戦!

第3幕ではお笑い芸人らしく(?)大喜利と物ボケに挑んだキャスト陣。実はオーディションでも大喜利とモノボケが審査項目にあったとのことですが、この日は観客の前ということもあってか不安げな表情を浮かべます。

ところがいざ大喜利が始まると次から次へと手があがり、勢いを感じる一幕も。

“こんな〇〇は嫌だ”というお題で古木は、大空と一緒にタクシーをテーマにしたネタを披露。タクシーの中で歌い始めた古木に大空がラップで合いの手を入れ、「めっちゃ乗ってくる」とオチをつけて、笑いをかっさらいます。即興とは思えない息のあった2人のコンビネーションに、会場は大盛り上がり!

あまりの出来栄えに富田が「打ち合わせしてましたよね?」と思わずツッコミを入れると、五十嵐が「さっき楽屋でめっちゃやってました」と暴露していました。

続くモノボケでも、お面や被り物などを使った体を張ったネタに果敢に挑んでいくキャスト陣。時折アニメネタなども挟み、『まえせつ!』のキャスト陣ならではの笑いで観客を楽しませました。

最後のあいさつでは、中村が「キービジュアルがバンドのイラストということで、我々がどんなことをやるのかオンエアをお楽しみに」と呼びかけ、古木は「ここが笑いどころだなと思ったらソッコー笑っていただければ」とコメント。

相田は「私は一番のペーペーなので、お笑い担当の古木さんを見習って頑張りたいと思います」と意気込みを語り、清水は「たくさんの人が携わって現在制作中です。これからも応援よろしくお願いします!」と挨拶し、会場をあとにしました。

青春真っ盛りの女の子たちの、お笑い芸人を目指して奮闘する姿が見どころのTVアニメ『まえせつ!』。公式Twitterではオンエア日などの情報を発信していくとのことなので、ぜひお見逃しなく!

TVアニメ『まえせつ!』

2020年放送開始予定

公式Youtubeチャンネル『「まえせつ!」ちゃんねる』はコチラ

公式サイト:https://maesetsu.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/maesetsu_anime

【関連記事】