2019年12月29日(日)、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)が神奈川・パシフィコ横浜にて、単独ライブ『EXITを見たい全ての人よ。見てクレーン射撃 君のハートを打ち抜きマチュピチュ空中都市LIVE~令和最初のションテンいとあがりけり!共に時代を変えるなりよFes.今年もせんきゅす 来年もよろたのForever in パシフィコ横浜~』を開催。約5,000人の観客を動員しました。

関連記事:【続報】EXIT 12/29パシフィコ単独ライブ”パシヨコ”公演のチケット情報公開! チャラ男からの愛はデカかった

 

大ブレイク中のEXIT、圧巻のド派手演出で会場を沸かす

2017年12月の結成後、翌年11月にはルミネtheよしもとで“吉本芸人史上最速”となる単独ライブを開催するなど、様々な快挙を成し遂げてきたEXIT。2019年は初の全国ツアーも完走し、ますます注目を集めています。

今回行なわれた単独ライブでは、前座としてDJ KOOが登場し、ハイテンションな音楽にEXITの決め台詞である「ポンポーン」や「イグジー!」などをサンプリングして会場をあたためます。

熱気が高まる中流れるオープニングムービーでは兼近が観客を煽り、会場には「イグジー!」の大声援が轟きます。そして満を持して、ステージ下からポップアップでEXITが登場するも、なぜか仁王立ちでその場から動かない2人……「実はこれ、マイケル・ジャクソンがステージ登場から1分39秒間もの間、完全静止してオーディエンスを熱狂させた伝説シーンへのチャレンジとのこと」。ファンの助けもあって見事に記録達成をし、まずはハイテンションなオリジナル曲のスペシャルメドレーで盛り上げていきます。

続いて1本目の漫才では、冒頭の挨拶で兼近が「本当にありがとうございます!」とファンへの感謝を述べると、なんと銀テープが発射! まさかの展開にりんたろー。がすかさず「これ最後に出るやつだろ!」とツッコみ、笑いをかっさらう場面もありました。

出典: Shingo Tamai

今回は漫才やコントなど様々なジャンルのネタを披露。衣装替え中も着替えの生配信やデート風の動画を流すなど、様々な手法でファンを楽しませていきます。

兼近がワイヤーでステージ上から登場したり、ボケに合わせて炎が噴射するなどお笑い芸人とは思えないド派手な演出もあり、終始会場からは歓声と笑いが響き続け、大盛り上がりを見せていました。

3時のヒロイン、きつねら豪華ゲストも登場

出典: Shingo Tamai

最後のコント『ヒーローショー』では『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』で3代目女王に輝いた3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)、『キングオブコント2018』を制したハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)や、きつね(大津広次、淡路幸誠)、YouTuberのフワちゃん、電氣ブラン(MCヴァニ、たいへーboy)など超豪華サプライズゲストが登場。戦隊ヒーローに扮したEXIT、きつね、フワちゃんが観客の協力を仰ぎつつ、敵役である電氣ブランを倒すストーリーで魅了しました。

そしてきつねと共にヒャダインプロデュースの『L.O.K.F』を大熱唱。パリピ感全開の盛り上げソングに会場のボルテージは最高潮!

最後の挨拶では興奮冷めやらぬ様子の兼近が「楽しかった! 次は浮くやつでこっち(観客)側にいきたい。10,000人キャパならできると思うので、よろたのでーす!」と明るく次回開催への目標を口にします。りんたろー。は「たくさんの人の協力があってすごく難しかったんですけど、今回実現できた。いろんなことがあったんですが、みなさんがこうして集まってくれて本当に感謝しています」としみじみ語り、「これからも頑張るのでぜひ来てください!」と力強く宣言していました。

また終演後、クリスマスに発売し、タワーレコード全店総合DVDランキング第1位を獲得したライブツアーDVD購入者とのハイタッチ会も行なったEXIT。直接ファンと触れ合い、交流も楽しみました。

前代未聞の単独ライブを見事成功に収めたEXIT。2020年も様々なを試みで楽しませてくれることに期待したいですね!

【この記事の画像一覧】

【芸人記事まとめ】

【関連記事】